妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

   

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でもう一人産みたいと考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

帝王切開だと3人までしか産めない、帝王切開は年子は無理などという話を聞いたことがあり、本当のところはどうなのだろうと疑問に思っている方もいるかもしれません。

ここでは、帝王切開後に2人目の年子を妊娠するリスクや危険性、妊娠した際に気をつけるべきことをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


2人目が年子の帝王切開はリスクがある

帝王切開は、自然分娩が難しいと考えられる時に行われることの多い出産方法です。現代では、5人に1人ほどの割合で帝王切開が行われています。

予定帝王切開や緊急帝王切開がありますが、1人目の子どもを帝王切開で出産した場合のほとんどは、2人目も帝王切開での出産となります。

それは、子宮破裂のリスクがあるからです。

帝王切開では、母親のお腹と子宮にメスが入ります。その切開した子宮の壁部分が薄くなってしまいます。

そうすると2人目を妊娠した際、子宮が赤ちゃんを支えられなくなり子宮破裂が起きてしまったり、流産で赤ちゃんが亡くなってしまうことがあります。また僅かな可能性ではありますが、母親も亡くなってしまうということもあります。

年子で帝王切開で産みたいという場合だと尚更、子宮が回復しきっていない可能性もあり、上記のような子宮破裂などのリスクがありますので気をつけることが必要です。

帝王切開後の2人目は年子を避けた方が良いのか?

1人目を帝王切開で産んだあと、年子で2人目を産むのは難しいのでしょうか。

一般的に、帝王切開をすると1年以上開けてからの妊娠がよいと言われています。これは、子宮が個人差はあるものの約1年ほどで回復するからというものです。

しかし、子宮の回復の速度や子宮の壁の厚さは人によって異なりますので、帝王切開後の年子での2人目妊娠・出産は不可能ではありません。

ですが、1年以上の間隔をあけて2人目を妊娠した人と比べると、1年以内に2人目を妊娠した人の方がリスクも多くトラブルも起こりやすいといえます。

もし、帝王切開をしたけれど年子での妊娠を希望されるという場合は、前もって担当の医師に相談してみるのもいいかもしれません。

また帝王切開後、年子での妊娠をした場合は、流産や早産に気をつけて、お腹の張りなど少しでも異変を感じた場合はすぐ病院へ行くようにしましょう。

年子で2人目も帝王切開という時の注意点

2人目を、1人目の帝王切開後1年以内に妊娠したという場合、妊娠中などにどのようなことを気をつければ良いのでしょうか。

妊娠中は、切迫流産や切迫早産になりやすいと言えますので、お腹が張っている気がするなどちょっとした違和感を感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。

もちろん、2人目だから大丈夫と考えず定期検診もきちんと行くことが必要です。

また、1人目の子もまだ母乳を飲む時期だと授乳の際に子宮に痛みを感じることもありますので、痛むようなら粉ミルクに変えてみるのもいいかもしれません。

1人目の子を抱っこする際も気をつけるようにしましょう。抱っこしないという訳にはいかないと思いますが、お腹を蹴られないようにする必要があります。

いずれにせよ、心配や不安な時は担当の医師に相談してみるのが一番良い方法かもしれません。

高齢出産で帝王切開だったけど2人目を年子で産みたい場合の注意点は?

高齢出産とは初産だと35歳以上、2人目以降の経産だと40歳以上での出産を指します。

1人目を高齢出産したからこそ、年子で2人目を産み弟や妹をつくってあげたいと考える方も少なくないのではないでしょうか。

帝王切開後の年子の出産は高齢出産でなくても、リスクが伴うことは先ほど述べました。

高齢出産だと更に、妊娠中に、妊娠高血圧症候群になってしまう可能性が増えたり、産まれてくる赤ちゃんがダウン症の可能性が増えるなどという問題があります。

しかし、35歳をすぎると女性ホルモンの分泌が減ってしまい、妊娠の確率もどんどん少なくなっていってしまいます。

帝王切開後の妊娠は1年以上あけた方が良いと一般的には聞きますが、高齢出産での妊娠希望の場合は、かかりつけの医師に相談し、妊活のタイミングをしっかりと見つけるようにしましょう。

帝王切開後の年子を希望する場合は慎重に!!

帝王切開で1人目を出産した後、年子で2人目を出産することは不可能ではありません。

しかし、自然分娩の場合よりも帝王切開の場合の方が子宮の回復に時間がかかってしまいます。

子宮がきちんと回復する前に妊娠してしまうと、子宮が赤ちゃんを支えきれなくなってしまったり、子宮破裂を起こしてしまう危険性もあります。

個人の子宮の状態や医師によって、1人目を帝王切開で出産後どれほどの期間をあけた妊娠が望ましいのかは多少変わってきます。

初めから年子での出産を希望する場合は、かかりつけの医師に相談してみるのが良いかもしれませんね。

また、年子での妊娠をした場合、少しの異変でもいつもと違うなと感じた場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。

そしてお母さん自身の身体や上の子をないがしろにしないように、うまくバランスをとってマタニティライフを送るようにしてくださいね。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ