妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

焦りと嫉妬!出産サプライズ報告を目にした私が大号泣した結果

   

焦りと嫉妬!出産サプライズ報告を目にした私が大号泣した結果


32歳/会社員

現在妊活1年2ヶ月目。基礎体温を測ったり、毎日の食生活を見直したりと、妊活自体は健康や生活スタイルを改める良いキッカケになっているけれど思いがけず自分にダメージを与えたのは思いもよらぬ人からの「SNSでのサプライズ報告」。

SNSを何気なく眺めていると突然「○月○日、無事出産しました〜!」「予定日まであと○日!」とタイムライン上に出てくる。それも、幸せそうな写真と一緒に。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


SNSの出産報告に焦りと嫉妬がで自己嫌悪

SNSのタチが悪いのは、こちらの気持ちが準備できていなくても突然画面に上がってくること。また、他の人も「おめでとう」コメントを連発するため、非表示設定にしない限りタイムラインの上の方に居座り続けてしまうこと。

不意に目にした瞬間に、激しく動揺してしまうのです。私より結婚遅かったのに。あの子まだ20代前半なのに。

自分がなかなか妊娠できない焦りと、嫉妬。もちろんコメントで「おめでとう!」なんて明るいコメントを書くことができず、自分の中の醜い感情が溢れ出し、報告投稿を見つけるたびに自己嫌悪に陥ってしまいました。

小作り拒否の夫に罵声を浴びせて大号泣

また、そういった報告って続いたりもします。(ベビーラッシュ?)そんなタイミングに限って、夫の排卵予定日の子作り拒否!

もちろん仕事が大変なのはわかる。深夜まで残業が続いて、明日も仕事があるなら「今日はちょっと無理・・・」って言いたくなるのもわかる。

でも、その日の私はSNSでの出産サプライズ報告を幾つか目にしてしまい、気持ちが超ブルーな日だった。

「子作りは夫婦2人でやらないと意味がない!」「なんで私ばっかり努力しないといけないの!」「月に一回しかタイミングないのに!事前に日にち伝えたじゃない!」と、一通り夫に罵声を浴びせた後、大号泣。

夫も、失言だったと気付いた時にはもう手遅れ。私の涙は風船が弾けたように止まりませんでした。その日、嗚咽を堪えながら妊活中の辛い気持ちを夫に吐き出しました。泣きながら話したので支離滅裂だったにも関わらず黙って何度も頷く夫。

初めて子供がいる生活を話す事ができた

その時初めて「子どもがいる生活」のことを2人でじっくり話しました。結婚して4年以上経つ私たちですが、子どもが生まれたらどうするかについては全くイメージができていなかった事に気がつきました。

24時間休みのない育児、お互いの両親と離れて暮らしているからこそ、夫婦の協力体制が重要。

私の涙を見て、夫も残業の多い働き方や生活スタイル、休日の過ごし方を見直すキッカケになったようです。

なかなか子どもを授からない辛さは続いていますが、この衝突によって夫婦の絆が強まったように思います。

実際に子どもができる前に夫婦で将来の話ができてよかった、としみじみ思うのですが、これも妊活の副産物。

妊活期間は大変なことと同じくらい、いや、それ以上に、得るものが多い貴重な期間です。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ