妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出は車でOK?NG?車移動の注意点

   

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出は車でOK?NG?車移動の注意点

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する際に、車で移動というのは、OK?NG?

ネットでは色々説がありますから、「結果どうしたらいいの?」と悩んでいるママも多いと思います。生後1ヶ月だと、出来るだけ外気に晒さない方がいい気もするし、逆に車だと「揺さぶられ症候群」が怖い気もするしと悩みが止まりませんよね。

車移動の際の注意点などについてご説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



生後1ヶ月で車で外出はOK?NG?

赤ちゃんによって状態が違いますから、まずは生後一か月検診で、かかりつけの医師に相談してみましょう。先生の考え方によっても違いがあるので、OK出す先生もいれば、NGを出す先生もいるでしょう。

仮にOKだった場合、どのくらいの時間大丈夫かについても確信しておくと安心です。

NGだった場合が問題です。

出来れば、赤ちゃんは車に乗せない方がいいのは間違いありません。ほんの数か月の問題なのですから、日常での事であれば何か他の方法を考えましょう。

しかし、中には法事だったり、親の介護だったり、どうしても車で一時的に移動しなければいけない事もあるでしょう。まずは、それらは自分が子供連れでないといけないかについて一度考えてみる事が大切です。

どうしても選択肢がない場合は、いかにすれば赤ちゃんに負担が少なくて移動できるか考えてみましょう。

生後1ヶ月で車で外出する際の注意点

まずチャイルドシートは必須事項です。後述しますが、「揺さぶられっこ症候群」などがありますから、首の座ってない赤ちゃんは、ママが抱っこしてシートベルトを締めていた方が安全に思えますよね。

でも手で抱えている場合、事故に会えば、その衝撃で下手すると車の外へ吹っ飛んでしまう事もあるのです。だからこそチャイルドシートは大切です。

チャイルドシートにも種類があります。生後月数や、赤ちゃんの体重などに合ったもの使うようにしましょう。よく人からもらったチャイルドシートを使っていると、月齢に合わないものの可能性があります。

特に首の座らない新生児には寝かせるタイプが良いでしょう。一時的な使用であれば、レンタルするサービスもあると思うので、使用頻度などを考えて、そういったサービスを検討してもいいと思います。

この月齢の赤ちゃんであれば、基本車での移動は必要最低限にした方がいいでしょう。

生後1ヶ月で車で外出して怖いのは「揺さぶられっこ症候群」

まずは、大きな誤解がありますが、生後1ヶ月の赤ちゃんを車に乗せれば「揺さぶられっこ症候群」になるとは限りません。

「揺さぶられっこ症候群」は、赤ちゃんの体を大きく揺らす事により、まだ赤ちゃんの柔らかい脳がダメージを受けてしまう事を言います。脳がダメージを受けて、頭蓋内出血や眼底出血を起こしてしまうのです。よくある例としては、親が泣き止まない赤ちゃんにイライラして、ついつい赤ちゃんを強く揺さぶってしまうなどがあります。ちなみに、赤ちゃんをあやすのによく使われる「高い高い」もこの月齢にはアウトだそうです。

車でも急ブレーキなど赤ちゃんに衝撃を与える事もありますため、この月齢の赤ちゃんであれば日常での車での移動は避け、利用は必要最低限にする事、また急ブレーキをかけるような運転は避け、安全運転を心掛けましょう。

生後一か月の赤ちゃんとのお出かけの注意点

赤ちゃんはまだまだ未熟です。そして泣く事以外に意思表示手段がありません。その分親がきちんと様子を見ている必要があります。

この時期の外出は出来るだけ、少ない時間にするのが良いでしょう。気分転換にその辺を散歩レベルが適当です。

真夏、真冬はまだまだ赤ちゃんには過酷な環境です。特に真夏の紫外線であれば、大人にとってはキツイものですから、日焼け止めの濡れない上、はるかに肌がデリケートな赤ちゃんにとっては更に過酷です。真夏の外出は避けるのが良いでしょう。

冬は風邪やインフルエンザが蔓延します。赤ちゃんは免疫に守られているとはいえ、ママが免疫のない風邪やインフルエンザは罹患する可能性があります。風邪やインフルエンザが流行っている時期に人混みに行くのは避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんはまだまだデリケートですから、十分に配慮が必要です。

永遠に外出できない訳ではない事を忘れずに

生後一か月になって一か月検診を過ぎたら「外出してOK」と言われると、ついつい外出したくなりますよね。でも赤ちゃんはまだ首が座っていませんから、外出は必要最低限にしたほうが無難です。まだ赤ちゃんと遊びに行くには早いので、その辺を軽く散歩やコンビニに買い物レベルにすべきです。

車での外出はかかりつけ医に確認を。赤ちゃんの状態によってはNGの場合もあります。車の外出も必要最低限でかつ、短時間で済ませるようにした方が無難です。

車で外出したら、赤ちゃんが揺さぶられ子症候群になるとは限りません。ただリスクはありますから、そのリスクを必要最低限にするような運転を心掛けましょう。チャイルドシートで乳幼児タイプのものは必須事項です。赤ちゃんの安全のために必要です。使用頻度の低いものになりますので、オプションとして取り外しの出来るものがオススメです。

この月齢の赤ちゃんはまだ外出には向きません。永遠に外出できない訳ではないので、もう少しおうちでゆっくりしましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ