妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

新生児はデリケート!昼間の部屋の中で最適な居場所をご紹介

   

新生児はデリケート!昼間の部屋の中で最適な居場所をご紹介

待ちに待った赤ちゃんとの生活…でも、新生児はとてもデリケートなので、今までの生活とは一変してきます。

退院してきて昼間の暖かい時間、部屋の中のどこに赤ちゃんを寝かせておけばいいのだろう?と考えることでしょう。陽の当たるところがいいのか、それとも陽の当たらないところがいいのか悩みますよね。

ここでは、昼間に部屋のどこに赤ちゃんの居場所を作ってあげればいいのかを分かりやすくまとめてみました。これからママになる方も今まさに新生児を抱えている方も是非ご覧ください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


新生児の居場所…昼間は暖かくなるので温度に気をつける

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分で体温調節をすることができません。また、新生児のうちは一日の大半を、部屋の中で寝た状態で過ごすことになるので、温度管理はとても大切になってきます。

まず、赤ちゃんがいる部屋の温度として適正な温度はどのくらいなのでしょう。赤ちゃんの適性な温度は18℃〜28℃ほどと言われています。温度の幅があるのは、季節によって少し違うからです。冬は18℃〜22℃くらい、夏は25℃〜28℃くらいがちょうどいいと言われています。

部屋に室温計を置き、暑すぎたり寒すぎたりする場合はエアコンなどを使い赤ちゃんが不快にならないようにしてあげましょう。

また、温度だけではなく湿度にも注意し、乾燥しすぎないようにします。乾燥すると、風邪を引きやすくなることがあります。湿度は40%〜60%を目安に加湿や除湿をしてあげると良いでしょう。

新生児は昼間の居場所として日に当たる場所でもいいの?

新生児はデリケートだから、日にも当てちゃいけないのかな?と考える方もいらっしゃると思います。本当のところはどうなのでしょうか。

昔は生後1ヶ月を過ぎたら日光浴をすすんで行う、ということが母子手帳などにも書かれていましたが、今は紫外線などの影響もあり、推奨されていません。では全く日光浴してはいけないのかというとそうでもありません。

10分〜15分ほど日差しの少ない時間帯の日光浴は逆にメリットもあります。また、黄疸が出ている赤ちゃんの場合は、日に当たるところに寝かせてくださいと言われる場合もあるようです。

では、一日の大半を過ごすベビーベットやベビー布団は、日の当たるところでも大丈夫なのかということに関しては、どちらとも言えないと言えます。少しの時間ならいいかもしれませんが、ずっと当たるところとなると、眩しくて赤ちゃんが寝にくくなることもあります。

カーテンを閉めてあげたりなど、日の当たり具合によって調整してあげることが必要になります。

昼間はベビー布団?ベッド?新生児の居場所はどっちが楽?

昼間はリビングに赤ちゃんを連れてきたいけれど、布団にするかベッドにするかも悩みますよね。ベッドと布団それぞれのメリットデメリットを見てみましょう。

ベッドのメリット

  • 柵があるのでちょっと目を離す時も安心
  • 安全な場所に置いておける

ベッドのデメリット

  • 場所をとる
  • 使い終わってから保管場所が困る

布団のメリット

  • 持ち運べて移動が簡単
  • 場所をとらず収納もしやすい

布団のデメリット

  • 床と近いので汚れやすい
  • ペットや小さい子供がいると危ない

などがあります。

両者ともメリットデメリットがあるので、一概にどちらがいいとはいえません。しかし、アパートや集合住宅に住んでいる方は布団、ペットを飼っていたり部屋に広く場所を取れる方はベッドを買っている方が多いようです。

住んでいる環境や場所によって、どちらにするか決めるのが一番いいのかもしれません。

新生児と過ごす部屋はママもお世話しやすい環境に

赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作るのも大事ですが、さらにパパやママもお世話のしやすい環境にすると過ごしやすいかもしれません。

たとえば、夜寝る時は寝室に赤ちゃんを連れていき、昼間はリビングへ連れていくことができます。リビングに寝かせておく時は、周りに危ないものを置かないことも気をつけましょう。まだ動かないからと思っていても、赤ちゃんは手足の力が思いのほか強いこともあるので、周りには何も置かないのがベストと言えるでしょう。

また、お世話グッズをまとめて置いておくと、オムツ交換などがスムーズにできるかもしれません。この時に、使ったビニール袋などを赤ちゃんの近くに置いたままにすると、窒息してしまうこともあるので気をつけましょう。

またオムツ交換などで、腰に負担があるという方は、ソファで行うこともできます。オムツ交換をした後、そのまま寝かせていると落ちてしまうこともあるので気をつけましょう。

一か月しかない新生児との生活を楽しみましょう

「新生児」と呼ばれる時期は、生まれてからたった1ヶ月しかありません。大変なことも多いと思いますが、ぜひ楽しく過ごしていきたいものです。

デリケートな新生児ですので、どのような居場所を作ってあげるにせよ、まず第一に「ママの目が届くところ」というのを忘れないようにしてあげてください。

少し目を離した隙に怪我をしたり、落ちてしまったりなどということがあるかもしれません。また、周りにあるもので窒息してしまったりなどと大人が想定すること以上に気をつける必要があります。

布団やベッドの赤ちゃんがいるスペースの近くには物を置かずに、適正な温度や湿度で、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。

エアコンで設定している温度であっても、たまに赤ちゃんの手足を触ってあげたり、様子を見てあげ、布団を掛けたり薄手のものに変えたりなど対応してあげるといいでしょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ