妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

   

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、子育ても大変になってきます。

食事も離乳食から普通職に変わり始める頃でもありますし、運動量も格段に多くなっていく時期でもあります。

そんな時期に体重が増えすぎると不安になりますが、1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいことを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



1歳3ヶ月で体重が増えすぎても食べる楽しさを教えることが大切

1歳3ヶ月になった時に赤ちゃんの体重が増えすぎだと感じた時には、食事量を減らそうと考えてしまうかもしれません。

平均体重としては9kgから10kgとなりますが、結論から言えば体重が増えても気にする必要はありません。

この時期になると離乳食から普通食に切り替わる頃なので、たくさん食べることは良いことです。

もしも普通食に変えた時に食べるのをぐずったりすれば、それこそ栄養不足になるので心配になってしまいます。

体重が増えたことで食事量を減らそうと考えるかもしれませんが、きっちりと毎回食事を食べてくれるとは限りません。

食事を嫌がったりすることもあるので、食べない時間が長くなる方が心配が増えてしまいます。

また食事量を変に調整しようとした時に、前回食べなかったから今回はたくさん食べさせようとすれば、無理やり食べさせると食事をするのが嫌になってしまいます。

食べるのが楽しいと思ってくれるように食べさせることの方が大切なので、体重が増えても気にすることなくたくさん食べさせましょう。

1歳3ヶ月では体重が増えすぎても食べ物による体重変化の可能性あり

1歳3ヶ月の頃になると離乳食から普通職に変わる時期でもあるので、体重が増えすぎても仕方がない時期でもあります。

離乳食に比べれば普通食の方が食べ応えがあるので、楽しく食べることを覚えさせたい時期でもあります。

自分で食べることを覚えるので、食べるのが楽しいと思ってくれるように食べさせることができれば、たくさん栄養を摂ることができるでしょう。

成長するに従って食事量が増えるのは当然ですが、赤ちゃんが食べたがっているのに食事を制限する必要はありません。

赤ちゃんが食べたいと思った時にたくさん食べてくれた方が、すくすくと育ってくれるので嬉しく思えます。

毎回しっかりと食事をしてくれるとは限らないので、食べてくれる時にすきなだけ食べさせた方が、食べることに関心を持つようになります。

無理やり食べさせるのではなく、自分から食べたいと思った時には赤ちゃんに任せて食べさせましょう。

1歳3ヶ月で体重が増えすぎるのは運動量による個人差

赤ちゃんの体重が増えすぎてきた時には、食事量だけの問題ではないかもしれません。

1歳3ヶ月になると動くようになるので、目を離すことはできなくなってきます。

起きている時間は常に動き回るようになりますが、安定した生活リズムで生活することが大切です。

例えば毎日のお昼寝の時間は13時に決めておき、お風呂の時間は18時にするなどの生活リズムを決めておきましょう。

毎日の生活リズムが安定するとぐっすりと眠ることができるようになるので、起きている時間はより活発に活動することができます。

生活リズムが崩れると夜泣きを起こしたりするので、運動するよりも泣いたりかんしゃくを起こすようになってしまいます。

運動することが少なくなればエネルギー消費も少なくなりますし、食事量が同じならば体重は増えすぎてしまいます。

生活リズムが安定して活発に動いているのに体重が増えすぎていても、元気に育っているので気にせずたくさん食べさえても問題はありません。

いろいろな物に興味を持たせて楽しんでもらう

赤ちゃんの成長は目覚ましいものですが、1歳3ヶ月の頃になるとだんだんと自我が目覚めてくるので、いろいろな物に興味を持つようになります。

何とかマネをしようとしたり自分の気持ちを伝えようとするなど、いろいろな感情が芽生えてくることです。

この頃になるとしつけをする時期にもなりますが、できるだけいろいろな物に興味を持たせるようにすることが大切です。

いろいろな物に興味を持つようになると何でも触ろうとするので、体を動かすようになります。

いつも同じことばかりでは興味を持つことが少なくなるので、体を動かす機会も少なくなるので体重が増えすぎてしまう可能性もあります。

できるだけ多くの物に興味を持たせるように外に出掛けたりすることで、自然と体を動かすようになります。

体を動かすことが多くなれば体重も安定するので、どんどん遊ばせるようにしましょう。

いろいろな経験をさせることが大切なので体重は気にしない

1歳3ヶ月で平均体重よりも増えすぎていることに悩むよりも、いかにたくさん動いてもらって、たくさん食べてもらうかを考えるようにしましょう。

離乳食から普通食に変わる時期でもありますし、自我がだんだんと芽生えてくるのでいろいろな物に興味を持つようになります。

そのため食べることに興味を持つことができれば、普通食もしっかりと食べられるので、栄養もしっかり摂ることができます。

またいろいろなことに興味を持つようになれば、何でも触ろうとするので自分から動こうとします。

すると運動量も増えていくので、太り過ぎていても問題はないでしょう。

生活リズムが安定すれば赤ちゃんも活発に活動するようになるので、体重が増えていても気にする必要はありません。

1歳3ヶ月になるといろいろな物に興味を持つようになるので、たくさん興味を持って活発に動いてもらいましょう。

元気に育ってくれれば体重が増えても問題ないので、赤ちゃんがすくすく育つことを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ