ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

結婚が失敗だったと後悔しない為に。夫婦のより良い形とは

2017.9.23

運命を感じ結婚をし、晴れて夫婦になった二人。
盛り上がっていたのも束の間、他人と生活を共にするのは決して楽しいことばかりではありません。

辛いことばかりに目を向けてしまい、結婚が失敗だったと後悔をしてしまうこともありますよね。
結婚を後悔してしまう原因とはいったいどんなところにあるのか、原因を見つけて正しく対処していくことで幸せな時間を取り戻しましょう。


結婚が失敗だったと後悔する理由とは

結婚生活に対して不満を抱く原因の5割は、夫婦の夜の生活にあります。

愛情を感じられなくなり、お互いを異性として意識できなくなるのは主にマンネリ化し、夜のコミュニケーションが無い状態が原因となります。
日本人夫婦の約半分はそのような悩みがあるという統計があります。

共働きが多い現代は仕事が忙しかったり、帰り時間がバラバラな為一緒にベッドに入ることが少なくなれば、自然と夜の生活は無くなっていきます。

そうして回数が自然と減っていき、最後には全くお互いに触れることがなくなるのです。
その期間が長くなればなるほど、レスを解消することもとても難しくなり夫婦の仲が壊れていってしまう結果になります。

お互いを異性として尊敬できなくなると、結婚したことに対してのメリットがわからなくなり一緒に暮らすことへの不満が生まれてしまうのです。

夜のコミュニケーションが無い原因は決して一つではないと言えますが、いくら忙しい日が続いても夜を共に過ごす時間があるのか無いのか、この問題が一番の夫婦決裂に繋がっていくのです。

結婚を失敗だったと後悔しない為に出来ること

結婚を後悔することには必ず原因があります。

結婚前には隠していた事実がどんどん浮き彫りになって、ギャンブルによる借金があった、金遣いが荒い、などと人によって様々な問題があるでしょう。

しかし結婚をしたからには、その問題とも夫婦二人で向き合ってく必要があります。
結婚を決意したのならば、相手の悪いところに対して寛容な対応が出来ること、相手の悩みを一緒に解決していく忍耐が必要になるのです。

そんな日常のアラが浮き彫りになり、二人の時間が減っていくことが一番夫婦にとって恐いことなのです。

なにがあっても二人で向き合って解決していくという強い決意が、結婚を継続させる秘訣となります。

とはいっても相手の暴力に悩んでいる人や、相手が飲み歩いて帰って来ないなど、相手にどの気がなければこちらはどうすることもできませんよね。

まずはこちらが真剣に悩んでいることを相手に伝え、それを二人の問題として心身に受け止めてくれる人なのかを検証してみましょう。

結婚は後悔しても、決して失敗ではないということ

結婚に後悔をすることがあっても、決して失敗だったと思ってはいけません。
この人とは分かり合えない、と思うこともあります。しかしそれは当たり前なのです。

全てを分かり合える相手などこの世には居ません。
そんな諦めも夫婦の間には必要なのです。

ずっと永遠に幸せだと思えることはまずありません。
そんな風にいっている人が周りにいたとしても、見栄っ張りのプライドが高い人だと言えるでしょう。

そんな見栄っ張りの人に惑わされて、自分のパートナーの悪いところばかりに目を向けてはいけません。
どんな相手でも、自分次第でどうにでも変えてあげることは出来ると考えましょう。

ずっと一緒にいる相手だからこそ、今ではなく将来という長い目で相手を見てあげる、変われる余地があればこちらが寄り添う努力をすることもとても大切だということなのです。

夫婦関係をより良く保つためには

夫婦関係を上手に保っていくために、自分が出来ることとは。
相手に嫌気をさしてなにもしてあげたくないなんてこともあります。

しかし自分が変わることで相手が変わっていく、そして二人の関係が良く改善されていくのであれば努力する価値はあります。

釣った魚に餌をやらないような相手であれば、こちらが餌を撒きましょう。
相手が話を聞いてくれないのであれば、相手の話を深く聞きましょう。
深夜まで家に帰ってこない旦那であれば、帰ってくるまで待ちましょう。

あなたの努力で絶対に相手の心になにかを伝えることは出来るのです。

相手の立場になり気持ちを考えてあげましょう。
いくら人の気持ちが分からないという自己中な性格の人でも、相手にこんな風に思われて変わらない人は居ませんよね。
結婚とはそんな努力の積み重ねで、全く違うものになるのです。

結婚に後悔する瞬間の男女差

結婚を失敗だったと感じる原因には男女であまりにも大きいギャップがあります。

金銭面での価値観の違いや、性格の不一致などはどちらも上位にあげられますが、それ以降の理由は全く違うものなのです。

女性は男性への優しさがないことへの不満、相手の家族と馬が合わないことへの不満が多い中で、男性はやはり夜のコミュニケーションが無いことへの不満があげられるのです。

女性は男性安定や安心を求めます。
しかし男性は女性にいかに自分の欲求を満たしてくれるかを求めるのです。

それが性欲だけではなく、食欲であったり睡眠時間の確保であったり、自分の時間を乱さずに欲求を満たしてくれる相手へ満足感を得るのです。

相手の生活には干渉せずに、お互いの欲求を満たしてくれる相手を選ぶのが、結婚を失敗しない秘訣とも言えます。

今の相手に後悔をする前に、相手がなにを求めているのか心の声を聞いてあげる、それに努力してあげることができれば相手の対応も全く違うものになり変わってくるのではないでしょうか。

 - 夫婦のお悩み