妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

つわりがきつい!妊婦にとって劣悪だった職場環境と通勤電車での闘い

   

つわりがきつい!妊婦にとって劣悪だった職場環境と通勤電車での闘い


29歳/専業主婦

妊娠中の特に印象に残っている出来事はまさにつわりです。「つわり全くなかった」という人に会うと羨ましいどころか少しイラッとさえしてしまう程、私のつわりはきついものでした。

基本的には食べづわりだったので、食べていればまだ気が紛れる時間があったのですが、当時正社員で働いており、小さなクリニックでの勤務だったので、簡単には体調不良で休めず、毎日吐き気と戦いながら通勤していました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


クリニック勤務中にやっていたつわり対策

職場につく前からつわり対策は始まります。まず、一口で食べられるサイズのお菓子やパンなどを買い込みます。スタッフルームがなかったので、営業時間中はどこかで休んでいるということができず、座れない職場だったのです。

そのため、立っていることがつらいときにはトイレへ駆け込み便座に座り、休憩します。そして食べづわりなので、吐き気が襲ってきたら再びトイレへ駆け込みます。

常時ポケットにはパンやお菓子などを詰め込んでいるので、トイレで何か食べ物を食べて落ち着かせるという方法を取っていました。

なんてみじめなんだろうと思いながらも、それ以外に気持ち悪さを回避できる術がなかったので、その方法を4か月近く続けました。

つわりのきつさから社会への不満が爆発

今となっては良い思い出ですが、その当時はいつ職場をやめようかという事しか考えていませんでした。その環境を院長は気づくこともなく、何も対策をしてくれなかったので、本当に劣悪な環境だったと思います。

また、通勤電車でも私の戦いは続きます。まず、なぜ優先席に若者や元気そうな人が平気な顔で座っているのだと、社会に対しての不満が爆発しました。

つわりのある時期の妊婦というのは、周りからみたら健常者そのもので、誰も席を譲ってくれるということはありません。

妊婦マークは一応付けていますが、座っている人の前でマークをぶら下げながら立つのは、想像以上に勇気がいることです。無言で席を譲れと言っているようなものな気がしてなりませんでした。

電車での席を勝ち取る為に闘争心を燃やし

そのため、席は自分で勝ち取らなければいけないんだと、闘争心を燃やすようになりました。以前は残り一つの席があっても、誰かが座ろうとしてかち合ったら嫌だなという思いから、席を取りに行こうと思ったことはありませんでした。

しかし、つわり中はそんな謙虚な心はどこかへふっとんでいました。一席でも空いていれば、速足でその席に一直線に向かっていきます。

いつの間にこんなに図々しく歳をとってしまったんだと、自分にびっくりしましたが、妊娠というものはそんなにも人を変えてしまう程、大変なものなのだということを、世の中のみなさんにもっと知っていただきたいと思います。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82