妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

発熱で子供が震える!緊急性を見極めるチェック&家で出来る対処

      2017/09/07

発熱で子供が震える!緊急性を見極めるチェック&家で出来る対処

子供の発熱。「良くあること」とは言われますが、高〜い体温の表示された体温計を見るととっても心配になりますよね。

本人は元気な感じだったり、ちょくちょくあることだし・・とはいえ、やはり『危険なライン』は知っておくべきです。何℃からが注意すべきかに加え、子供の様子もよく観察しなければなりませんね。

発熱のせいで子供の様子がおかしいなと感じる初めの仕草は、まず『震える』こと。子供の震えや痙攣を目にした事のある方は結構いるのではないでしょうか。初めてなら、この様子に冷静ではいられなくなるかも・・。

慌てて適切な対処が出来なくなるなんてことを防ぐため、是非チェックして欲しい点についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



子供が熱のせいで震えるとき、わかりやすい『危険ライン』は?

熱による「震え」は、意識のハッキリした状態でブルッときている〈悪寒〉と、寝ていたり意識が朦朧とした状態で起こる、ブルブルとした震えなど、種類があります。

悪寒であれば、単純に体温が高く寒気がするということなので、大きく心配するほどの事はなく、寒くないように対策してあげることで対応できます。

危険視したいのは、意識が無い(急に意識がなくなった、寝ているとき、または朦朧としている)状態で「痙攣(けいれん)」と思われる震えがあったときです。ガクガク、プルプル、ガクンガクン、のような、明らかに異常な体の動きが見られます。

これが、比較的すぐに収まって、様子を見る限りもう起こらなかったり、2、3回はあったが数分で収まったというときは、救急に直行とまではいかないでしょう(あくまで目安です)。

なかなか震えが止まらなかったり、嘔吐しだした場合にはすぐに救急搬送します。救急車を呼んでも構いません。

子供の熱が高く、震えがあっても、緊急を要さない場合とは

基本的に子供の「熱がある」という状態は、体温37.5℃以上になったときです。それ以外にどんな症状があるか親が観察して、かかりつけ医に見てもらうか、救急が必要か判断します。

しかし、まだ子供が小さかったり、1人目で初めての経験であったりするなら、どこからが心配な状態なのか判断が付きにくいものですよね。〈これが出来ていればまずは大丈夫〉という項目を覚えておくと良いでしょう。

まず、食事や水分が取れているのであれば一安心です。 また、心配な「震え」がある場合でも、意識がしっかりしているのであればまず大丈夫。悪寒や寒気の一種です。

それから、熱があっても元気で遊びたがったり、赤ちゃんでもあやせば笑顔が見られたり反応があれば心配ないでしょう。睡眠は取れているでしょうか。いつものお昼寝の時間でなくてもウトウトしたり、ぐっすり眠れているなら、病原体を退治するため体がうまく機能している証拠です。

ただ、夜中など熱があがりやすい時間帯があります。それでうなされて何度も起きる事もありますが、だからといって慌てる必要はありません。昼間に処方された、高熱時に使う解熱剤などがあるときは利用し、それで落ち着くようなら寝かせてあげましょう。

子供が一番落ち着いて眠りに付ける体制に整えて寝かしつけてあげましょう。例えばもし鼻づまりがあったら、座った状態にし、向かい合った状態で抱いてあげると安心するかもしれませんね。

子供の危険な発熱 ―「震え」がなくても専門家に相談したほうが良い場合

診療時間であれば是非受診したほうが良い状態、また夜間や診療時間外であれば電話相談をしたほうが良い場合についてご紹介します。

発熱のせいで食欲が無いのは仕方がありませんが、水分が取れないのは注意が必要です。既に危険な状態のために飲み込むことさえままならないのかもしれませんし、このあと脱水が起きると危険だからです。この場合は点滴などで補給しなければなりません。おしっこが出ないときも、既に脱水に陥っているかもしれないので注意してみてあげてください。

もし子供が3か月未満の赤ちゃんであれば、38℃以上の熱は危ないかもしれません。月齢がそれ以上のときは、41℃に達する場合には受診してください。肺炎を起こしている恐れがあります。

また、熱が急に上がったり、「けいれん」と思われる震えがあったと疑われたときは相談すべきでしょう。

高熱のせいで、おかしな発言、行動、幻覚がある子もいます。かかりつけの医師に診てもらったのに熱が一向に下がらないときも、再度受診したほうが良いでしょう。

遊ぶ元気が全く無い状態、ぐったりした感じが続いているときも同様です。

119番する前に、今の症状が緊急を要するのかどうかが相談できる、日中・夜間の電話相談窓口があります。地域によって番号が違いますので、事前に調べて登録しておくと良いでしょう。

危険!!救急外来に行かなければならない震え、『熱性けいれん』はどんなもの?

緊急に診察を受けなければならない状態は、〈意識が無い〉〈熱性けいれんの恐れがある〉場合です。

この危険な震え、『熱性けいれん』とはどんな症状なのでしょうか。

まず、熱は38℃以上ある上で、以下の症状があれば疑ってください。意識がなく、名前を呼んでも反応がないこと。唇が紫になることもあります。

目は上の方を向いてしまったり、両手・両足を突っ張ったまま2〜3分がくがく震わせる状態です。これらの事が1つでも当てはまったら、速やかに対応しましょう。

これらの反応はすぐに収まり、長く続くことは稀です。しかしこの状態が見られたら、すぐに診察を受けるか、相談窓口に電話しましょう。

自分で出来る処置としては、まず衣服をゆるめて、顔を横向きにしてください。けいれんのせいで怪我をするといけないので、周囲の物をどけてぶつからないようにしましょう。そして反応が無いからといって揺さぶったり頬を叩くなどせず、静かに寝かせ、刺激はしないでください。

また、口の中には何も入っていない事を確認しましょう。けいれんしている時間と様子を良く見ておくことは、後で医師に正確に症状を伝えるうえで重要です。

最後に― 家で対処できる発熱への対応

緊急性が無いようだとわかっても、目の前で苦しそうにしているわが子を見れば何かしてあげたくなるものです。ここからは、「おうちで様子を見てください」といわれた場合の、家での対応についてご紹介します。

高熱で体温があがり、緊急性が無くても悪寒でブルブルと震えているようなときは、布団をかけるなど暖めてあげましょう。熱が上がり続けているとき・更に上がるときは、このように寒さを感じます。熱がある程度上がりきってしまうと今度は暑さを感じるようになります。こうなったら薄手のタオルケットなどに変更し、熱が体にこもらないようにします。

昔は、布団をたくさんかけて汗を一杯出したほうが良いと言われていました。しかし今は、熱がある時は布団は適度に調整するくらいのほうが、体に無理がかからないので良いとされています。空調にも気を使いましょう。寒かろうと思って暖房を入れっぱなしにして、脱水や意識混濁などの二次被害が出ては大変です。

またこの時あまりにも熱が高くて辛いようなら、体を冷やしてあげると気持ちが落ち着くかもしれません。太い血管が皮膚の表面に近いところにある個所を冷やします。わきの下や首周り、足の付け根などに、タオルで包んだ保冷剤などを当ててあげましょう。

この先、このようなことが何回あるかわかりませんので、しっかり対策を頭に入れておきましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ