妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

二人目だからこそ出産が怖い!恐怖心を克服する方法

   

二人目だからこそ出産が怖い!恐怖心を克服する方法

初めての出産は未経験による恐怖や不安があったと思いますが、二人目になると出産の過酷さを体験してしまっているからこそ怖いという人も少なくありません。

子供は欲しい!でも出産は怖い!なんとかしてこの恐怖を克服したい!そんな人の為に恐怖心を克服する方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


二人目の出産は痛みを知っているからこそ恐怖する

二人目の出産は一人目の時とは違い、一度体験しているが故の恐怖を感じる人が多いようです。

まずは恐怖を感じる理由を明確にし、その理由に対しての適切なアプローチを考えていかなくてはいけません。

では、二人目の出産のときに感じる恐怖とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず考えられるのが、出産による痛みの恐怖ですね。全ての流れを知っているからこそこれから確実に来るであろう痛みのことが頭をよぎってしまうわけです。

ましてやすでに経験済みの辛い記憶があるわけですから、嫌でもその痛みをリアルに想像できてしまいます。

そんな恐怖の対処法は痛みを想像してしまう時間をなくすことです。

人は時間に余裕があると頭の中でいろいろなことを考えてしまいます。

そんな時にこれから来る痛みを想像して恐怖心を抱いてしまう前に、二人目を出産した後の幸せな生活をする為の準備についてあれこれ考えるようにするとよいでしょう。

また、一人目の出産を終えた後の写真を見て、子供が生まれた喜びを思い出すようにして痛みの恐怖から目をそらすとよいでしょう。

二人目はお産の進行具合が早いから恐怖する

痛みに対する恐怖以外に多い物がお産の進行具合の早さに対する恐怖があります。

一人目の出産によってすでに産道はできあがっている上に、一度経験した事によって子宮口も最初の時よりも短時間で広がると言われています。

しかし、いくらお産の進行が早くなったからと言って、痛みがなくなるわけではなく、一人目の時と同じように痛みを感じるわけです。

出産が近づくにつれて痛みは激しくなるのに対し、進行が早くなっているせいでまだ十分に体の準備ができていない状態でどんどん進んでしまうため、恐怖を感じてしまうという人も多いようです。

そんな時には一人目の妊娠から出産までの経験を生かして、落ち着いて深呼吸をして少しでも痛みを和らげることができる姿勢をとるようにしましょう。

また、何か痛みの緩和に効果のあるグッズを使った経験や、楽になる姿勢や動きがあれば、それを思い出したり実際に使用することで、自分にはまだ救われる道があると考えることができ、恐怖の呪縛から逃れるきっかけになります。

過去の出産を乗り越えた経験を力に変える

上記で紹介した理由以外にも大小さまざまな理由で恐怖を感じてしまう人は少なくありません。

そんな恐怖に屈することなく元気な赤ちゃんを産むためには、自分がすでに過去に出産をしているという経験に自信を持つことが大切です。

恐怖を感じる人たちはつらい経験をネガティブに考えてどんどん恐怖の感情にとらわれていってしまいます。

しかし、ものは考えようです。そんな恐怖を感じるほどの一大イベントである出産をあなたは一度乗り越えているんです。

ということは、あなたには出産を乗り切れるだけの強さがすでに備わっているというわけです。

物事のとらえ方ひとつで心身の状態は大きく変わります。

過去にすでに乗り越えた自分に自信を持つことができれば、お腹の中の赤ちゃんと共に頑張ろうというポジティブな考え方ができるようになります。

恐怖に目を向けるのではなく、楽しい事や嬉しい事、我が子の誕生による感動を思い出し「すでに一度出産を乗り越えた事がある自分だから大丈夫」と言い聞かせるように心がけましょう。

赤ちゃんの為だと思えば力もわいてくる

母は強しとはよく言いますが、我が子の為ならば頑張れる人も多いことでしょう。

一人目の出産時にはとにかく痛みに耐えたり、終わりのない辛い時間を我慢するような状態ばかりだったかもしれません。

しかし、今回は二人目という事でそれなりに知識も経験もある状態で挑む出産で、前回よりは多少なり心の余裕はあると思います。

そこで、今回は自分のことばかりを考えるのではなく、赤ちゃんにとって負担のない良いお産にしてあげようという意識を持つと、不思議と頑張れるようになります。

ただ、今の痛みや苦しみに耐えるばかりでは、それこそ恐怖しか生まれませんが、可愛い我が子と出会うための幸せの為の痛みだというように捉え方をうまく変換させ、この痛みが赤ちゃんにとって意味があるものだと考えるようにするのです。

自分が恐怖に竦んで頑張れないと、赤ちゃんもスムーズに生まれてこれずに余計な痛みや苦しみを味合わせてしまう事になるかもしれません。

そんな事態に陥らない為にも、赤ちゃんの苦しみや痛みに目を向けるようにしましょう。

恐怖心を受け入れることで楽になれる

何を言われても、二人目の出産に対する恐怖が拭い去れないという人は、無理にその恐怖心から目をそらそうとしたり、自分の感情を無理やり押し殺そうとするようなことはやめましょう。

どうしても消えない恐怖をなんとかしようとするのではなく、その恐怖そのものを受け入れましょう。

恐怖をなくそうと努力すればするほどその恐怖を意識してしまい、そこから逃れようと必死になってどんどん余裕がなくなっていってしまいます。

しかし、出産は待ってはくれません。泣こうが喚こうがその時は確実に訪れます。

ですから、無理に恐怖から逃れようとするのではなく、周りの人に自分のありのままの気持ちを聞いてもらい支えてもらって、少しずつその恐怖を受け入れて行けるようにすることがベストだと言えます。

痛みは決して永遠に続くものではありません。受け入れて乗り越えれば幸せな時間が訪れます。

出産は女性だけができる神秘体験だという意識を持ち、女性であることの幸せや喜びを味わってくださいね。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ