ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

早期妊娠検査薬で陰性でも注意が必要!陽性に変わる可能性

2016.8.24

早期妊娠検査薬は通常の妊娠検査薬よりも、早く検査が出来るのが特徴です。

まだ妊娠を考えていない人ならば、陰性の結果にほっとするでしょう。

しかし、正しい利用方法をしていない場合は、誤った結果になる事も。

陽性に変わる可能性についてご説明いたします。

妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の違い

妊娠検査薬というのは、尿中にあるあるホルモンの数値によって陽性、陰性を決めています。

そのホルモンというのは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」(hCG)です。このホルモンは受精卵が子宮に着床した時に分泌が活発になります。一般的に着床3日後ぐらいに25mIU/mL、着床5日後ぐらいは、50mIU/mL以上になります。

妊娠検査薬は尿中のhCG濃度が50mIU/mL以上になった時に、「陽性反応」を出すのが一般的です。

早期妊娠検査薬との違いはその判定基準値です。25mIU/mLで「陽性」と判断します。

正しい利用方法をすれば、妊娠検査薬は99%の確率で妊娠が判ると言われています。早期妊娠検査薬の場合は、どうしても判定基準値が低いため、少々確率が違います。

生理開始日の3日前に判定した場合は52%程度、生理開始日2日前に判定した場合は70%程度、生理1日前に判定した場合は85%程度の確率で妊娠の精度があるそうですが、これも個人差があり、また正しい利用方法取った結果が不明なため、参考程度の数字と考えてください。

早期妊娠検査薬が陰性でも…

判定結果が陰性でほっとした人もいれば、がっかりする人もいると思います。

一般的に妊娠検査薬の精度は99%と言われています。しかし、これも正しい利用方法が前提です。ましてそれよりも精度の落ちる早期妊娠検査薬の場合は結果が陰性でも、実際は陽性だったという可能性があるのです。

その原因の一番多いのは所謂「フライング検査」です。

前述したように、妊娠検査薬の判定基準値は尿中のhCG濃度です。しかし、これは受精卵が着床してから徐々に数値が上がっていきます。つまり、妊娠検査薬の使用可能日は生理予定日から1週間後、早期の場合は前述したように生理予定日から3日前と言われています。

しかし、妊娠検査薬の使用可能日も、メーカーによって相違があるので、使用可能日は必ず説明書を確認しましょう。

話しを戻しますが、仮に妊娠していてもつい早めに検査してしまえば、まだ尿中のhCG濃度が妊娠検査の判定基準値に達していなければ、「陰性」という結果がでることは十分にあるのです。

早期妊娠検査薬の正しい利用方法

まずはこの記事に何度も出てきた「生理開始予定日」についてご説明いたします。

人によって多少月経の周期は違うと思いますが、28日の場合が多いのではないでしょうか?生理初日を1日目とカウントします。そして、そこから28日周期の場合、28日目が生理開始予定日となります。

妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後なので、生理があった日から35日目から使用可能となります。早期妊娠検査薬は、生理開始予定日3日前からというので、25日目から使用可能となります。

しかし周期が違う場合は、自分の周期に合わせて計算をしてください。

次に利用方法についてご説明いたします。

尿を直接かける方法もありますが、紙コップなど利用するのがオススメ。紙コップに尿をとって、検査薬を開封して、スティックを紙コップに入れます。

判定に必要な時間が説明書に記載があると思いますので、その時間を守りましょう。メーカーによっては尿に着けておく時間の上限が決まっている場合もありますので、注意が必要です。

説明書に記載のある判定の時間を過ぎたらスティックの判定箇所を確認します。

他にもある!早期妊娠検査薬が陰性になる場合

水分を取り過ぎた場合も妊娠検査薬が陰性になる事があるのです。

驚かれるかもしれませんが、メカニズムを考えれば当然の結果なのです。妊娠検査薬の判定は尿中のhCG濃度ですが、水分が多ければ、濃度が変わってしまいます。つまり、検査をする前には水やアルコールなどを大量し摂取してはいけないのです。

今度は逆のケースで、双子や三つ子などを妊娠している場合も、陰性と結果がでる事があります。というのも、妊娠検査薬にもhCG濃度を測る限界があるのです。双子や三つ子の場合、尿中のhCG濃度が妊娠検査薬の限界を超えてしまって、測り切れないから「陰性」と出てしまうことがあります。

そして、妊娠検査薬の保存状態も大切です。

保存方法は、説明書に記載があるので、その通りに保管をしておきましょう。一般的には、湿度のない場所での保存が原則です。有効期限がありますので、有効期限の切れた場合は正しい判定を行えないことがあります。また当然ですが、使用直前に開封して、再利用は不可です。

妊娠検査薬だけで判断しない

妊娠検査薬は、仮に精度がどんなに高くても、最終的な妊娠の判断は医師によるものです。そのため、妊娠検査薬で陽性の反応がでたら必ず病院へ行きましょう。場合によっては、子宮外妊娠など異常な妊娠の場合も、妊娠検査薬はただ「陽性」としか判定しません。

また陰性の場合でも、数日後再度検査したら「陽性」に代わることもあります。そのため1度の検査で判断しないことをお勧めします。前述したように、早期であれ妊娠検査薬のメカニズムはとてもシンプルです。たまたま日付の計算を間違えただけでも「陰性」と出ることもあるのです。また、hCG濃度にも個人差があり、元々少ない人には反応しにくい事もあります。

他にも、不妊治療でhCG注射などしている人は、体内から注射の影響がなくなるまでは正しい結果を得ることが出来ません。

妊娠検査薬はあくまで簡易判断です。どんなに検査が陰性でも妊娠の兆候が見れれる場合は、リスクを冒す前に婦人科への受診をしましょう。

 - 妊活中のお役立ち情報