妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

今でも涙が!出来ちゃった結婚の私たちが旦那の家族から言われたセリフ

   

今でも涙が!出来ちゃった結婚の私たちが旦那の家族から言われたセリフ


27歳/主婦

出来ちゃった結婚の私たち夫婦。結婚するのにも、旦那の家族が子供を産む選択を受け入れるのにも一悶着ありました。

確かに私も金銭面は甘く見ている部分がありました。そして今なら、自分の子どもが第一だという気持ちも少しは分かるのですが、当時は本当に彼のご両親は私のことはどうでもいいのだと捉えてしまうような言動をたくさんされました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


付き合っている時とのギャップに戸惑い

付き合っている当初、本当にやさしくしていただいていた分、そのギャップに余計戸惑ってしまいました。そして、唯一味方でいてほしかった旦那も、私を気遣うようなことは一切言ってくれませんでした。

若かったこともあり、旦那自身、自分の状況を整理することで精一杯で、私のことまで気遣う余裕はなかったのだと思います。

特に妊娠初期の情緒不安定な時期だったので、結婚したとしても私はこの家族と一生うまくやっていけるのかすごく不安を抱きました。

旦那のご家族にご挨拶させていただいたとき、旦那「子供ができて、結婚しようと思ってる。」義父 それまでの笑顔が消え真顔になる。

「お前お金貯めて海外に行きたいって言ってたじゃん」私(え、まずそこなんだ?そして実際ここ1年働いてても全く貯めてないの知ってるし)旦那「うん。そうだけど仕方ないから諦める。」

義父「もう少し話し合ってみなさい。男側の親だから、ちゃんとお金は何とかするから。」私(中絶しろってこと?だよね?え、ていうか私の目の前でそういうこと言えちゃうんだ。お金の問題じゃないし。しかも私そっちのけで話してる。)

義母 泣き始める。旦那 それを見て自分も泣き始める。私(えー・・・。)あまりに蚊帳の外過ぎて、少し他人ごとに思えてくる。

それから、私が話し合いに加えてもらえることはなく、私に向かって何か言われるときは、それとなく中絶を進めてこられました。

私の両親も、すぐに祝福ムードというわけではありませんでしたが、自分たちで決めたことなら、と認めてくれました。

それなのになぜこの家族は頑として否定的な意見しか出さないのかという悲しい気持ちでいっぱいでした。

旦那の祖母からの一言で涙が止まらず

そして、旦那の祖母からとどめの一言。祖母「○○ちゃんがさ、諦めるって言っちゃえば丸く収まるから。おろしたときは辛いけど、まだ若いからまた次があるしさ、ね。」

私は涙が止まりませんでした。誰も、出産に肯定的であった旦那でさえ、私の味方ではないのと感じました。

この子をおろして、この彼との次の子どもなんてない。私はそう思いました。

彼の実家から帰る車の中、彼から泣き始めました。私(泣きたいのはこっちなのに・・・。)

そして、おろせとは言わないけど、今回は諦めてほしいのだと伝わってきました。

自分の正直な気持ちを泣きながら話した

私は、彼の実家で全員からの言葉の攻撃で傷ついたこと、それでも子供は諦めたくないこと、それでも彼がどうしてもどうしても諦めるというなら、私たち二人がこれからも付き合っていく未来はないということを泣きながら話しました。

結局結婚して子供を産むことになり、彼の家族との仲も上手くいっています。

私たちの間には二人目の子どもも生まれ、今は本当に流産しなくてよかったと痛感するぐらい幸せです。

しかし、やはりあの出来事は私の中でトラウマになっていて、ふとした時に思い出すと涙が出てきます。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ