妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめしたい遊びはコレ!

      2017/09/27

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめしたい遊びはコレ!

生後10ヶ月の赤ちゃんにとって遊びは成長に欠かせない大切な行動なので、興味を持つことがあればどんどんと遊ばせることが大切です。

ハイハイやつかまり立ちをするようになっている時期なので、今までよりも行動範囲が広く遊びの種類もどんどん増えていきます。

そこで生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊びを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


 

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめなのは指先を意識した遊び

生後10ヶ月の頃になると指先の感覚もだいぶ成長してくるので、食事の時もスプーンを持とうとします。

また手で何でも掴もうとするので食事の時も手掴みで汚してしまうことも多くなりますが、赤ちゃんにとっては成長している証拠と言えます。

赤ちゃんの遊びに関しては指先を使った遊び道具があると、考えながら指先を使おうと努力します。

リモコンのような押す場所があると、何でも押したがるので指先の運動にもなります。

指先をたくさん使えるようなおもちゃがあると、興味を持ってずっと遊んでくれるでしょう。

ボールなど手で掴まなければいけない物も、赤ちゃんの遊び道具としてはおすすめです。

つかまり立ちをするようになってくれば、ボールを追いかけて歩こうとするので、いつの間にかハイハイをしながら運動量も多くなっていきます。

遊び道具はできるだけ指先を使った物を選ぶことがおすすめです。

生後10ヶ月になると赤ちゃんの遊びは音の出る物がおすすめ

生後10ヶ月の赤ちゃんはいろいろな物に興味を持つようになりますが、これは目や耳がしっかりと成長しているからです。

そのため音の出るおもちゃがあると、興味を持って遊ぶようになるのでおすすめです。

タンバリンなど叩いて音の出る物や、鈴がついたおもちゃは音が出ることに凄く興味を持ち始めます。

そのためどうやったら音が出るのかの自分で考えながら遊ぶようになるので、指だけでなく音や頭を使って遊ぶことができるようになります。

ボタンを押して音が出るようなおもちゃであれば、どこを押せば音が出るのかを認識できるようになるので、自分で音を出したいと思った時にボタンをいじるようになります。

何度も繰り返して音がどうやってでるかを観察しながら遊ぶことができるので、生後10か月の赤ちゃんの成長にはおすすめの遊びと言えるでしょう。

生後10ヶ月なら赤ちゃんが動き回れる遊びを取り入れる

生後10ヶ月の赤ちゃんはハイハイやつかまり立ちをするようになっているので、行動範囲もどんどんと広がっていきます。

そのため運動量も多くなって活発に遊ぶようになるので、できるだけ動き回って遊べるようなことを取り入れるのがいいでしょう。

お母さんとの追いかけっこや抱っこをしてジャンプをするだけで、自分だけではできないような感覚を味合わせることも遊びの一環として大切です。

どんなことに興味を持つのか分からないので、いろいろな経験をさせてあげることが大切です。

お母さんと一緒にいれば不安感もないので、ずっと楽しく遊び回ってくれます。

ボールを使った遊びや追いかけっこで体力をつけることができますし、ジャンプをさせることも立派な遊びになります。

自分だけではなかなかしないような行動を遊びに取り入れると効果的なので、いろいろな動きを取り入れた遊びを考えてみましょう。

食事も遊びの一環として楽しいものだと思わせる

赤ちゃんにとって食事も立派な遊びの時間にすることができます。

生後10ヶ月の赤ちゃんは離乳食にも慣れてきた頃ですが、気分によっては食べないこともあるでしょう。

食べムラがあると成長にも影響しますし、無理に食べさせると余計に食べなくなってしまいます。

またスプーンを自分で持ちたいという素振りをしたり、手掴みで食べ物を掴もうとするので、食事の時間は毎回大変な思いをするでしょう。

この手掴みをするようになると食事に興味を持っている証拠なので、楽しく食事ができるように工夫しながら食べさせます。

赤ちゃんが食事に興味が持てる環境を作ることで、楽しく食事が食べられるように、お母さんと一緒に楽しみながら食べさせましょう。

大切なことは食事をすることが楽しいと思わせることなので、手掴みをしても赤ちゃんは自分で行動しようとしているのでむしろいい傾向です。

食事も遊びの一環だと考えて、楽しく食べられるようにしましょう。

手に取って遊べるおもちゃは成長スピードを加速させる

生後10ヶ月の赤ちゃんにはどんどん興味が出てくるものが多くなるので、つい何でも手に取って自分に近づけようとします。

遊びの時間も赤ちゃんにとっては大切な成長の時間なので、できるだけ体を動かせるような遊びをしましょう。

興味を持ちだすとまずその場所に行こうとするので、ハイハイやつかまり立ちをするようになります。

そして自分の手に取って近づけることで、いろいろな物に興味を持つようになるのです。

そこで遊ぶ時には手先を使った物や音の出る物など、赤ちゃんの興味を引きそうな物で遊びましょう。

自ら考えてどうやれば音が出るのかと悩みながら遊ぶようになるので、いつの間にか上手に遊びだすことができるようになります。

赤ちゃんにとって遊びは成長に欠かせないことなので、赤ちゃんの成長に合わせてどんどん遊びを進化させてあげることが大切です。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ