妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

1歳半で言葉が出ないのが心配!そんなママの言葉の教え方

      2017/10/11

1歳半で言葉が出ないのが心配!そんなママの言葉の教え方

子どもの言葉の発達には、子どもそれぞれ個人差があるということは分かっていても、1歳半になってもまだ言葉が出てこないと、心配になってしまうママもいますよね?

また、1歳半検診までには何個かの単語を覚えさせないと!と焦ってしまうママもいるかもしれません。

そんなママに、1歳の子への効果的な言葉の教え方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


1歳〜1歳半向けの絵本を使っての言葉の教え方

あなたはお子さんに絵本を読んであげているでしょうか?意味は理解していない0歳の頃から読んであげているよ!という方も多くいらっしゃるかもしれません。絵本を読むことは子どもの脳の発達にとても役に立ちます。そして、言葉を覚えるのにも効果的なのです。

絵本を読み、言葉の言い回しをママは覚えると良いでしょう。例えば絵本に「くろくろ ありさん てくてくてくてく」と書いてあったとします。この言葉の言い回しを覚えて、他の絵本でありさんを見つけたら言ってみたり、お散歩をしていてありさんを見かけた時に言うのもいいかもしれません。

そうすることによって、子どもは少しずつ言い回しを覚えていきます。それを続けることによって、お子さんの言葉が増えてくることでしょう。

絵本を選ぶ際は、月齢にあったもの、また季節にあったものを選ぶといいかもしれませんね。

1歳半の子どもには…行動や気持ちを言葉で代弁してあげる教え方

1歳半くらいになると、こちらの言うことはある程度理解し始めてくる子が多くなってきます。ですから、子どもが行なっている行動などに対して、気持ちやその行動を言葉で表して声掛けしてあげるのもとても効果的な方法です。

目を擦って眠そうにしている時には「眠くなってきたかな〜」「そろそろねんねかな〜」などと声掛けをすると良いでしょう。また、ジャンプをしている時には「ぴょんぴょんしてるね〜」「楽しいね〜」「なにか嬉しいことがあったのかな〜」などと声掛けするのが良いかもしれませんね。そうすると子どもは、こういう時はこの言葉なんだ!と少しずつ理解してくれるでしょう。

その時の子どもの様子に応じて、擬音語を使ったり、気持ちを表した言葉を使ってあげるのはとても役に立ちます。あまり、このような声掛けはしたことないというママはぜひやってみてください。

1歳半の子どもにも!我が子の言葉の発達に合わせた教え方

1歳半と言っても、言葉の発達はその子によって違うかもしれません。自分の子どもに合った教え方として「語りかけ」育児が提唱されています。

「語りかけ」育児の方法としては、一日の少しの時間、テレビなどを消してお子さんと向き合ってお話をする時間を取ることが大切になってきます。お子さんと向き合って、『ゆっくり話す』『大切なことは繰り返して言う』『音楽にのせて、子どもが耳に入ってきやすいようにする』などをするという方法です。

『大切なことは繰り返して言う』ということに関しては、そのまま単語を繰り返す方法が1番わかりやすいかもしれません。「いい子〜いい子〜」と子どもの頭を撫でてあげると、子どもも覚えてぬいぐるみなどに「いい子〜いい子〜」とするようになるでしょう。

それができるようになったら、今度は2語話すことができるように、「〇〇くん、いい子だね〜」と話すといいでしょう。2語話せるようになったら、3語、または2文にするなど増やしていきます。そのように言葉を繰り返し増やしていくことで、すんなりと子どもは受け入れて話すことができるようになります。

集まりなど大勢の人の中で言葉を覚える

普段、なかなか他人と接することがないというママも多くいるのではないでしょうか。そんなママは、息抜きがてら地元で開催されるママ会や交流会に足を運ぶのも、子どもが言葉を覚えるひとつの方法となります。

ママが一生懸命話しかけていても、なかなか子どもが話してくれないと嫌になってしまうこともありますよね。そんな時に、ママの息抜きも兼ねてママ友と会ってみたり、地元のママ会に行ってみてはいかがでしょうか。

同じくらいの歳、月齢の子と触れ合うことで、お子さんにもとてもいい刺激になるはずです。お正月やお盆休みで、実家に帰ってたくさんの人と接したら、いきなりいっぱい話すようになったということや、地域のママ会に参加したら自分もスッキリしたし、周りの子に感化されたのか子どもが話そうとするようになったなどということも多くあります。

自分だけでは行き詰まってしまった時、周りの方に頼ってみるのもいい方法かもしれません。

1歳半で話せなくても焦る必要は無い!

1歳半検診で言葉のところがひっかかった、などと耳にしますが、決してそれで焦る必要はありません。言葉の発達には本当に個人差があります。

私の上の子は、3歳まで1語しか話しませんでした。もちろん、話しかけたり絵本を読んだりはしていましたが、本人に話す気が全くなかったらしく…しかし、3歳の誕生日を迎えた次の日からいきなり3語、2文を話すようになりました。今では小学生ですが、全く問題なく話します。

でも、絵本を読んだり、語りかけをしてきたおかげで、子どもの頭の中にはきちんと蓄積されていたんだなと思いました。やってなかったらもしかしたら未だに赤ちゃん言葉抜けてなかったかも…なんてたまに思います。

ママが焦ってしまうと子どももなにか急かされていると感じてしまうかもしれません。焦ってしまう気持ちも分かりますが、大きくどんと構えてあげてください。そして、いっぱい話してあげてください。子どもはちゃんと聞いています。

1歳半の子に理解させるのは難しいと思うかもしれませんが、だいたいの言葉の理解はしているはずです。理解していればきっとすぐ話します。ママが信じて見守ってあげてくださいね。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ