ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

3人目の出産が怖い!気持ちの作り方と対策方法

2017.9.26

女性にとって出産は幸せな瞬間ではありますが、出産までには多くの困難と痛みを伴うので、大変なことには変わりありません。

3人目の出産ともなれ子供を産むことには慣れていても、痛みにはなれることはできないので、出産に対して怖いという気持ちは持っているはずです。

3人目の出産が怖いと思ってしまう理由と対策方法について紹介します。

 

3人目の出産が怖いのは痛さを知っているから

3人目の出産を前に怖いという気持ちがあるのは当然ですが、理由はやはり痛さを知っているから恐怖心が蘇ってくるのでしょう。

出産の痛みは人によっても違いますが、男性にはまず理解できませんし、耐えられないという人も多いでしょう。

それほどの痛みを経験して初めて子供が生まれるので、我が子のことをかわいいと思うのは当然です。

2人目までの出産の時の痛みは決して忘れることはできませんが、子供を産んだ瞬間に痛みを忘れて幸せな瞬間に出会えます。

しかし時間が経って出産のことを思い出す時には、やはり痛みのことが鮮明に思い出されるでしょう。

しかも2回も耐え難い痛みを経験しているので、怖いと言う恐怖心は2倍に感じると言ってもいいでしょう。

3人目になれば慣れていると思われていますが、誰もが痛みになれることはないので、子供が生まれるまでは痛みに対する恐怖心しかありません。

3人目だからこそ怖いのに出産に慣れていると思われている

3人目の出産ともなると夫か親戚からも慣れていると思われているので、あまり心配をしてくれません。

出産に対するリスクがあることは分かっていても、本人も3回目なので慣れているので落ち着くことはできます。

しかし痛みがあることを思い出してしまうと、急に怖いという恐怖心が襲ってきますし、出産には絶対はないので万が一のことがあったらどうしようという心配しかありません。

出産間近になってからの恐怖心とは、痛みに対する恐怖と子供が健康で生まれてくるかの心配です。

出産の時には自分よりも子供が元気に生まれてくれることが一番の心配になるので、痛みに耐えることができます。

安全な出産はないので、どうしてもリスクを考えてしまいますが、子供が生まれてくるまでは心配や恐怖心で頭の中がいっぱいでしょう。

3人目も大丈夫だという強い気持ちを持てば、きっと元気な赤ちゃんを生むことができるはずです。

出産は3人目でも怖いのでリスクがあることが頭をよぎる

出産に関しては3人目でもリスクがあることには間違いないので、考えてしまうと怖いという気持ちが強くなってしまいます。

出産は新しい命の誕生でもあるので、どんな痛みがあっても生まれた瞬間に痛みを忘れて幸せな気持ちになれます。

だからこそ3人目まで子供を産みたいという気持ちになったのですが、リスクがあることも考えておかなければなりません。

自分の体への負担は経験しているので、ある程度は我慢することができます。

それでも痛みに対する恐怖心は残っているので、怖いと思いながらも出産に挑まなければなりません。

子供に対しての不安やリスクが一番大きく、無事に生まれてくることだけを願っています。

出産の時にはとにかく子供が安全に元気に生まれてくることが出が願いなので、自分のことよりも子供のことだけを願っています。

もしも子供に何かあったらという恐怖心は生まれてくるまであるので、元気な赤ちゃんの姿を見るまでは怖いという気持ちは持ち続けています。

出産後は幸せだが出産時の痛みを考えると辛さしかない

3人目の出産を前に怖いと思ってしまった時には、産んだ後の幸せな生活を想像して耐えるしかありません。

2回の出産を経て2人の子供が生まれたことで幸せな生活を送っていれば、新たな命の誕生が幸せに思えてきます。

その前には出産に対する恐怖心や痛みに耐えなければなりませんし、元気な赤ちゃんが生まれるかという不安感に打ち勝たなければなりません。

出産では子供が元気に生まれるかが心配ですが、あの激痛に耐えなければいけないとう恐怖心が芽生えてくるので、辛い気持ちが蘇ってきます。

2回の出産をしているからといって、3人目も安全に出産できるとは限りませんし、もし難産になってしまったらどうしようという恐怖心は常に持っています。

出産では痛みのことしか頭にないですが、子供が生まれた時の幸せな瞬間のために、痛みを乗り越えるように頑張るしかありません。

無痛分娩など出産の方法もいろいろあるので検討する

3人目の出産がどうしても怖いと思ってしまった時には、無痛分娩をすることもできます。

出産の時の恐怖心としては、子供が元気に生まれることの他に、痛みに対する恐怖心が大きいです。

2回の出産をしているからこそ分かる痛みなので、より痛みに対する恐怖心が大きくなってしまうでしょう。

人は痛みに対して受ける前から恐怖心を持っているので、精神的に追い込まれてしまいます。

しかも出産時の痛みは激痛なため、耐えがたい痛みとなるのでできれば経験したくありません。

子供が生まれることは幸せですが、あの痛みを経験したくないという人も多いですし、実際に3回目の激痛には耐えられるか分からないと不安に思う人もいるでしょう。

無痛分娩は麻酔効果によって痛みを和らげて出産することがでkりうので、痛みはあっても耐えられないような激痛ではありません。

子供にもリスクが少ないので、痛みに対する恐怖心があれば、無痛分娩をすることもできるので検討してみましょう。

 - 妊娠・出産のお話し