妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

化学流産の可能性あり?妊娠検査薬の反応が薄い場合

      2017/09/22

化学流産の可能性あり?妊娠検査薬の反応が薄い場合

化学流産というのは、妊娠検査薬の発達で、本来気が付かなかった妊娠に気づいてしまった結果起こる悲劇です。でもその兆候はどうやったら判るのでしょうか?

妊娠検査薬の反応が薄いものだと「化学流産」の疑いがあるという説もあります。妊娠検査薬の薄い反応と化学流産との関係についてご説明いたします。

ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



化学流産とは何?妊娠検査薬の反応が薄い理由

化学流産というのは、医学的には流産ではありません。受精卵にはなったのですが、それが子宮で育つ事が出来なかったのです。

原因は受精卵の染色体異常です。異常があったので、それ以上育つ事が出来なかったのです。ただ受精してから数日で流産してしまうので、気が付かない女性が多いです。何故なら、流産の出血と通常の生理との区別がほとんどつかないからです。

出血はやや多めの事が多く、場合によっては血の塊が見える事もありますが、それも異常というほどでなく、日程的には普通の生理よりもちょっと遅れるレベルなので、そもそも妊娠している認識のないまま、化学流産してしまうのです。

そして妊娠検査薬の反応が薄い理由の多くは、フライング検査をしているからです。妊娠検査薬は生理予定日より1週間以降に使用すべきものですが、それ以前に使用する事をフライング検査と言います。

妊娠検査薬の反応が薄い結果の出るフライング検査と化学流産

妊娠検査薬というのは、とても単純な仕組みです。女性は妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを分泌します。それは受精卵が出来た時点で始まります。

妊娠検査薬は、尿中のhCG値が50mIU/mL以上の場合に陽性反応が出る仕組みです。反応が薄いというのは、フライング検査をした結果、恐らくまだ陽性反応が出る境界ラインギリギリぐらいなのでしょう。

きちんと反応を得るためには、妊娠検査薬を取扱説明書通りに使う事が大切です。もちろんホルモンの数値の上がり方や量にも個人差がありますから、フライング検査をやっても正しい結果を得る事が出来る人もいます。しかし、そうでない人もいるので、やはり取扱説明書で決められた日以降に使用しましょう。

このフライング検査と化学流産には関係があります。しかし、その関係は「フライング検査をした結果、化学流産になった」というモノではないのです。

化学流産と妊娠検査薬の反応が薄い事に関連はあるのか?

一言で言えば、妊娠検査薬の発達が化学流産を産んだといってもいいでしょう。

何故なら、多くの場合化学流産というのは当人も知らないうちに流産しているケースが多かったからです。しかし、妊娠検査薬の精度があがり、人はかなり早い段階で自分が妊娠している事を知る事が出来るようになりました。

しかし、妊娠してもそれが子宮で育つ場合もあれば、そうでない場合もあります。今までは気が付かない妊娠をしていた人も気づくようになってしまったのです。特にフライング検査の場合、受精して大して日が立っていない間に検査をしているので、本来妊娠検査薬を使う期間前に化学流産してしまうものまで、発見されてしまうのです。

化学流産自体はさほど自然界では珍しいものでありません。だから医学的には「流産」としない結論なのです。そもそも自分の妊娠に興味がある人しか気が付ない妊娠と流産だからです。

妊娠検査薬でフライング検査をする人達とは?

フライング検査をする人の多くは、「妊娠を切望」している人です。だからこそ、ちょっとでも早く結果を知りたいと思うのです。

しかし、その結果本来知らなくてもいい妊娠と化学流産を知ってしまう事になるのは、悲劇です。

残念ながら化学流産を止める方法はありません。これは育たない受精卵のため、自然の摂理としていなくなってしまうものです。

ただどうしても妊娠したくても出来ない人は、一度不妊治療の専門病院へ受診した方がいいでしょう。きちんとした治療をする事で妊娠出来る可能性はあるのです。もちろん費用もかかりますが、市町村によっては一定年齢までは補助が出るケースもあります。女性は年齢が若い方が妊娠する確率があがるので、早めの治療がオススメです。

逆に年齢が上がれば上がるほど、女性が妊娠する可能性は低くなります。タイミングを取っても1年妊娠しないのであれば、受診の目安と言われています。

化学流産は仕方のない事だと思って受け入れよう

化学流産は自然の摂理です。誰にもどうにも止められません。でも逆に言えば、受精は行われたので妊娠の可能性はあります。だから諦めない事も大切です。

ただ前述したように、夫婦間で頑張ってタイミングを計るようになって1年間経っても上手く妊娠出来ない場合は、不妊治療専門病院へ行った方がいいでしょう。残念ながら女性には妊娠出来る期間は限られているので、早め早めの受診が妊娠への早道です。

妊娠検査薬の反応が薄い人のほとんどはフライング検査をしているようです。

早く知りたい気持ちは判りますが、フライング検査はせずに、きちんと妊娠検査薬の説明書通りの期間に使用しましょう。妊娠検査薬の精度が上がったとしても、正しい結果がきちんと得られない事もありますし、知らなくていい妊娠を知ってしまう事もあります。

妊娠検査薬の発達が知られなかった流産である、化学流産の数を一気に増やしてしまいましたが、フライング検査をしたから、化学流産するという事はありません。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ