ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

2017.8.18

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミルクを飲む量によって体重や身長に大きな差が出てしまします。

個人差があって体重が増えない時に問題がなければいいのですが、やはりすくすく成長して欲しいと思うので、体重が増えない時には不安になってしまいます。

そこで生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない時の要因と対策について紹介します。


生後2ヶ月で体重が平均より増えないことはよくある

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因としては、この頃の赤ちゃんは成長に差が出始める時期でもあることを知っておく必要があります。

生後2ヶ月の赤ちゃんの平均的な体重としては、4200グラムから6700グラムか平均とされています。

これはあくまでも平均的な体重なので、参考程度しておかなければなりません。

なぜなら赤ちゃんの体重は1日に約30グラムずつ増えていると言われています。

平均的な体重よりも少ないからと言って不安になることはありませんが、しっかり見なければいけないのが体重が増えているかということです。

成長過程は個人差があるりますが、体重が軽くても少しずつ増えていれば問題ありません。

10日で300グラム増えるとなれば微々たるものかもしれませんし、授乳回数はおしっこの回数でも体重の増え方が変わってきます。

少しずつ増えていることが確認できれば問題ないので、体重が増えなくても個人差があると思って様子を見ることも必要です。

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない時は授乳回数を増やす

生後2ヶ月の赤ちゃんは成長に差が出始める頃ですが、あきらかに体重が増えないようならば授乳の回数を増やしてみましょう。

この頃の栄養は授乳に頼っているので、授乳の回数が多くなるほど成長しやすくなります。

体重が増えない要因としては授乳回数が少ないか、もしくは1回の授乳が少ないことが考えられます。

1回にたくさん飲めなかったり少し飲んで寝てしまうようならば、栄養が少ないままなのかもしれません。

3時間ごとに授乳をして回数を増やしたり、欲しがる時には何回でも授乳することによって、栄養をたっぷり蓄えることができます。

赤ちゃんの頃はたくさんの栄養を摂らせた方がいいので、たくさんミルクを欲しがるならどんどん与えることも大切です。

授乳回数を増やすことによって体重が少しずつ増えていくはずなので、嫌がらずに飲むようならばどんどん飲ませてあげましょう。

生後2ヶ月で体重が増えない時はミルクやお乳の飲み方などをチェックする

赤ちゃんの体重が増えない時には、授乳回数だけでなく飲み方をしっかりとチェックしておくことも大切です。

生後2ヶ月の赤ちゃんは欲しがるだけ授乳してミルクを与えますが、1回の授乳でたくさん飲むこともあれば、少ない時もあります。

少ないまま授乳回数を守っていれば営業が不足してしまうので、毎回しっかりとたくさん飲んでくれているかをチェックしましょう。

完全母乳や粉ミルクを併用するなど人によって様々ですが、粉ミルクならば飲む量をしっかりチェックすることができます。

赤ちゃんが欲しがる時はたくさんあげますが、嫌がったり吐いてしまう時は無理に飲ませる訳にはいきません。

そのまま寝てしまうこともあるので、少ない量の時は次に少しお薄を見ながら多めに与えるようにしましょう。

赤ちゃんが自分からたくさん飲んでくれていれば問題ないので、欲しがるだけたくさん与えるようにしましょう。

体重が増えない要因はたくさんあるので看護師に相談する

生後2ヶ月の赤ちゃんのはたくさんミルクを飲むほど体重が増えるので、体重が増えない時には栄養不足が考えれます。

赤ちゃんにたくさん飲ませているつもりでもしっかり飲んでいないからこそ、体重が増えないので看護師や医師に相談してみるのも大切です。

たとえば夜中に赤ちゃんがぐっすり眠っていれば、夜泣きもなくて快適に思ってしまいます。

しかしこの時期の赤ちゃんは夜中でも授乳が必要なので、おむつを変えながら起こした時に授乳してあげるなどの対応が必要です。

赤ちゃんが寝ているからといってミルクを与えなければ、それだけ栄養が不足してしまいます。

自分では正しいと思っていたことが実は違っていることもあるので、悩まずに素直に相談してみましょう。

1日の授乳回数は10回以上を目安にすることによって、栄養不足を解消することができるはずです。

赤ちゃんの体重は変動しやすいのでしっかりと見守ることが大切

赤ちゃんの成長はそれぞれなので、体重が増えないと不安に思うことはありません。

しかし生後2ヶ月の赤ちゃんの場合には、たくさんミルクを与えることしかできないので、栄養が不足していると感じた時は授乳回数を増やすことが大切です。

基本は赤ちゃんが欲しがるだけたっぷり与えることによって、すくすく成長してくれるはずです。

この頃は夜泣きもするので大変な時期ですが、1日に10回以上は授乳させるようにしましょう。

たくさんミルクを与えても体質で体重が増えにくかったり、よく動くことでエネルギーを消費してしまって体重が増えないこともあります。

まったく体重が増えないとなれば問題ですが、成長スピードが遅い程度ならばある程度様子を見ながらで大丈夫でしょう。

赤ちゃんは体重が変動しやすいですが、しっかりとミルクを飲んでいるかをチェックして、後はたっぷり欲しいだけミルクを与えて様子をみましょう。

 - 子育てのお悩み