妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

離乳食で納豆を食べさせたい!いつからそのままでも大丈夫なのか

   

離乳食で納豆を食べさせたい!いつからそのままでも大丈夫なのか

納豆は栄養価も他開く離乳食としてもおすすめできる食材ですが、いつからそのまま食べさせて良いのか悩みます。

いろいろ工夫をさせながら食べさせたいとは思いますが、食べさせる量やタイミングが分からないと、納豆を嫌がって食べてくれないかもしれないので不安になります。

そこで離乳食で納豆をいつから食べさせて良いのか紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



離乳食の納豆はいつからそのままでいいかは生後6ヶ月程度

赤ちゃんの離乳食として納豆をいつからそのまま食べさせて良いのか悩みますが、一般的には生後6ヶ月ほどすれば食べさえることができます。

しかし初めから大人と同じような納豆の食べさせ方ではなく、離乳食なので湯通しをしてからすり潰して食べさせます。

納豆は大人でも好き嫌いがあるので、赤ちゃんも初めは嫌がるかもしれません。

そのためおかゆに混ぜてから少量ずつ納豆に混ぜることによって、徐々に納豆の味を覚えさせていきます。

普段食べさせる離乳食でもたくさん食べるものと、あまり好きではないものなど、好き嫌いをすることもあります。

少しずつ様子を見ることで味に慣れさせるのと同時に、納豆の臭いにも慣れさせるようにします。

赤ちゃんはまだ臭いや味には敏感ではないかもしれませんが、一度嫌な思いをしたものは反射的に嫌がってしまうので、徐々に慣れさせるようにしましょう。

納豆をいつからそのまま与えるかは他の離乳食との兼ね合いもある

離乳食として納豆を食べさせる時には、色々と工夫をして食べさせることが大切です。

いつからそのまま食べさせていいのかは赤ちゃんの様子次第なので、徐々に納豆の味や臭いに慣れさせることが大切です。

栄養価の高い納豆は毎食食べさせてもいいので、湯通しをしたりすり潰したりして他の離乳食に混ぜながら食べさせるのもおすすめです。

毎回同じ離乳食だと飽きてしまうので、他の離乳食との兼ね合いによって、混ぜても大丈夫そうならばどんどん入れてみましょう。

納豆に慣れてくればスープに入れたり粘り気のあるまま食べさえることもできるので、湯通しをしなくても食べてもらえるようになります。

いきなり粘り気のある納豆を食べさせると、大人でも抵抗があるので、初めは普通の豆をすり潰したような感覚で食べさせると良いでしょう。

一度嫌がってしまうとなかなか食べてもらえないので、時間を掛けて少しずつ様子を見ながら食べさせましょう。

離乳食の納豆をいつからそのまま食べさせるかは調理方法による

いつからそのまま納豆を食べさせるかは、離乳食の調理方法にもよります。

納豆を食べさせる時には初めは粘り気のないものを食べさせるため、湯通しをしてすり潰すのがおすすめです。

大人でも納豆が苦手は人は粘り気が嫌だという人も多いですが、赤ちゃんにとっても粘り気や臭いは気になります。

粘り気を嫌がってしまうようならば、他の離乳食に混ぜて食べさせる方法もあります。

おかゆやうどんなどに入れてもいいですし、粘り気がなくなっても栄養価はしっかりと摂取できるので、赤ちゃんが食べやすいように工夫をしましょう。

また納豆は味をつける必要はなく、特に納豆についているたれやしょうゆは入れないようにしましょう。

たれやしょうゆは大人の味になっているので、赤ちゃんにとっては塩分も多すぎます。

何もつけずに納豆をそのまま食べさせるようにしましょう。

いきなり豆を食べさせることはできないので手間を惜しまない

納豆を離乳食で食べさせたいと思っていても、いきなり豆の形のまま食べさせることはできません。

いつからそのまま食べさせようか悩んでしまいますが、食べさせるには手間を惜しまないようにしましょう。

初めは粘り気が嫌いな赤ちゃんもいるので、湯通しをして粘り気をなくしてから、細かくすり潰して他の離乳食に混ぜて様子をみます。

いきなり単品で納豆を食べさせてしまうと、独特の味や臭いに嫌気を感じてしまいますし、納豆の臭いがすると食べなくなってしまう可能性もあります。

納豆を食べさせる時には手間を惜しまないで、ゆっくりと時間を掛けてから食べさせるように工夫をしなければなりません。

徐々に他の離乳食に混ぜながら、慣れてきたら粘り気のある納豆を食べさせるなど、段階を踏んで食べさせましょう。

できるだけ小さくすり潰してあげると食べやすいので、手間を惜しまず時間を掛けてゆっくりと食べさせましょう。

納豆をあげる時の1日の量と注意点

赤ちゃんの離乳食としていつからそのまま納豆を食べさせるか悩んでいる時は、生後6ヶ月頃から徐々に様子を見ながら食べさせてみましょう。

納豆は独特な臭いや味がするので苦手な赤ちゃんもいますが、逆に納豆が好きな赤ちゃんも多いようです。

そのため栄養価の高い納豆をたくさん食べさせようと思うと、納豆ばかりの食事になってしまうので注意しましょう。

納豆は大豆製品なので1回あたりの離乳食として、初期は40g、後期は55gを目安に与えるようにしましょう。

一般的に売られている納豆は45g程度なので、初めは4分の1パックが目安となり、徐々に量を増やしていくようにしましょう。

あくまでも大豆製品全般の1回あたりの食事量なので、豆腐などの離乳食に混ぜるのであれば、大豆の量も増えてきます。

好きな物をたくさん食べさせることは良いことですが、大豆だけに偏らずにバランスの良い食事を意識することも大切です。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82