妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

理想と現実の違い!私が経験した人生で1番辛かった時期

   

理想と現実の違い!私が経験した人生で1番辛かった時期


21歳/主婦

私は昨年の4月中旬(妊娠7週3日)に妊娠が判明し、12月に出産しました。妊娠が判明したとき、旦那と2人で過ごす時間を楽しんで、赤ちゃんを迎える準備もしっかりしよう!と思っていました。

周りの方からも、マタニティライフを楽しんでと言われ、出産までワクワクした気持ちでした。ですが、そんな私の出産までの道のりは険しいものでした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


マタニティライフを楽しんでいたある日

妊娠5ヶ月までは、つわりがありましたが気分転換に散歩をしたり、検診に自分の足で行ったりしていました。しかし、6ヶ月に入った頃の朝でした。

いつもどおり起床し起き上がると、歩けないほどの腹痛。お腹を触ってみると、張っているという感覚が分からない私でも、お腹が張っていると気づくほどの張りでした。

もちろんその日すぐに病院に行きました。診察をしていただくと、即入院、診察室から病室までも車椅子での移動でした。病室について話を聞くと、切迫早産というものでした。

私は体型上、切迫早産になりやすい(細身で骨盤が狭いらしい)です。病室に備えられたトイレまでは歩けますが、病室の外に出るときは車椅子行動、15分以内の決まりがあり、四六時中点滴を繋いでいました。

同じ病室の人は、私と同じ時期から、臨月まで入院が確定している人がほとんどでした。楽しみにしていたマタニティ生活、正常に生まれてきてくれるのだろうかという不安で涙が止まりませんでした。

無事に退院することはできたのだが

奇跡的に、10日の入院で済んだのですが、自宅に帰ってからも検診時以外の外出は禁止、家事も禁止、トイレ以外の行動は禁止でした。夜になると外はお祭りの音や、花火大会の音が聞こえてきたり。

旦那とどこにも出かけてあげられない悲しさ、またいつ入院になってもおかしくない状況、本当に不安でした。さらに、1日4回(6時間おき)の薬の服用がありました。

お腹が張らないようにする薬です。あまり合わなかったのかこの副作用がひどく辛かったです。服用して20分後くらいになると、動悸が始まり、手は震え、苦しいのをひたすら耐えるうちに疲れ、眠る。この繰り返しでした。

この薬は臨月に入るまで毎日でした。今思えば、その生活を乗り越えたからこそ、子供も健康で無事に生まれてきてくれたのだと、感謝さえしています。

切迫早産は決して珍しいものではない

切迫早産は珍しいものではありません。しかし、私のようなマタニティ生活はなるべく送って欲しくない。

楽しいマタニティ生活にして欲しい。そのため私は、妊婦さんには、楽しいことも必要だけど、母子の健康を第1にして、無理せずのんびり過ごしてほしいというようにしています。

今まで辛いことはたくさんありましたが、人生で1番辛い時期でした。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ