ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママ必見!生後10ヶ月の赤ちゃんの遊び場での遊ばせ方

2017.10.2

生後10ヶ月となると、離乳食が始まり体の動きも活発化になってくる頃ではないでしょうか。

今までは寝てることが多かった赤ちゃんも、ハイハイをしたりつかまり立ちをしたり、早いと歩く子もいます。

動きだけではなく、言葉も少しずつ話せるようになり、ママとかマンマとかの言葉を覚え始めるのもこの頃で、記憶力や脳の機能が発達してくるのもこの頃からです。

そんな時期だからこそ、遊び場や遊び方に困ってしまうママは少なくないでしょう。

そんなママへ赤ちゃんと楽しく遊べる遊び場と遊び方を教えます。

10ヶ月の赤ちゃんの家の中を遊び場にしてあげる

赤ちゃんが生後10ヶ月になったからと、突然行ったこともないような場所へ連れて行くのは、ママにとっても赤ちゃんにとっても大変なストレスとなる可能性があります。

ですから最初は、いつも過ごしている家の中を遊び場にしてみたらどうでしょうか。

家であれば、どこかに行くわけではないので準備もいらないですし、疲れたらすぐに休めますし、おむつ替えなどの心配もいりません。

ですから、ママも気を使う事もありませんから安心できます。

遊び場といっても、何か大掛かりな物を用意したり購入したりするのではないので安心してください。

体を動かすのが楽しくなってくる時期ですので、ママが四つん這いで馬になり赤ちゃんを背中に乗せて遊んであげたりするのもよいでしょう。

また、脳が発達したりする時期でもあるので、鏡を使って赤ちゃんが写し出されるのを楽しんだり、不要な紙などを破ってみたり、赤ちゃんの不思議やストレス解消もよいでしょう。

言葉を覚え始めるので、言葉遊びをしてみるのもよいでょう。

本なども今までとは違い仕掛け絵本などであれば、ママも赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

最初はお金をかけたり、出掛けたりするのではなく、いつも過ごしている家の中を遊び場としてみてください。

10ヶ月の赤ちゃんと出掛けるなら最初は近くの遊び場へ!

家の中での遊び場体験をしたら、外の遊び場へ出掛けてみたらどうでしょうか。

10ヶ月の赤ちゃんであれば、外に出掛けることで色んなものを吸収することができるでしょう。

最初は遠くへ逝くのではなく、家の近くの公園などでよいと思います。

天気の良い日にベビーカーを押して出掛けてみたらどうでしょう。

ベビーカーから降りなくてもよいですし、遊具は無理にしても砂場などでいつもとは違う事を体験させて、触れさせてあげたらよいと思います。

また、そこで赤ちゃんを通してお友達が出来るかもしれません。

お友達が出来ることで、赤ちゃんもあなたも今まで以上に楽しむことが出来る思います。

初めての外の遊び場で赤ちゃんが楽しそうにしていたのであれば、週に1回でも連れて行ってあげたらよいのではないでしょうか。

馴れてきたら回数を増やしたりすればよいので、あなたにも赤ちゃんにもストレスにならずにすむでしょう。

たまには、家の中だけでなく赤ちゃんと外の空気を吸って楽しむことが大切です。

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場は探すと色々ある!

10ヶ月になり、赤ちゃんを遊び場へ連れて行こうとしても、近くの公園ばかりで飽きてしまうなんてこともあるのでは。

公園だと天気の良い日はいいけど、天気の悪い日が続いてなかなか出掛けられないなんて事もあると思います。

そんなときのために、近くの公園だけでなく他の遊び場も探しておきましょう。

無料で遊べる遊び場として、デパートのフードコートにある遊びスペースがあります。

デパートであれば、おむつ替えスペースもあり食事もできますので、お友達を誘って行ってみてもよいでしょう。

他には児童館などもあります。

児童館であれば、絵本が置いてあったり、遊び道具もありますし、雨が降っても室内なので大丈夫です。

また、自治体が開催している赤ちゃん教室やリトミックダンス教室などもあると思いますので、インターネットや広報などで情報を集めておくとよいでしょう。

中には、保育園を解放したりする地域もありますので要チェックです。

今は無料で遊べる遊び場を紹介しましたが、少し離れているところ、お金がかかるところなども入れるともっと沢山あると思います。

最初は無料で遊べる遊び場で親子で楽しんでみたらよいでしょう。

家遊びもよいけれどやっぱり外の遊び場での遊びは楽しい!

家の中で色々と遊び方を工夫したりおもちゃを使ったりして遊んでも充分楽しむことができますが、やはり外遊びはそれ以上に楽しいのではないかと思います。

まだ10ヶ月の赤ちゃんだし、そんなに外に連れ出していいのか、外だとウイルスとか細菌とかが心配だと思う人もいるのではないでしょうか。

でも赤ちゃんにとって、今まで知らなかった家の外の世界は色々な事が体験できるとても楽しい世界ではないでしょうか。

家での遊び方も絵本を読んだり、おもちゃを使って遊んだりするのも楽しいと思いますが、家では出来ない遊びが出来て、体験ができるところが外ではないでしょうか。

まだ10ヶ月ですから、つたい歩きで歩けるとしてもヨチヨチ歩きだったりしますが、転んでも痛くない芝生の上などを歩いているだけでも楽しいのです。

また、公園に行けば色んな遊具もあります。

遊具ではまだ遊ぶことは出来ませんが抱っこして滑り台を降りたり、ブランコに乗ったりすることはできると思います。

砂場であれば、10ヶ月の赤ちゃんでも砂遊びをすることができますし、夏であれば水遊びもできるでしょう。

そして、同じ月齢のお友達や少し大きいお兄さんやお姉さんと遊ぶことにより、色々な遊びやルールなどを学ぶこともできます。

母親であるあなたも、家で二人きりだとストレスが溜まったりすると思いますが、外に出ることで気分転換にもなるのでよいのではないでしょうか。

気を付けなければいけないのは、砂場で砂を口に入れようとしたり、危ない行動をしようとしたときはダメだよと言いましょう。

ちょうど、言葉がわかるようになり脳が発達しているときですから、やってもいいこと、悪いことを教えるのによい機会だと思います。

最初は馴れないので大変かもしれませんが、赤ちゃんと一緒に楽しむ気持ちで前向きに頑張ってみましょう。

沢山の遊び場体験をさせてあげましょう!

今しか出来ないこと、今だから楽しめる遊び場を体験させてあげたらよいでしょう。

大きくなるにつれ遊びへの要求も高くなってきますが、つたい歩きを始めた今だから、ヨチヨチ歩きを始めた今だから、体を動かすのが楽しくなってきた今だから楽しめる遊びや遊び場があると思います。

遊び場といっても、近所の公園で充分楽しんでくれますし、児童館や自治体主催のイベントでも充分楽しめます。

デパートの遊び場でもいいんです。

他からの刺激があることで、赤ちゃんも成長していきます。

たまには少し遠出して、遠くの公園に行ってもよいですし、家族の長期休暇などには海や山へ行き、自然体験をさせてあげるのもよいでしょう。

自然は、歩き出したばかりの赤ちゃんにとっては格好の遊び場です。

今まで10ヶ月間は、知らなかった世界を体験できるところです。

これから成長していくうえで、五感を鍛え、脳を発達させていくための遊び場です。

ぜひ、家族みんなで今しかないこの時間を思いっきり笑顔で楽しんでください。

 - 子育てのお悩み