妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

   

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、他の家庭の事情もきになりますが、できるだけ抑えた方がいいのは分かっています。

生活費は赤ちゃんの頃はそれほど多くは掛かりませんが、大きくなるほどお金も掛かるので、できるだけ節約をしておきたいものです。

そこで赤ちゃんがいる3人家族の生活費について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



赤ちゃんがいる3人家族の生活費は2人暮らしプラス2万円

赤ちゃんがいる3人家族の生活費としては、それほど多くは掛からないので、初めのうちは貯金をすることを考えることが大切です。

赤ちゃんに掛かる費用としては、おむつ代、ミルク代、衣服代などを合わせても、1万5千円程度が平均となるようです。

そのため毎月2万円を赤ちゃんに掛かる費用として考えれば、2人暮らしの生活費プラス2万円で生活することができます。

おむつ代に関しては小さい時は一番お金が掛かりますが、徐々に他の物にもお金が掛かってきます。

ミルク代に関しても大きくなれば離乳食になったりするので、いろいろ工夫をしたりするようになります。

赤ちゃんがいても生活費に関してはそれほど多くは掛からないので、節約をすれば大きな負担となることはないでしょう。

できるだけ貯金をしておくことが大切なので、目安としては小学校に上がるまでにはまとまった貯金ができるように計画を立てましょう。

3人家族の生活費は赤ちゃんが大きくなるほど多くなる

3人家族の生活費を考えた時に、赤ちゃんが小さい時はそれほど多くのお金は掛かりません。

しかし赤ちゃんの成長は早いので、着る洋服を買ったりおもちゃを買うようになると、どんどんと生活費も多くなっていくでしょう。

赤ちゃんの生活費に関しては月に2万円もあれば余裕ですし、節約すれば1万円前後で抑えることもできます。

家庭によって環境も違うので、実家が近くて両親が助けてくれたり、おさがりをもらうことができれば負担も軽減します。

赤ちゃんの成長は早いので、赤ちゃんに掛かる費用は少しずつ多くなっていきます。

保育園に行く頃には保育園代が月に掛かるようになりますが、それまでは月に2万円もあれば十分です。

先のことを考えると少しでも節約をしておくことが大切ですし、節目の時にはまとまったお金が必要になるので、計画性を持って貯金をしておきましょう。

赤ちゃんがいる3人家族の生活費は将来の貯金をメインに考える

赤ちゃんが小さい時はそれほど生活費は掛かりませんが、大きくなるにつれて生活費も多くなっていきます。

3人家族の生活費としては、赤ちゃんが小さい時はプラス2万円の生活費で十分生活することはできます。

しかし赤ちゃんを早くに保育園に入れるのであれば、それだけ月の生活費に負担が掛かってしまうでしょう。

共働きをした方が稼ぎもいいので負担が増えても安心できますが、保育園に行かせるようになればプラス6万円~10万円は掛かります。

保育園代の他にも洋服など買う物も増えるので、保育園を認可保育園に入れられるかどうかによっても生活費は大きく変わってくるでしょう。

赤ちゃんが小さい時はできるだけ貯金を中心に考えることが大切で、赤ちゃんの時にお金を掛けるよりも大きくなってからのことを考えましょう。

3人家族の生活費に関しては赤ちゃんの成長と共に負担も大きくなっていくので、共働きで貯金を少しでも多くすることが大切です。

生活費は多くなるが徐々に増えていくので貯金を考える

3人暮らしの生活費としては、赤ちゃんが成長するたびに増えていくので、早めに将来のために貯金をしておくことが大切です。

赤ちゃんの時はプラス2万円で済みますが、小学校に入学すれば食費も多くなりますし、服を買ったり小遣いを渡すので5万円はプラスになります。

中学生や高校生になればさらに増えていくので、将来のために少しでも貯金をしておきたいところです。

また毎月掛かる生活費の他にも、まとまったお金が必要になる時期があるので、その時のための貯金は必要です。

そのため赤ちゃんの時から保険に入る家庭も多く、少ない保険を長くかけて将来に備える準備も必要となります。

生活費をひっくるめて考えると、赤ちゃんの時は現在の生活費よりも将来のための貯金や保険などが多くなります。

ある程度余裕がある時にお金をためておくことで、必要な時に必要なお金を使うことができるのです。

いずれまとまったお金が必要になるので生活費は節約しておく

赤ちゃんは日々驚くほど成長していくので、あっという間に保育園や小学校に入学していきます。

3人家族にとって子供の成長は嬉しいものですが、生活費も徐々に多くなっていくものです。

共働きをして家計を守っていければいいのですが、それでも子供を育てるとなればお金は掛かってくるので、少しでも貯金をすることが大切です。

赤ちゃんの頃の生活費に関しては、2人暮らしの生活にプラス2万円程度を目安にすると良いでしょう。

実際には2万円も掛からない時期も多いですが、余ったお金は貯金に回すなどして、貯金癖を作っておくことも大切です。

保育園に入るまでは2万円程度の生活費をプラスしておけば、赤ちゃんにとっても十分な生活費となります。

小さい時にいかに貯金をしておくかが大切ですが、子育てをするには赤ちゃんの時に保険に入ったり、貯金癖を作っておくことが大切です。

  関連記事はこちら

 - 暮らしのお話し

ページ
上部へ