妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

   

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場所です。

出産を控えた妊婦さんは勿論、デリケートゾーンの異変、そして子宮や卵巣といった女性特有の内部の病気の治療とその早期発見のためにも、避けては通れない場所です。

しかし、婦人科/産婦人科で行われる検査、中でも”内診”に関して、痛い、不快、なにより恥ずかしいといったイメージがあるため、自分から足を運べる女性が少ないのが現実です。

実際、こうした検査はどうして必要なのか、まずはその点から見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



婦人科・産婦人科の検査は痛い? 恐怖から受診できない人も多数

特に病院が嫌いではない、という女性であっても、それが婦人科や産婦人科となると話は別で、”何か”がない限りは自分から受診しようと思わない人がほとんどではないでしょうか?

それも、ここで行われる検査である”内診”が、最大の理由でしょう。
 

内診とは、膣内に医師の手およびエコー器具などを挿入し、婦人科系器官(膣、子宮、卵巣)などの病気を調べるものです。

れっきとした、必要不可欠な治療ではありますが、医師とは言え他人の前で足を広げ、デリケートゾーンを診察されるという、女性にとって肉体的・精神的な苦痛を伴う人がほとんどです。

しかも特に若い女性の場合、どんなに必要性を説かれても、理性では理解できても感情が追いつかないものです。
 

しかし、そんな女性にとって不快な検査でも、絶対に通れないのは何故かといえば、答えは簡単です。

内診があるからこそ、婦人科系器官の異変に気付けますし、より安全な出産が出来るからです。

逆に内診を怖がって、異変を感じつつも産婦人科を避けていた結果、病気に運ばれた時には既に手遅れだった――というケースが、決して少なくないのです。

痛いと評判の産婦人科の内診 実際はどんな検査なのか

そんな婦人科・産婦人科で行われる内診ですが、実際にはどんな流れで行われるものなのでしょうか。
 

まず、問診票に記入した後、大抵の場合尿検査が行われます。

この尿検査により、妊娠の有無、細菌感染の有無、そしてその他のホルモンの検査に用いられます。(検査項目は、問診票や医師との問診、それに来院理由などにより変わることがあります)

そして医師と面談しての問診の後、必要であれば血液検査があり、その後、内診が行われることになります。
 

内診は、内診台という、女性の体に一番負担のない姿勢を保てる椅子状の検査台で行われます。

消毒し、かつ使い捨てのゴム手袋を付けた上で、医師が膣内に指を入れ、膣内の触診(指で変質している箇所がないかを調べること)、そして内部と外から腹部を押し、子宮や卵巣の腫れの有無を調べます。

尿検査で妊娠が確認されたり、問診によりその可能性があることが分かっている時には、腹部の圧迫は行われません。
 

そして、膣鏡で広げつつ、棒状のエコー器具を挿入し、子宮と卵巣、卵管などのエコー検査や、柄の長い綿棒で子宮口(子宮と膣の境目にあたる器官)の細胞や膣内のを採取し、がんなどの病気がないかを調べる細胞診が行われます。

産婦人科での痛い検査も疾患の時のリスクとは比べ物にならない

内診の内容、どの部分でも、痛みを感じる人は少なからず存在します。

勿論、使用される器具には、潤滑剤が使われますし、膣鏡なども女性の体のサイズに合わせたものが使用されますから、痛みが少ないように工夫はされています。

ですが膣内は、女性ならば分かる通り、とてもデリケートな器官ですから、そこを「グリグリ」と押されたり、内部をくまなく触られる、綿棒で内部を擦られるため、痛みや不快感を感じない人の方が少数です。
 

ただ、実際に細胞などを採取して検査しなければ、細菌感染や子宮頸がんの判断は出来ません。

酷い生理痛が起きる原因が何なのかを知るためには、腹部の圧迫で腫れなどの異変がないかは分かりませんし、妊娠の可能性がある時にも、異常妊娠が起きていないか、胎児の状態はどうかなど、経膣でなければ詳しく分かりません。
 

つまり、産科/産婦人科での検査の痛みは、何かしらの疾患に罹った時のリスクを考えれば、嫌でも受け入れる必要があるものだと言えるのです。

内診の痛みを少しでも軽減する方法はある?

それでも、痛みは少ないに越したことがありませんが、痛みを軽減する方法はあります。

それは何かというと『内診を受ける時にリラックスして力を抜く』ことです。
 

言うのは簡単、しかし、受ける検査の内容を考えれば、とてもではありませんが、リラックスなど出来ない!と思うでしょう。

時には羞恥心も加わり、内診を受けている最中に失神してしまった、という話もあるほどです。

ただ本当に、体に力が入ってしまうと、膣内にもその力が伝わり、余計に触診や器具の挿入で痛みを感じることになりますし、検査中に膣内に傷が付く可能性もあります。
 

ですから、内診を受ける前には、医師に対して内診が怖いと思っていることを、まず伝えておくといいでしょう。

女性医師のみの医院を探したり、担当を女性医師にしたいと、受付の時点で伝えることも、有効です。

そうした患者の意見は、医師側にとっても先に伝えてもらったほうがありがたいものですから、是非、覚えておきましょう。
 

他にも、検査中には目を瞑らない(目を瞑ると逆に他の感覚が鋭くなり、恐怖が増してしまう)、意識して大きく深呼吸を繰り返す、痛みを感じた時にはその時点で伝える等が、痛みを軽減する手段です。

婦人科/産婦人科の検査は女性の健康を守るための唯一の手段

最後に、婦人科/産婦人科での検査を受ける前に、気をつけておくべきことを見ておきましょう。
 

受診前にシャワーを浴びるなどして、デリケートゾーンを清潔にしておく。

ただし、ビデなどで膣内の洗浄を行うと、正しい検査が出来ないので、外側のみに留めましょう。
 

お化粧は控えめにし、マニキュアは落とす

女性に多い貧血などの症状を顔色や爪の色で確認することもあるので、控えたほうが無難です。
 

着替えやすい服装にする

 ワンピース等は検査がしにくくなりますので、脱ぎやすいスカートやパンツ、そして下着にしておくといいでしょう。
 

生理周期を把握する

少なくとも、ここ3ヶ月分の生理開始日と終了日、そして生理の出血量などをメモしておくといいでしょう。
 

前日の性交渉は控える

正しい結果が出ないことがありますから、これは控えましょう。
 

検査が恥ずかしい、怖い、痛いのは嫌。

そうした気持ちを持つのは十分理解できます。

しかし、女性としての健康を守るためには、こうした検査が必要不可欠です。

是非、内診への恐怖を和らげ、自分の健康を守るため、定期的な検査を受けるようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 産婦人科のお話し

ページ
上部へ