ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

妊娠中にイライラする!性別による意見の違いを解消する方法とは

2017.8.22

夫婦にとっての願いは子供が元気に生まれてくれることですが、欲を言えば性別の希望をお互いが持っているでしょう。

妊娠中に性別の産み分けなど自分ではできないのに、夫や周囲の人から産み分けを強く希望されるとついイライラすることも多くなります。

そこで妊娠中に性別による意見の違いを解消するための方法を紹介します。


妊娠中に性別の産み分けをしろと言われるとイライラする

妊娠中はとにかく元気に子供が産まれて欲しいと願っているだけですが、性別による希望を言われることもあります。

家業を継いで欲しいので男の子が欲しいと思ったり、子供が男の子ばかりだから今度は女の子を産んで欲しいと言われることもあるでしょう。

もちろんあくまでも希望としていろいろな期待をするのは当然ですが、時には強く要望されることもあります。

特に家を継いだりする時は男の子でなければいけないので、夫だけでなく義両親からも強く要望されることもあるでしょう。

もちろん希望通りに産み分けができればそうしたいところですが、実際にはどうすることもできません。

赤ちゃんが育ってくるほど毎日のように言われることもあるので、だんだんとイライラすることもあります。

性別の希望は聞くが産み分けはできないので、そこは夫に相談をして話し合う必要があります。

性別は妊娠中にイライラすることで産み分けが可能だとも言われる

妊娠中にはただでさえホルモンバランスが崩れている状態なので、イライラすることが多くなります。

ほんの些細なことでもすぐに怒ったり、涙もるくなることもありますが、自分でも不思議なほどどうすることもできません。

出産を経験した人によってはイライラしたり、まったく穏やかに生活をしていたという人もいるので、個人差によって大きく変わるようです。

また噂レベルですが妊娠中にイライラすると、男の子が生まれやすいという人もいるようです。

実際にはまったく関係ないのですが、男の子を出産した人の多くは妊娠中にイライラすることが多かったようです。

性別の判別はエコー検査によって見分けられるようになったので、今では噂に頼ることなく判別することができます。

昔の人はエコー検査で判別できなかったことから、妊娠中のイライラ度によって判別していたのかもしれません。

妊娠中にイライラするのは当然だが性別の判断は難しい

昔の人は妊娠中にイライラすることが多いと、男の子が生まれやすいという迷信を信じていた人もいたようです。

実際には何の根拠もないですが、男女の性別の産み分けはどうすることもできません。

だからこそ子供は天からの授かりものであり、人知の力ではどうすることもできないと言われることが多いのです。

しかし医学の進歩によって性別の産み分けはできませんが、性別を早くから判別することはできるようになりました。

妊娠中は性別の希望を抱く人もいますが、出産間際になると元気に生まれてくれればいいと思うようになります。

もしも夫や義両親から男の子を産めと強く要望されても、結局はどうすることもできないので、聞き流してイライラしないようにするしかありません。

希望と現実をしっかりと夫にも理解をしてもらい、夫婦が協力して出産に臨まなければならないことを理解してもらいましょう。

性別を早く知りたければエコー検査で調べる

妊娠中に性別が分からなくてイライラするようならば、早い時期からエコー検査によって性別を見分けることもできます。

性別による親の希望があるかもしれませんが、産まれるまでどちらか分からないのも楽しみのひとつです。

しかし早い時期から性別が分かっていれば、赤ちゃんの洋服やおもちゃなどを買いそろえておくこともできます。

また将来についての話も性別が分かっていた方が、教育方針を話し合う時もしやすいでしょう。

エコー検査で性別を見分けるのは、一般的には24週目以降に分かることが多いです。

それよりも早い時期に分ることもあれば遅い時期もありますが、赤ちゃんの発育によるものではないので安心してください。

お腹の中にいる赤ちゃんの状態によってはエコー検査で見分けがつかないので、手足などの角度によって判別しにくい時もあります。

早い時期から性別を知りたい時には、エコー検査で調べることを知っておきましょう。

結局は無事に赤ちゃんが産まれればいいと思うのが親の願い

妊娠中にイライラすることが多くなるのはホルモンバランスの乱れによるものなので、仕方のないことだと認識しておきましょう。

ホルモンバランスが乱れると精神的にも不安定になるので、怒るだけでなく急な不安感が押し寄せてくることもあります。

特に子供の性別にこだわりを持っている時は、もしも希望通りに埋めなかったらどうしようという気持ちが強くなっていきます。

もちろん性別の産み分けなどできませんが、できれば希望通りに元気な赤ちゃんを産みたいと思うものです。

性別の産み分けはできなくても結局は、出産が近づくにつれて元気な赤ちゃんが産まれればいいと思います。

親としては元気な赤ちゃんが生まれてくれればいいと思うので、無事に出産を乗り越えて元気な赤ちゃんを産むことだけを考えましょう。

性別の希望があっても結局はどちらでも子供はかわいいので、元気な赤ちゃんが生まれることを願っています。

 - 子育てのお悩み