妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

ん?お腹が痛い!アルバイトの仕事納めで頑張りすぎた結果

   

ん?お腹が痛い!アルバイトの仕事納めで頑張りすぎた結果


33歳/専業主婦です。

あれは、一人目の子供を妊娠中で、暑い夏の夜でした。7か月の妊婦だった私は、まだアルバイトをしていて、あと1回の出勤で仕事納めというところでした。

妊婦ということであまり長時間は働けなかったので、ほんの4時間ほどでしたが、その日は忙しかった・・・。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


アルバイトの仕事納めでストレスが溜まる

立ち仕事で接客業。しかも、前の時間から引き継がれたことが多すぎる!おいおい・・・この作業、5分で終わるんだから、引き継がないでやっておけよ・・・。

そのとき私はアルバイトリーダーとして、みんなをまとめる立場だったので、指導しましたとも・・・。それでストレス+1。

そして、その日はめっちゃ忙しかった!電話は多いし、お客様からのご質問やら何やらの対応は多いし!またまたストレス+1。

長時間働けない+シフトインあまりしてない状態だったので、お店の状況やらなんやらは、正直引き継ぎ頼みでしたので、引き継ぎ帳はがっつり読み込んでいましたが、引き継ぎ漏れアリ・・・。

忘れた方は「あ〜ゴメンナサイ〜」で済むけど、対応した方は確認確認確認に次ぐ確認で、何倍も疲れんだよ!ストレス+3。

そんなこんなで業務も終わらず、若干のサービス残業をこなし、退勤の時間になりましたが・・・。ん?なんかお腹が痛い・・・?

きりきりと下腹部が痛むではありませんか。ずーっと痛いのではなく、少し痛くなったら収まって、また痛くなっての繰り返し。

痛みに耐えながら車まで歩き、自宅に戻りましたが、駐車場から動けず・・・。夫に電話して車まで迎えに来てもらいました。

その後、家でずっと寝ていたのですが、痛みは治まらない。というか、ひどくなってきている。たまらず夫が産院に電話してくれました。

急いで産院に向かい診断してもらったら

「すぐに来て下さい」そう言われ、急いで産院に向かいますと、入り口で看護師さん(助産師さん?)が車いすで待機してくださっておりました!

その時の私はなぜか号泣。未だになぜ号泣していたのかわかりません(笑)

分娩室に通され、点滴を打たれ、もろもろの機材を付けられ、出た診断は「切迫早産」。つまり、動きすぎて赤ちゃんが子宮口付近まで下がってきちゃって、産まれそうになってた!

その時の赤ちゃんはまだ700グラムくらい!ダメダメ!まだ産まれちゃダメーーー!!と、かなり焦りました。お腹が痛むのは、陣痛だったようです!

これが陣痛か・・・と、本番の陣痛前に恐怖を覚えました(笑)本番はあれより痛いのか〜とおぼろげに考えていた記憶があります(笑)

点滴でお腹の張り止めの薬を入れ、ようやく落ち着いてきたころに、母親がバタバタとやってきました。

そのころには涙も止まっており、夕飯を食べ損ねていたことを思い出したので、母親に唐揚げ弁当を買ってきてくれるように頼みました(笑)好きなんです・・・。唐揚げ・・・。妊娠してたから我慢しちゃってたけど・・・。

その後は病室に通され、絶対安静を言い渡されたので、これ幸いとだらけさせていただきました(笑)ジョ○ョ読んだり。

トラウマで必要以上に動けなくなった

お腹の張り止めの薬の副作用が出て、手や足が震えたり、顔がむくんで痛くなったりと様々な障害はあったものの、入院は10日間という最短の期間ですみましたが、退院後はトラウマで必要以上に動けなくなってしまったりと、いろいろ大変でした・・・。

妊娠をきっかけにお仕事を辞めるという方も多いと思いますが、無理はしない!お腹が張ったら、どんなに忙しくてもいったん休む!

無茶をしてしまったその後で泣くのは、貴方でもなく、旦那さんでもなく、ご両親でもなく、お腹の赤ちゃんですからね。

仕事は大事ですが、身体はもっと大事にしましょうね!

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ