ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ドゥーテストが一番?オススメの排卵検査薬

2016.8.6

妊活中の人にとって、「ドゥーテスト」とうい排卵検査薬はもうお馴染みでしょう。

でもドゥーテスト以外にも排卵検査薬は色々あります。

色々な排卵検査薬について解説いたします。

是非あなたにあった排卵検査薬を見つけていただければと思います。

話題の「ドゥーテスト」という排卵検査薬とは?

「ドゥーテスト」はあの目薬の販売で有名な某製薬会社が販売しています。

購入方法は調剤薬局でのみ販売されています。調剤薬局は通常処方箋に基づいて薬を販売している薬剤師がいる薬屋さんです。つまり薬剤師のいないドラックストアでは購入できない訳です。

ただし、調剤薬局が入っているドラックストアならば購入は可能ですが、薬剤師さんがいないと基本販売できないので、薬剤師が常時いないお店では、薬剤師がいるタイミングで来店・購入しないといけないので面倒と言えば面倒です。

そしてインターネットでの購入は不可。何故こんなに購入しづらいかというと、排卵検査薬は薬事法に基づいて「薬局医薬品」に指定されてしまったからです。ただし処方箋はいらないので安心してください。

排卵検査薬を販売している会社のホームページでは、取り扱い薬局を検索できるようにしているところが多いので、お住まいのお近くの販売店を探すことが出来ます。

他にも輸入代行システムを利用する方法もあります。

ドゥーテストの利用方法としくみ

排卵検査薬というのは排卵日を確認するために利用されます。利用方法はいたって簡単、検査薬はスティック状のもので、そこの検査薬がある部分に尿を一定時間かけます。その場合はおおよそ2秒程度と言われています。また5秒以上かけては行けないという決まりもあります。

尿については、コップにとってからつける方法もあります。こちらも2秒以上5秒以下を守るようにしましょう。

判定まで5分かかりますので、キャップをつけてそのまま置いておきます。判定結果の際、まず尿量が規定値に達しているか、結果が表示されるので確認を忘れずに。規定値に達していない場合は正確な結果にならない事もあります。排卵日の可能性がある場合は陽性反応の(ドゥーテストは排卵日の1日前を予測)印が表示されます。

どうしてこの検査薬を利用すると、排卵日がわかるようになるかというと、尿中にあるヒト黄体形成ホルモン(LH)を検出して判断しています。これが上昇し始めると36時間以内に排卵が始まるので、その仕組みを利用して排卵日を予測しているのです。

いつから排卵検査薬を利用すればいい?

ドゥーテストはメーカー希望価格が7本入りで3000円ぐらいします。

つまり、ある程度排卵日の予測を立てた上で検査をしないと中々出費が厳しくなります。

一応の目安ですが、28日周期の人の場合は、その半分の14日を排卵日と考えてください。周期の計算は、生理開始日を1日目とカウントします。

ただ、女性の生理周期は、ストレスや体調によって左右されますので、合わせて基礎体温をつける事を習慣化することをオススメします。

女性の体は排卵日を挟んで、低温期と高温期に分かれます。これも個人差がありますが、おおよそ低温期の最終日が排卵日となります。

生理周期が順調な人は、おおよそ毎月同じ周期で体が変化をしているはずなので、排卵日が近くなったら、排卵検査薬を利用すれば、排卵検査薬を節約できます。

基礎体温は朝起きぬけに毎朝同じ時間に記録を取ることが大事です。最近は目覚まし機能やメモリ機能があるので、毎日測る自信がない人はそういった機能のついた基礎体温を利用しましょう。

ドゥーテスト以外の排卵検査薬とは?

国産と海外ものがあります。

国産と海外の大きな違いはその金額にあります。前述したドゥーテストは7本で約3000円ですが、海外のですと7本で500円程度です。国産と比べて、作りが簡素だったり、多少使い勝手は悪いかもしれませんが、性能に大きな差はないと言われていますので、周期が乱れがちだから、一回の排卵日を予測するのに何本も使うという人は海外産の方がオススメです。

ただし初心者の人は、まず多少高めでも国産を利用した方がいいです。というのも説明書が日本語なので、扱いを間違いにくく、判定表示も間違いないです。海外産はある程度国産に慣れてからの方がいいでしょう。

「p-チェック・LH」は7本入りで、3780円くらいです。ドゥーテストよりも少々高めですが、その分感度がいいので、LHの数値が平均よりも低い人でも検出できます。ただし尿は5秒以上かける必要があり、判定時間は10分かかります。

「チェックワンLH・Ⅱ」のは感度は「p-チェック・LH」ほどではありませんが、判定時間が3分と早いのが魅力。金額的には5本で2200円ぐらいなので、ドゥーテストよりも少し高い程度です。

排卵検査薬を選ぶポイントと使い分け

ドゥーテストは国産で価格的にも他のとくらべればリーズナブルなので、オススメです。

ただしLHの数値やタイミングなども個人差がありますので、基礎体温表を利用して、そこから自分のに合ったものを選ぶといいでしょう。

また、「ドゥーテスト」や「チェックワンLH・Ⅱ」を利用したら、感度がいいので、ずっと陽性反応がでて、LHのピークが判りにくいという人は、あえて感度の低い「チェックワンLH・Ⅱ」を利用することによって、そのピークを確認するという方法もあります。

どうしても正確に排卵日がを確認したいというのであれば、婦人科での受診がオススメです。ちなみに婦人科での排卵日予測の場合もヒト黄体形成ホルモン(LH)の上昇が目安となりますが、方法は血液検査となります。場合によっては内診と並行して行われることもあります。

また不妊治療の一環として、人工的に排卵日をコントロールする方法もありますので、自然に妊娠したいけど、中々妊娠出来ないという人は一度専門医に相談してみましょう。

 - 妊活中のお役立ち情報