妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃん布団は種類が多い!そんなママへ布団を敷く順番をご紹介

      2017/10/11

赤ちゃん布団は種類が多い!そんなママへ布団を敷く順番をご紹介

まだ生まれたばかりの赤ちゃんをお持ちのママさんや、これから生まれる赤ちゃんのために準備をしているママさん、赤ちゃん布団の敷く順番に悩んだことはありませんか?

赤ちゃんの布団の種類はたくさんあります。
どの順番に敷けばいいのか難しいですよね。

ここでは、赤ちゃんの正確な布団の敷き方の順番をご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


赤ちゃんの布団の敷く順番とは?

赤ちゃんの布団を敷く順番をご紹介します。

1、カタワタ(敷布団)

敷布団は固めのものを選びましょう。
まだ寝返りのできない赤ちゃんには固めの敷布団が安全です。

2、防水シーツ

大きめのものを選びましょう。
生まれたばかりの頃は良いですが、少しずつ大きく成長するにつれて動くようになるのでずれてしまいます。
布団に合ったサイズかそれより少し大きめを選ぶと良いでしょう。

3、キルトパッド

夏でも冬でも1年を通して使える素材のものが良いでしょう。
まだ赤ちゃんは体温調整がうまくできないので、冬は毛布を一枚挟んであげましょう。

4、フィッティングシーツ

大きめのものを選びましょう。
このフィッティングシーツで全体を包み込むことで、ずれないようにすることができます。

5、掛け布団

掛け布団は夏はタオルケットのような薄地のもの、冬は毛布を挟み風邪を引かせないように調整しましょう。

一般的な赤ちゃん布団の敷き方はこのような順番になります。

赤ちゃん布団にキルトパッドは必要?順番は?

赤ちゃんのお布団を準備する上で、「キルトパッドって必要なの?」と思うママさんも多いと思います。

赤ちゃんは、大人の2〜3倍も汗をかきます。
キルトパッドは吸湿性が良く、汗やおしっこの湿気から赤ちゃんを守ってくれます。

まだ自分で動くことのできない赤ちゃんは、1日の大半をお布団の上で過ごすので吸湿性は赤ちゃんにとって欠かせないポイントとなります!

吸湿性が良くないシーツは、汗やおしっこの湿気でむれて気持ち悪くて赤ちゃんが泣いてしまったり、デリケートな赤ちゃんの肌に汗疹ができてしまう恐れがあります。

このような理由から、赤ちゃんが少しでも快適に過ごせるようにするには、キルトパッドは必要と言えるでしょう。

また、中綿が入ったキルティング加工のものなら保湿性も優れているので体温調整が難しい赤ちゃんにとってはとても良い商品でしょう。

赤ちゃん布団に防水シーツは必要?順番は?

防水シーツは、裏面に防水加工(ポリウレタンコーティング)がしてあります。
防水シーツは一般的に敷布団の上に敷きます。

赤ちゃんの汗や湿気を敷布団に浸透させないようにしてくれます。
大人より汗をかく赤ちゃんにとって、防水シーツはとても重要な役割をしてくれるということですね。

注意点としましては、防水シーツは湿気を浸透させないようにするものなので、防水シーツだけの使用ですと蒸れてしまいます。
蒸れると赤ちゃんの汗疹の原因になってしまいます。
そのため、キルトパッドとの併用をおすすめしています。

また、オムツをしていてもおしっこやうんちが漏れてしまったなんてことありますよね?
防水シーツがあれば、敷布団に浸透することを防げるので防水シーツを洗うだけで済みます。

このような理由から、防水シーツは必要と言えるでしょう。

ベビーベッドは必要?布団の方が良い?

ベビーベッドは使う派と使わない派に分かれると思います。

使ってみて不便と感じて使わなくなってしまった方や、出産後、必要と感じて買い足した方など様々です。

使ってみて不便と感じた方は、「赤ちゃんが夜中ちょこちょこ起きるため添い乳をしながら寝たい」や「隣にママがいないと赤ちゃんが寝てくれない」などの意見があります。

出産後、必要と感じて買い足した方は、「上の子が赤ちゃんを踏んでしまいそうで怖い」や「ペットの毛が気になりだした」などの意見があります。

また、ベビーベッドにはレンタルの物もあります。
ベビーベッドは赤ちゃんが動くようになったら使えなくなりますので、長くても半年程だと思います。

これから準備する方は、決して安い買い物ではないので悩んでる方はレンタルも検討されるといいでしょう。

シーツ類は多めに用意しましょう

赤ちゃんは大人より体温が高いので、その分大人より汗をかきます。

汗やおしっこなどの湿気から赤ちゃんを守ってあげなければいけません。
赤ちゃんに快適に過ごしてもらうため、シーツ類は2〜3枚は用意してこまめに取り替えてあげましょう。

また、布団だけでなく赤ちゃんの着ている肌着も汗をきちんと吸収してくれるものにしましょう。
汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう。

そうすることで、赤ちゃんが快適に過ごせるようになります。

ここまで書いてきましたが、私も赤ちゃんの布団を用意する際、どんな順番で敷けばいいのか分からなくて悩みました。
キルトパッドも防水シーツも種類がたくさんあり過ぎて、どれが赤ちゃんにとって良いものなのか悩みますよね。

こうして赤ちゃんのために悩んでいる時間も大切な時間です。
赤ちゃんが快適に過ごしてくれるように、ママが赤ちゃんにとってベストのものを選んであげましょう!

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ