妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

出産の痛みがどんなものか心配…痛みを例えるならこんな感じ!

      2017/08/24

出産の痛みがどんなものか心配…痛みを例えるならこんな感じ!

初めて妊娠をした方にとって最も心配で気になる事と言えば、お母さんになる為の試練として最初に訪れる出産時の痛みですよね。

「実際のところ平気だよ!」「思っているより痛くないよ!」「想像を絶する辛さだった…」など、先輩お母さんの感想は様々にありますが、もし出産時の痛みを何かに例えるなら、どんなものなのだろう。

知りたいような気もすれば、知りたくないような気もするかもしれませんが…でも、やはり気になりますよね!

今回は、そんな方々のために出産時の痛みがどんなものなのか例えるならどんなものなのかをご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


痛みを例えるなら…を気にする前に、出産の痛みの種類を知ろう!

出産を経験するときの痛みと聞いた時に何か一つの痛みに苦しむようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、主に出産を迎えるにあたって経験する痛みには2種類の痛みがあります。

その2種類の痛みとは、陣痛と出産時の痛みです。この2つを一色淡に捉えている方が多くいるようですが、実際には陣痛の痛みと出産時に伴う痛みは異なります。

陣痛の場合は、子宮が収縮するような痛みを感じると言われているのですが、この陣痛の痛みを感じる時間の長さというのは人によって様々です。

陣痛がきてから割とすぐに出産を迎えたという人から、陣痛を10時間以上経験した後に出産を迎えたという人まで。長い方ですと1日中陣痛に耐えたという人もいるようです。

対して出産時の痛み、すなわち分娩時の痛みというのは陣痛の痛みに加えて腰痛のようなものが加わったイメージだと思っていただければいいのではないかと思います。

赤ちゃんが産道を通る際に骨盤のあたりを通過しますので、その影響で腰周辺に強い痛みが加わるのです。

これだけ見ると出産時の痛みの方が辛そうに思えてくるのですが、実際のところは陣痛の方が辛かった!という意見も多くあります。

出産前に訪れる陣痛の痛みを例えるなら、アレが酷い感じ!?

では実際に、赤ちゃんが産まれてくるまでに感じる2種類の痛みのうち、先に訪れる陣痛の痛み。この陣痛の痛みを何か別のものに例えるのなら、どのようなものになるのかについてもう少し詳しく見ていきましょう!

陣痛の際の痛みを別の言い方で例えるなら、「腰が砕けるような痛さ」と表現することが出来ます。腰をハンマーなどでガンガンと叩かれているような痛みを感じたという声もあるようですね。

同じ姿勢を長時間保ち続けた時や、立ち仕事などの際に感じる腰痛はみなさんも経験があるかと思いますが、それを更に何十倍もきつくしたような痛みとも言えますね。

「骨盤にひびが入ったんじゃないの!?」という風に感じたというお母さんもいるそうです。

後は女性に分かりやすい例えとして生理痛が更に激痛化したものという表現がされることもあります。

生理痛の時に感じるお腹の中に鉛でも入っているのかと言うくらいに重く感じるあの独特の痛みが、更にきつくなったような感じですね。

あまりのきつさに、お腹の上を大型トラックが通っていたような感覚だったと言う表現をするお母さんもいます。

出産時の痛みは表しようがない!?強いて例えるなら?

では陣痛時の痛みに対して、いよいよ出産だという時に感じる分娩の痛みは、他の痛みに例えるならどのようか感じなのでしょうか?

よく聞くのが「鼻からスイカが出てくるような痛み」という例えですね。

想像してみて下さい。鼻のような小さな小さな穴から、あの大きなスイカが出てくるのですよ!?500円玉を入れることすら難しいくらいのサイズの穴からスイカが出てくるなんて、現実ではありえない様な絵が浮かびますが、実際に分娩中にはそれくらいの痛みを感じるのだと言います。

その他に例えられる痛みの表現として、数カ月間の便秘によって大量に溜まった宿便を、1回のトイレで一気に出すような痛みというものもあります。この表現なら男性に出産時の痛みを説明する際にも分かりやすそうですよね。

それにしても、この痛みは辛そうですよね。通常は3日以上便通が無いことを便秘と言いいますので、数カ月も便通が無いなんて状況はあり得ませんが…そのくらいの圧迫感があるという事なのでしょうね。

他には肛門から重い鉄球が出てくるような感じという表現や、ボーリングの球が出てくるような感じという表現もありました。

しかし、このような痛みの表現はあるものの実際に出産の時には、いきみに集中しすぎて痛みを感じる余裕もなかったというお母さんの経験談もあります!

陣痛や出産時の痛みよりも、辛いと感じる痛みがある!?

さて、ここまで想像を絶するような様々な出産時や陣痛時の痛みの表現をご紹介してきましたが、出産を経験したお母さんの体験談によると、これらの痛みより辛かったと感じるような痛みがまだ他にもあるようなのです。

それは、会陰切開をした場合に、会陰部を縫い合わせる時の痛みなのだそうです。

会陰部とは膣と肛門の間の部分の事を言います。女性は妊娠すると、出産を迎えるためにホルモンの影響によりこの会陰部や他の部分も少し柔らかくなるのです。

この柔らかくなった会陰部が伸びるようになる事で赤ちゃんが産道を通れるようになるのですが、会陰部が伸びるのを待っている間に赤ちゃんの元気がなくなってしまう、心拍数が下がってしまうなどといった事態を避けるために医師の判断で会陰部を切開することがあるのです。

また、意図的に切開しなかったとしても、分娩が完了する前に自然に会陰部が裂けてしまう事もあります。実際にこのケースは多いのだそう。と言うのも、主にアジア圏の女性は他の国々の女性と比べて会陰部が伸びにくいと言われているのです。

この裂けた会陰部を縫い合わせる時の痛みが一番きつかったというお母さんもいるようですので、もしも会陰切開になった場合は腹をくくって耐え抜きましょうね!

出産時の痛みを恐れるよりも、その後の幸せを想像しよう!

いかがでしたでしょうか?もしかしたら少しショッキングな表現もあったかもしれませんが、これが実際に出産を経験したお母さん達の声なのですね。

しかし、一見このあり得ない様な痛みの表現の数々ですが、出産を経験したお母さんの全員がこれらの痛みを実際に乗り越えています。

先輩お母さんたちの意見によると、どんなに痛みを感じる時間が長かったとしても、辛いと感じる場面が多くあったとしても、出産を終えて赤ちゃんを見た時にすべての事を忘れてしまうと言います。

出産と言うのは、それほど感動的な瞬間なのですね。

この時の何とも言い表せない幸せな気持ちが待っている事を実際に経験し、感じたお母さんは、こんなに痛い思いをするのだとわかっていても2人目の子供を産みたいと思うのだそう。

それほど出産には不思議な力があるのですね。

これから出産を控えているというお母さんは不安な気持ちもまだまだ多くあるかもしませんが、この痛みや辛さを恐れて不安になるよりも出産後に感じるこの何とも言えない幸せな感情を楽しみに、出産を迎える準備をしましょう。

母子共に健康な状態で無事に出産を終えれることを、ささやかながらお祈りしております。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ