ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

2017.8.18

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので、どんどん成長していることを実感することができます。

体重増加は緩やかになってくる時期ですが、それだけ元気に動いて成長している証と言ってもいいでしょう。

そこで生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加や成長の目安となる特徴について紹介したいと思います。


生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加の目安

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加の目安としては、5kgから8kgが平均的な体重となります。

赤ちゃんの時の平均体重はあくまでも目安として見ればいいので、それほど気にすることはありません。

平均体重よりも多ければそれだけしっかりと成長していると言えますし、個人差によって体重が増えにくいことも考えられます。

4ヶ月ではまだミルクを飲んでいる時期ですが、体重が増えてもどんどん栄養を与えるために好きなだけ飲ませることが大切です。

赤ちゃんの栄養はミルクしか摂取することができないので、体重にも大きく影響してきます。

また4ヶ月になると体を動かすのはもちろんですが、首が座ってくる頃ですし早ければ寝返りをしようとします。

それだけ運動量も多くなってくる頃なので、エネルギーをたくさん消費するため体重増加のスピードも緩やかになる傾向にあります。

4ヶ月の赤ちゃんの成長と体重増加の関係

生後4ヶ月目の赤ちゃんと体重増加の関係性としては、体重は緩やかに増えていく傾向にあります。

理由としては4ヶ月目になるとだんだんと体を動かすことが多くなるので、エネルギー消費が多くなるからです。

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴としては首が座ってくる頃になるので、寝返りをしようとしたり、筋肉も少しずつついてくるので腕を使って顔を上げようとします。

まただんだんと目が見えるようになってくることから、興味のあることに対して目で追ったり、触ろうとするようになります。

どんどんと興味を持つ物が増えていくので、欲しいアピールをしたりします。

4ヶ月目になると今までにないような行動や動きが増えてくるので、体を動かすことも多くなっていきます。

そのためエネルギー消費も多くなることから、体重増加も緩やかになることが多いです。

生後4ヶ月の赤ちゃんは生活リズムも安定して体重増加も緩やかに

生後4ヶ月の頃になると生活リズムも少しずつ安定してきます。

赤ちゃんの体重増加と生活リズムも関係は深く、生活リズムが安定するとそれだけ体を動かす時間が増えていきます。

今までは不定期に起きたり動いたりしていたのに、生活リズムが安定してくると動く時間も一定になっていきます。

たとえばお昼寝の時間が同じ時間になったり、夜もまとめて寝られるようになれば、後は起きている時間は動き回るだけです。

数時間まとめて起きているだけでも、ずっと体を動かすようになります。

しっかりと寝ていればそれだけ活発に動くことができるので、起きている時間は目が離せなくなってくるでしょう。

そして起きている時はいろいろな物に興味を持つようになるので、できるだけかまってあげることが大切です。

興味があれば欲しがる素振りを示すので、体を動かすことが多くなることから、ミルクの量もだんだんと多くなっていくでしょう。

成長スピードは1日20グラムが目安

赤ちゃんの盛業スピードと体重増加は気になりますが、生後4ヶ月の赤ちゃんの場合は1日20グラムが目安となります。

生後2ヶ月の頃には1日30グラム前後が目安となっていたので、少しだけ体重増加も緩やかになります。

理由としてはそれだけ体を動かすようになったことから、エネルギー消費が多くなり、体重の増え方も落ち着いていきます。

1日20グラムと言ってもなかなか体重の増え方を知ることは難しいですが、着ている洋服がピチピチになっているかもしれません。

赤ちゃんの成長スピードは早いので、すぐに服のサイズが小さくなってしまいます。

そのため成長を見るためのポイントとしては、洋服のサイズをチェックすることも大切なことです。

できるだけ赤ちゃんが動きやすい洋服を選ぶことが大切ですし、興味を持つ時期なのでボタンなどがない物を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの成長を実感できる行動がたくさん見られる時期

生後4ヶ月の赤ちゃんは体重増加だけではなく、いろいろな行動から成長していることを実感することができます。

首が座ってきたリ自分の腕の力で顔を上げようとするなど、今までには無かった行動をとろうとしてきます。

また洋服のサイズも小さくなってくる頃なので、赤ちゃんの成長を実感できるようになるはずです。

相変わらずミルクを飲んでいますが、生活リズムが安定してまとめて寝られるようになるので、授乳も比較的楽になってきます。

飲む回数が少なくても一度でたくさん飲めば問題ないですし、飲む回数が少なければ授乳回数を増やすなど、臨機応変に対応しましょう。

赤ちゃんが欲しがる時はいくらでもあげて大丈夫なので、欲しがるだけたっぷりと飲ませてあげましょう。

離乳食にはもう少し早いので、その分たっぷりとミルクを与えて大きく成長することを願いましょう。

 - 子育てのお悩み