ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

2017.8.19

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思っているのにやはり一番気になるのは家計の事だと思います。
今までは、ご主人もしくは2人の収入でやりくりしていたのが、1人だけになってしまう訳ですから不安は大きいと思います。

正社員で働いているかパートで働いているかで収入は異なりますが、いずれにせよ今までとは違います。
子供3人いて、急な発熱や学校行事などあり、未就学児がいたりするとなかなか大変ではないでしょうか。

しかし、子供に必要なお金の出費はどうしてもありますし、あまり我慢ばかりで可哀想な思いはさせたくないと思っているのではないですか。
その他にも、生活していくための生活費としての出費は必ずあるはずですから、どうしたらよいのか頭を抱えてしまっていると思います。

そんな、あなたが無理せず頑張っていける家計の解決法教えます。

子供3人いるシングルマザー!家計の現状を把握しておきましょう!

毎月の収入に対して支出がどのくらいか把握しましょう。
家計簿をつけているのであれば、それを見直せばよいと思います。
何もないのであれば、収入を書き出し、細かい支出はよいので、大きな支出を書き出してみましょう。
例えば、家賃、水道光熱費、食費、学校関係の支出など、毎月決まった支出だけでよいと思います。

シングルマザーとなり子供3人いて、まして子供が大きくなるにつれ支出が多くなるはずです。
ですから、最初に家計の流れを把握しておくことが大事なのです。
そうすることで、早い段階で色々な解決法を見つけることができると思います。

シングルマザーで子供がいるときの一番の心配事は、やはり家計だと思います。
朝から夜まで働きづくめでは、自分の体にも子供にも良いことはないでしょう。
きっと、振り返ることで、色々と気付くことができるのではないでしょうか。

子供3人いるシングルマザーの家計を支える制度を確認しましょう!

子供3人いるシングルマザーとなると、色々な補助制度があるはずですので、確認しておく方がよいでしょう。
国が決めている手当てや各自治体で決めている制度があると思います。
家計の為には、制度を活用することが必須です。

手当てにも色々ありますが、国が定めていて、一般的によく耳にする手当ては、シングルマザーになった時点で貰えると思います。
しかし、各自治体で決めている制度はよく調べることが大事です。
なぜなら、そこの自治体独自のものもありますし、聞かないと教えてくれないものもあるからです。

子供3人いると一番心配な医療費なども、自治体によっては子供が18歳まで無料化だったり、保護者も無料化になるところもあります。
また、学校費用に関しても、給食費や授業料が免除になったり、給付金が支給されたりするところもあります。

一般的に知られているものは、自分から言わなくても自治体で教えてくれると思いますが、自分から言わないと教えてくれないものもあります。
ですから、事前に下調べをしておくようにしましょう。

そうすることで、貰えるはずの手当てを貰い忘れるのを防ぐことができます。
恥ずかしいとか思っている方もなかにはいるかもしれませんが、世間体を気にする必要はありません。

あなたと子供3人のためです。
手当てが少しでも多く貰えることにより、シングルマザーであるあなたと子供3人の家計を支えてくれると思います。

シングルマザーで子供3人、家計を助ける節約法色々あります!

今まで節約とは無縁だったかもしれないし、ある程度の節約はしていたかもしれませんが、 これからはシングルマザーになり子供3人と生活していくわけですから、更なる節約することが、これからの家計に必要ではないかと思います。

ご存知かと思いますが、節約にも色々あります。
生活面では、水道光熱費や食費での節約があります。

水は生活に必要不可欠ですから、歯磨きや食器洗いなどの時は、水を出したままにしない、お風呂のシャワーも節水式にしたり、残り湯を洗濯に使用するなどあります。

電気もこまめに消すようにし、つけたままにしない。契約を低くしたり、タップ式のコンセントを使用するのもよいでしょう。
待機電力もこまめにコンセントから抜くだけで、節約できます。

通信費で携帯代金も安いメーカーに変更したり、契約を見直すとお得なプランがあるかもしれません。

食費に関しては、余分なものを買わないのが一番よいですが、子供3人いるとお菓子など欲しがると思います。
あまり、我慢ばかりさせてもよくないので金額を決めてたまには買ってあげるようにした方がよいと思います。
その代わりという訳ではないですが、特売品や値引きされたものを買うとか、料理の仕方でも工夫が出来ると思います。安い食材でかさまししてもよいでしょう。

代表的な節約方法を紹介しましたが、他にも色々とあると思います。
周りの人に聞いた節約方法を真似してもよいと思いますし、独自で節約方法を考えてもよいと思います。
ただ注意してほしいのは、頑張りすぎないことです。
ずっと続けていくには、無理せず頑張りすぎない事が大事です。
それだけは注意して、実践してみてください。

会社やママ友などには前もって事情を話しておきましょう!

シングルマザーになるということは、周りの協力が必ず必要になります。

仕事をしているのであれば、正社員、パートに限らず事情を話しておいてください。
子供3人いれば、突然の発熱や学校行事など色々な事があると思います。

その時は、迎えに行ったり、お休みを貰ったりしなくてはなりません。
もし、インフルエンザなどになってしまったら完治に1週間かかります。

万が一に備えて、仕事内容を誰でもわかるようにしておくなどして、突然の事があっても誰かに対応してもらえるようにしましょう。

また残業や出張もそうです。
今までは、残業したり出張したりできたのに、子供の面倒を見てくれる人がいなければ、今まで出来ていた事が出来なくなります。

ですから、要領よく定時間内で仕事を終わらせるように段取りよくするようにしましょう。
しかし、仕事を雑にしたり、他の人にも会社にも迷惑かけるような事はしないように気を付けてください。

また、仲良くしているママ友にも事情を話して協力してもらう事も必要です。
急な仕事で残業になり、迎えに行けなくなったり帰りが遅くなってしまいそうなとき、やはり頼れるのは近くの友達です。

日頃から子供ぐるみで仲良くしてもらっているのであれば、あなたの家庭事情を話しておくのがよいと思います。

今までとは状況が変わってしまっているので、もしかしたらお願いすることがあるかもしれないと言っておくだけで、あなたも安心して仕事ができると思います。
ただ、相手の都合もきちんと聞いてから、頼むようにしましょう。

もし、誰にも頼れなそうな事があるときもあるので、行政のサービスなども調べておくとよいでしょう。
お金はかかりますが、シッターや病後時保育なども検討しておき、話しを聞いておくのもよいと思います。

シングルマザーになるということは、周りの協力が必要不可欠であるということは、認識しておいてください。

子供3人いるシングルマザーでもゆとりを持ち楽しく生活できる工夫!

これからは家計のことを考えて、自治体の制度を活用したり、周りの人の協力を得たりして生活をしていくことになると思います。
また、生活費に関しては節約をしてやりくりしていかなければなりません。
あなたにとっても子供にとっても、今までとは違う我慢をしなくてはならないでしょう。

節約して我慢ばかりしていると、あなたも子供もストレスが溜まってしまうと思います。
ストレスが溜まるとイライラしたり、よくない連鎖が起こる可能性があります。

ですから、節約した中から少しでも貯金をしてみたらどうでしょう。
子供の手当て分は手をつけずに貯金するなどです。
貯金をすると気持ちに余裕ができると思いますし、これから必要な費用の為にもなります。
少しでも蓄えがあると気持ち的にゆとりが持てるはずです。

また、子供の誕生日やクリスマス、お正月などのイベントなどは必ずやってあげてください。
いつも我慢しているのですから、年に1回の事はきちんとしてあげましょう。
年1回、旅行や遊園地に行くのもよいと思います。
そうすることで、生活にもメリハリが出て、子供も特別な日の為に、日頃の節約に協力してくれるようになるのではないでしょうか。

何もかも我慢したり、させていたら精神的に辛くなってしまうし、体にもよい影響はありません。
毎日が忙しく大変だからこそ、楽しみがあると頑張れるものです。

でも、頑張りすぎない、我慢しすぎないということは、忘れないでください。
時には息抜きも必要です。
家計への不安が重くのしかかり、つぶされそうになったら、子供3人の顔を思い出してください。
また、周りの人に愚痴や不安を言ってください。
あなたは、シングルマザーですが、子供3人いますし、協力してくれる人もいます。1人ではありません。

 - お金のお悩み