ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

専業主婦で子なし。旦那の収入のみで上手に貯金する方法を紹介

2017.10.1

専業主婦で子なし、旦那様の給料だけで暮らしている夫婦は少なくないですよね。
共働きと比べて収入は半減しますが、その代わりに自炊をしっかりできる時間があったり、節約によって貯金することは十分可能です。

なかなか将来に向けての貯金ができないという方へ。
外に働きに出るよりも、むしろ時間を有効活用し旦那様の給料だけで貯金できる節約術をまとめました。


専業主婦で子なし家庭の平均貯金額とは

旦那様の月収にもよりますが、専業主婦の方でも計画的に貯金ができている人は以外と多いようです。
例え月収が20万円でも、生活費をぐっと抑えれば月に5万円ほどの貯金ができるといった声もあります。

一般的な会社員男性の平均月収は20代〜30代だと約25万円ほどです。

この金額で夫婦二人で生活するとなれば、ある程度の節約は必ず必要になりますよね。

専業主婦で子なしの貯金額の平均は、50万円〜100万円といったところです。
平均額は年齢とともに上がっていき、30代〜40代の同じ条件の夫婦だと貯金額は250万円ほどが平均と言えます。

やはり節約をして毎月決まった額を貯金に回している夫婦が多いようです。

子なしで貯金ができなくては、将来が不安になりますよね。
どこに支出が集中しているのかを知るために、家計簿などは必須なのかもしれません。

専業主婦で子なし家庭だけど貯金が出来ない人は

そもそも貯金が出来ない人とは、収入と支出の関係がはっきりと把握できていないということになります。

収入と支出の割合を一ヶ月単位できっちり管理することが、貯金への第一歩と言えます。
毎月の固定支出と、その月ごとの特別支出を算出し、何にどのくらいお金を使っているかを必ず把握しましょう。

そして貯金が出来ている人の共通点は、ボーナスは貯金をしているという所です。
なにか特別な支出は普段の繰り越し分から算出し、ボーナスに一切頼らない生活をしている夫婦は、貯金上手と言えます。

反対になにかあるとボーナスでまかなおうという気持ちでいると、一向に貯金が出来ない傾向にあるのです。

専業主婦ならではの節約術を身につけて、贅沢しながら貯金が出来るようになりたいものです。
全く貯金が無い人は、まず家計簿をつけることから始めましょう。

専業主婦子なし家庭が貯金をするためには

まずは、貯金に回せるお金がどこから出せるかを計算し、考えてみましょう。
貯金をするために大切なことは、収入は変えられ無いのであれば支出を減らすしかないという単純なようで、大切な事実です。

子供ができればまた支出は増えていきます。
貯金を出来るとすれば、子なしの今しかないとは思いませんか。

基本的な無駄遣いを見直し、節約生活を始めましょう。

とは言っても、専業主婦で貯金をするのは、とても簡単なことではありません。
賃貸であったり、マイホームであったり状況は様々です。

駅の近くに暮らしていると駐車場代だけでもバカになりませんよね。

節約を出来るとすれば、削れるのはどこなのか。
貯金をするために必要なのは、夫婦の話し合いであり、貯金方法は家庭によってバラバラなのです。

チリも積もれば山となります。
小さなことからコツコツ始めてみるのが良いのかもしれません。

貯金なしの夫婦もたくさんいるけど…

地道にコツコツ貯めている人もいれば、その月暮らしの貯金なしの夫婦ももちろんたくさん居るようです。

老後のことを考えると、お互いの実家や持ち家があるのかないのかでも随分と変わってくるようです。
子なしの強みは、家があれば子供に残す必要がないので、売却などである程度まとまったお金が手に入ることになります。

今後子供を考えているのであれば、今すぐに貯金について考える必要がありますが、子供は望んでいないという場合。
夫婦だけならば退職金や家を売ったりと、お金の目処は立つのではないかと思います。

しかし突然の病気や入院など、いつどこで何が起こるかわかりません。

もしもの時のための貯金は、必ず後悔のないようにしておきましょう。
共済や積み立てなど、他で貯金に変わることをしておくのもオススメです。

いざとなった時に頼れるお金を必ず作っておきましょう。

楽しく貯金をしていくためのコツ

生活のどこに重きを置くのか。何を重視して生活をしていくのか。
これによってもどの程度の額を、貯金が出来るかできないのかが変わってきますよね。

お金を貯めたいのであれば、収入を増やすことが一番の方法です。
共働きで子なし夫婦の二人だけの生活ならば、平均でも年間200万円ほど貯金することが可能となるのです。

しかし子供を望んでいる場合。
共働きで仕事に没頭するのは将来的にはオススメできません。

妊活をするのであれば、せめてパートなど時間に余裕のある生活を心がけるべきなのです。

自分たち夫婦は何が一番大切で、どんな将来を夢見ているのか。
二人でまずは話し合いをし、節約を一緒にがんばって貯金をするのか、趣味を控えるのかをじっくり決めていきましょう。

楽しく、夫婦二人で一緒に将来に向けて貯金を始められたら良いですね。応援しています。

 - お金のお悩み