ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

生後8か月の赤ちゃんが熱を出しやすい理由と対処法

2017.9.26

生後8か月の頃になると急に赤ちゃんが熱を出してしまうので心配になるかもしれませんが、成長する過程においては熱が出ることは仕方がないことです。

熱が出てもしっかりと対処すれば問題ないですし、だんだんと抵抗力もついてくるので、熱を出す頻度も少なくなっていくでしょう。

なせ生後8か月の赤ちゃんが熱を出しやすいのでしょうか。

 

生後8ヶ月の赤ちゃんが熱を出すのは免疫力がないから

生後8か月の赤ちゃんが熱を出してしまうのは、免疫力がないことが要因となっています。

赤ちゃんはお腹の中にいる時には母親の免疫力を持っていますが、生まれてきてからも少しの間は母親の免疫力を持っています。

しかし生後6ヶ月頃からだんだんと母親からもらった免疫力もなくなってくるので、生後8ヶ月になると無防備な状態と言えるでしょう。

免疫力があればちょっとしたウイルスが体内に侵入しても、戦って倒すことができますが、無防備な赤ちゃんはすぐに熱が出てしまいます。

ウイルスは実に多くの種類があるので、体内にウイルスが入りこむことによって、体が反応して熱を出してしまいます。

熱が出ることはウイルスと戦っている証拠でもあるので、赤ちゃんの成長には欠かせないことです。

8ヶ月頃には赤ちゃんもいろいろな物に興味を持つので、知らぬ間にウイルスが体内に入ってしまっているのでしょう。

免疫力がないので熱が出ることは仕方がないので、しっかりとケアをしてあげましょう。

生後8か月の赤ちゃんが熱を出した時には抗体を作っている

生後8ヶ月の頃になると母親からもらった免疫効果もなくなっているので、無防備な状態と言えます。

この時にウイルスに感染することで赤ちゃんが熱を出してしまいますが、次第に熱を出すことも少なくなっていきます。

これはウイルスに対する抗体を自分の体で作ろうとしているので、赤ちゃんが熱を出すことはウイルスと戦っていると言えます。

ウイルスが体の中に入り込むことによって、ウイルスと戦いますが、この時に熱が出てしまいます。

そしてウイルスに勝つことができると免疫力がついて熱が下がり、次に同じウイルスが体内に入っても、免疫力があるので症状も軽くて済みます。

生後8ヶ月では免疫力がまったくない状態なので、ウイルスが体内に入り込むたびに反応して熱が出てしまいます。

これは戦っている証でもあるので、打ち勝つことができるほど免疫力もついて強い体になっていきます。

生後8ヶ月の赤ちゃんでは抗体がないので熱を出しやすい

生後8か月の赤ちゃんが熱を出す理由はウイルスと戦っているので、抗体がない赤ちゃんは熱を出しやすくなります。

ウイルスと言っても実に何万種類とありますが、日常生活の中でもウイルスや細菌に関しては何百種類といます。

ウイルスと聞けば風邪を連想する人が多いですが、いつどこにウイルスがいるかは分かりません。

そのた体にそれぞれのウイルスが入り込んだ時には、自分に害があると思うとウイルスを退治しようとして熱が出てきます。

体温を上げることでウイルスを退治することができるので、熱が出ることは自分の体を守ろうとしている証でもあります。

抗体があれば症状も軽くて済みますし、まったく影響がなくなることもあります。

しかし8ヶ月の赤ちゃんでは抗体は全くない状態なので、少しずつウイルスを戦って抗体を身につけていくしかありません。

赤ちゃんが熱を出しやすくなるのは生後6ヶ月を過ぎてから

赤ちゃんは熱を出しやすいというイメージがありますが、大体熱が出やすくなるのは生後半年してからが多いです。

これは生まれた頃には母親の免疫力が体内に残っているので、大抵のウイルスに対して免疫効果があります。

もちろん清潔な環境にいることが大切ですが、母親の免疫力があるからこそ、あまり熱を出さないことも多いです。

しかし半年ほど過ぎてくると免疫効果が薄れてくるので、自分で免疫力をつけなければなりません。

生後8ヶ月になると免疫力は全くないため、ウイルスが体内に侵入して敵だと判断すれば、その都度熱を出して戦うようになります。

生後8か月の赤ちゃんは動きまわって知らぬ間にウイルスに感染することもあるので、熱を出しやすくなってしまいます。

生後半年を過ぎる頃から気を遣っていても、ウイルスは目に見えないので防ぐことは難しいですが、赤ちゃんの成長には大切なことなので気にしないようにしましょう。

赤ちゃんが熱を出すのは抗体と戦っている証

生後8か月の赤ちゃんが熱を出すのは、ウイルスに対する抵抗力がないので、体の中でウイルスと戦っている証拠です。

このウイルスとの戦いに勝つことによってだんだんと熱も下がり、次に同じウイルスが体内に入っても、症状が軽くて済むようになります。

大人になるまでには誰でも熱を出しながら抗体を作ってきているので、赤ちゃんの頃からウイルスとの戦いは始まっています。

成長するためには熱を出すことは仕方がないことなので、赤ちゃんの体調が悪くならないようにしっかりとケアをしてあげましょう。

抵抗力の弱い赤ちゃんは熱が出てしまうとより抵抗力が弱ってしまうので、他のウイルスや細菌などとは同時に戦うのは大変です。

身の回りには多くのウイルスや細菌が蔓延しているので、熱が出た時にはしっかりとケアしてあげることが大切です。

しっかりと熱も下がって元気になれば、また赤ちゃんの成長を実感することができるはずです。

 - 赤ちゃん・子供の病気