妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠中に重いものを持ってはダメ?その理由と程度について

   

妊娠中に重いものを持ってはダメ?その理由と程度について

妊娠すると女性の体は大きく変化するため、生活にいろいろ禁止事項が現れます。その中でも特に言われるのが「重いもの」を持ってはいけないという事。でもどの程度までなら大丈夫、なぜ持ってはいけないの?そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


妊娠中に重いものを持ってはいけない理由とは?

妊娠初期の場合は特に重いものを持つ時注意が必要と言われています。

どうして重いものを持ってはいけないかというと、腹圧をかけるのが良くないというのが理由です。

腹圧が胎児に与える影響は諸説ありますが、腹圧がかかると子宮が下がりやすくなるため、説が有力です。下手をすると流産へとつながる可能性があります。

同じ腹圧のかかる行為としては自転車に乗るというのがあります。

また安定期に入っても、やはり重いもの持つのは避けた方がいいでしょう。というのも、妊娠をしていなくても、重いものを持つと腰が痛くなりますよね。妊婦の場合、この腰への負担が問題なのです。場合によっては、血流が圧迫されて胎児に血液がいかなくてしまうこともあるそうです。そうすると酸素の供給もスムーズではなくなるので胎児が大きな負担になってしまう事もあります。

またただでさえ妊婦の中には腰痛に苦しむ人は少なくありません。常に重い荷物を抱えているようなモノなのですから、持たなくて済む荷物は極力持たないようにしましょう。

妊娠したら、どのくらい重たいものを持っても平気?

妊娠したら重いものを持たずに、お姫様のように箸以外の重いものを持たずに生活できたらどんなにいいでしょう。

しかし現実は厳しいです。お姫様のような生活はできません。
大概は牛乳を買ったり、お米を買ったり、ペットボトルのお茶を買ったりするでしょう。また子供が生まれるに合わせて引っ越しをする人などは、引っ越しの準備もしなくてはいけません。実際問題として重いものを持たずに生活するのは難しいでしょう。

妊娠中で「重いもの」を持ってはダメと言われても、どの程度まで「重いもの」になるのでしょうか?

一般的には10Kgが目安ともいわれています。しかし、筋力や体格は個人差がありますから、必ず10kgまで大丈夫というわけでもありません。

重さよりも「おなかの張りや痛み」を判断基準にした方がいいです。たとえ10kg以下でもおなかに張りや痛みがある場合は、その時点で引っ越しの作業や重いものを持つのは中止しましょう。症状が治まるまでは安静にしてください。

妊娠した時の重いものの持ち方

手でぶら下げるような持ち方であれば、片手で6〜7kgほど持っても問題ないという説もあります。

つまり買い物袋を腕にかけたり、手で持ったりする方法であれば、ある程度の重さは問題ないのです。

問題なのは持ち方です。いわゆる腰に負担のかける持ち方がよくないのです。例えばお米、ビールケース、引っ越しのダンボールなど、抱えて運ぶものは前述した10kg以下だとしても避けた方がいいといわれています。

また電車に乗ったら、吊り棚にモノを置く人がいると思います。妊婦にこの動きはあまりよくありません。重いものを高いところにあげたり、おろしたりというのも、腰やおなかに負担をかける行為です。

荷物は高いところにあげずに、足元に置くようにしましょう。また、家でどこか高いところに重いものをあげる必要のある時は、自分以外の人に頼むようにします。

基本的に日々の買い物で、手でぶら下げる、肩にかける、腕にかけるような方法であれば、多少重たくても、妊婦でも十分持つことは可能です。でも怖いのは転倒することです。買い物の際は転倒に気を付けてください。

妊娠したら重いものを持たない生活をするためには?

一番便利なのはネット通販です。最近はネットスーパーの数も増えて、サービスも充実してきました。折り込みチラシにある店頭価格と同じ金額でネットでも購入することができるスーパーもあります。また店頭で購入して、それを家まで送ってくれるサービスをしているスーパーもあります。店頭で購入した商品を配送するサービスは、生鮮食品とかの配送は難しいそうですが、水、ペットボトル、米、トイレットペーパー、おむつなどかさばって重たいものを購入したときに利用すると便利です。

ネットスーパーも、店頭で配送を依頼した場合も、送料がかかりますが、一定金額購入すると送料が割引になったり、無料になったりするので、まとめ買いがお得です。

また昔ながらの生協の宅配なども利用してもいいと思います。ネットスーパーと比べると少々お値段は張りますが、その分品質が良かったり、妊婦や小さい子供のいる家には送料を割引するサービスもあります。

主人が仕事に忙しくて、買い物に一緒に行けないという妊婦さんは一度こういうサービスを検討してください。

妊娠中に上の子供を抱っこしても平気?

上の子を抱っこするとなると、抱え込むようになります。また子供の年齢によっては、10kgを超えている子もいるでしょう。

そうすると前述した妊娠中に持ってはいけない重さと方法ですから、「上の子は抱っこできない」事になってしまいます。

でも、妊娠中ずっと上の子を抱っこしない訳にはいきません。子供は大人の雰囲気に敏感ですから、中には赤ちゃん返りをしてしまい、やたら抱っこせがむようになる子もいます。

下手に抱っこを断れば、上の子に心が傷つくのではと心配するママもいるでしょう。

しかし無理は禁物です。やはり、上の子を抱き上げるというのは、結構腰やおなかに負担がありますから、おなかが張るようなら抱っこは中止しましょう。

ここは発想を転換して、抱っこだけがスキンシップの手段と考えず他の手段で子供の心を満たしてあげましょう。

「抱っこ〜」と言われても、抱き上げなくても、抱きしめるだけでも上の子はママとスキンシップすることができます。出来るだけおなかに負担のかからない方法で、上の子とスキンシップをとりましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ