妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

   

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り回って食欲もあるなんてことがほとんどです。その様子を見て「大丈夫そうだな」と幼稚園に連れて行くお母さんたちも多いですよね。

幼稚園には経験も豊富な先生がいますし、何かあってもすぐ気づいてくれるだろう。実はそんな甘い考えに、取り返しのつかないことになる危険が潜んでいるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


熱があっても元気なら幼稚園に連れてっても大丈夫?

子供が幼稚園生くらいになると、自分も仕事に復帰し始めるという家庭が増えています。小さい子供がいるとはいってもなるべく職場に迷惑はかけたくないため、ちょっとの熱くらいならいつも通り幼稚園に行かせてしまうということも多いのではないでしょうか。

結論から言えば、この行為はとても危険です。子供の体調は急変しやすく、たとえ朝は元気な様子だったとしても数時間後にぐったりとして保護者が呼ばれるというケースも少なくありません。

大人であればちょっと風邪気味だから手洗いうがいを念入りにやっておこう、冬場は冷えないようにしっかり着込んでおこうといった対策ができますが、子供はそんなことまで考えません。寒いに日も薄着のまま外へ出て行ってしまいますし、しっかりと手を洗えていないままお昼ご飯を食べてしまいます。

どうしても家で看てあげられない特別な事情がない限りは、熱があれば休ませるのが一番です。

幼稚園に連れて行ったときは元気だったのに・・・ただの微熱でも油断大敵

初めのうちはころころ変わる子供の体調に振り回されて大変な思いをすることも多いはずです。しかし次第に慣れてきて「これくらい大丈夫だろう」といった気持ちが出てきてしまうと非常に危険です。

幼稚園から特に連絡もなく、無事に一日を過ごして家に帰ってきたとしましょう。しかし夜になって急に様子がおかしくなることもあります。

幼稚園にいる間は友達と遊ぶのに全力なので、多少身体がだるく感じていてもすぐ忘れてしまいます。その反動もあり、家に帰ってきてのんびりしている時に疲れも相まって一気に高熱を出し、慌てて病院へ駆け込むこともあるでしょう。

ただの風邪でも重症化すれば子供の体力を奪っていき、治るまでに時間もかかります。親として子供の苦しそうな顔を見ているのはとても辛いですよね。そんな思いをさせないためにも早め早めの判断がとても重要なのです。

熱があっても元気、ということは幼稚園で菌をまき散らす!

幼稚園に連れて行くことで、具合の悪化が懸念されるのは我が子だけではありません。元気に友達と遊びまわるということは、他の園児たちにも菌をまき散らしてしまうということになります。

幼稚園に連れて行ったときに、仲のいい友達がゴホゴホと咳をしていたらいい気はしませんよね。マスクを嫌がる子供には付けさせたところでとってしまいますし、きちんと咳をするときに手で押さえられる子供がどれくらいいるでしょうか。あまりに見てすぐわかるほど風邪の症状があれば先生が止めるはずですが、風邪の流行している時期ともなれば正直判断がつきません。

自分の子供だから何も思わないのであって、これが他の家の子供だったらどう考えますか?ちょっとでも熱があるのであれば、うつされたら困るから休んでほしいと思いますよね。子供だけじゃなく、面倒をみてくれる先生にだってうつってしまったら大変です。

幼稚園の先生だって万能じゃない、我が子の命を守るのはあなたの役目

幼稚園で子供の体調が悪くなると先生たちに不満をぶつける保護者がいますが、幼稚園は何でもしてくれる万能な施設ではありません。当然病院ではありませんから、だるそうにしてたり熱がありそうな顔色でなければ、体調が悪いことに気付けなくても仕方ないのです。

幼稚園から呼び出しがきて迎えに行ったらすでに危ない状態になっていた、そんな悲しいニュースが毎年一定数報道されています。本当に家で何も変わった様子がなく気付けなかったということもありますが、これくらい大丈夫だろうと預けてしまったというケースがあるのも事実です。

たくさんの子供たちと過ごしてきた幼稚園の先生のほうがたくさんの知識を持っています。しかし自分の子供のことを一番よく知っているのはあなた自身です。幼稚園に預けるからと思わず、毎朝しっかり子供の体調を把握しておくようにしましょう。

子供のちょっとした変化も無視してはいけない

ちょっと関節が痛かったり鳥肌が立ったり、大人になると体調の変化を察知できるようになります。そして病院へ行き、どのような症状があるのかしっかりと伝えられますよね。これ以上悪化しないように対策もとれますし、子供より免疫力もあります。

しかし子供はまだまだ自分の身体のことでも知らないことがたくさんあります。自分で感じている変化を上手く言葉で伝えることもできず、何が起きているのかも理解できていないのです。

もし子供の様子が少しでもおかしいなと気づいたら、何か言ってくるのを待つのではなく、こちらからどんな症状なのか聞き出してみるようにしましょう。あくまで判断材料のひとつではありますが、その中で気になる症状があればすぐ病院へ行くべきですし、もしそれ以外はまったく普段と変わらないようであればしばらく家で様子を見てみるのもいいでしょう。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ