妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

      2017/08/12

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変化が生じることが多いです。

出産時に体重増加をするのは仕方がありませんが、産後はいつ元の体型に戻れるのか不安になります。

体への変化は体重増加やむくみなどの症状が出やすいですが、産後はできるだけ早く元の体型に戻りたいものです。

そこで産後に体重増加をする理由とむくみ改善の方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



産後の体重増加とむくみは水分バランスの変化によるもの

産後も体重増加やむくみの原因として考えられるのは、水分バランスの変化によるものが考えられます。

妊娠中は子供への栄養を体にため込んでいるため、体重増加をしてしまうのは仕方がありません。

妊娠中の体内には羊水や血液量が多くなることによって、体内の水分量が多くなっています。

出産が終われば体内の水分量が少なくなりますが、体内ではいきなり水分が失われてしまうことによる防衛本能が働きます。

そのため産後になると急激に減った体内の水分を補おうとするので、体内に水分を溜め込もうとしてしまうのです。

産後は体内の水分量が少なくなってしまうので、母乳を作るためにも水分は必要となります。

そのため水分を溜め込もうとする体内の状態によって、妊娠中のように太ってしまうのです。

体にとって水分は必要不可欠なものなので、体の防衛本能によって自然とむくむ体になってしまうのです。

産後に体重増加とむくみの理由は運動不足が原因

産後のむくみや体重増加の要因としては、運動不足による体重増加が考えられます。

出産をする前は約1年ほどは運動をするのを控えるので、筋肉量が大幅に減ってしまいます。

特に毎日運動をしていたり鍛えていた人にとっては、筋肉量が減って脂肪が増えてしまうので、太りやすい体質になります。

産後になればある程度の体型は戻りますが、筋肉量は戻ることがないので、太りやすい体質のままです。

産後になれば体重も軽くなるので動きたいと思いますが、むくみやすく太ったままなので、運動しようとすると疲れてしまうので動くのが辛いと思います。

すると運動不足になってしまうので、産後でもなかなか元の体型に戻ることができないのです。

産後はある程度の日数が経つとむくみも解消されていくので、できるだけ頑張って運動することによって、筋肉も付いてくるので元の体型に戻りやすくなります。

産後の体重増加とむくみは3週間程度で落ち着く

産後の体重増加やむくむは悩みの種となりますが、なかなか体型が戻らずに不安に思ってしまいます。

一般的には産後のむくみに関しては、3週間程度で元の体型に戻ることができるようです。

何もしないでもむくむみが取れると思ってしまうと、思わぬトラブルになってしまうので気をつけなければいけません。

むくみを放置しておくと下肢静脈瘤になる危険性があるので、むくみを甘く考えておかない方がいいでしょう。

これはむくみを放置しておくと血栓が溜まりやすい状態となるので、血管が詰まりやすくなる状態です。

産後は赤ちゃんの世話で大変ですが、むくみを放置しておくことで血栓が溜まりやすくなるので注意しましょう。

できるだけお風呂でマッサージしたり、産後体操をすることによってむくみが取れやすくなります。

赤ちゃんとリラックスした生活を送ることでもむくみが取れやすいので、育児にばかり掛かりっきりにならずに、ストレス発散するのを忘れないようにしましょう。

基礎代謝の低下や運動不足を解消すれば改善しやすい

産後は時間が立てばむくみが取れてきても、何もしなければ体重増加はそのままなので、元の体型に戻ることは難しいでしょう。

出産してから元のプロポーションに戻るのは大変だと言われますが、やはり努力を怠らなければしっかりと元の体型に戻ることはできます。

産後に太りやすい理由としては、基礎代謝が低下していることが挙げられます。

これはお腹が大きくなってきている間は運動できないので、だんだんと筋肉量も減ってきますし、脂肪を蓄えようとする体の働きによってどんどん太っていきます。

そのため産後は基礎代謝が低下したままなので、同じような食事量でも痩せずに太りやすくなってしまいます。

基礎代謝を上げるには体の筋肉量が関係しているので、運動不足を解消して筋肉をつけるようにしましょう。

育児に追われる毎日ですが、ちょっとした時でも体に負荷を与えながらやることによって、かなり変わっていきます。

育児に追われても健康的な生活を意識することが大切

育児に追われてしまうと、どうしても赤ちゃん中心の生活になってしまいます。

そのため自分の体のことは後回しになってしまうので、体重増加やむくみを放置しがちになってしまいます。

育児に追われるのは大変なことですが、ちょっとした隙間時間や工夫次第によっては、体に負荷を与えたりリラックスタイムを作ることができます。

産後はどうしても赤ちゃんに手が掛かってしまいますが、自分のすべてを犠牲にする考えではなく、一緒に健康的な生活を送ることを考えましょう。

赤ちゃんをあやしている時にはちょっと中腰のような体の使い方を意識することで、スクワットをしている状態に近くすることができます。

赤ちゃんのお世話をしながら自分の体をケアすることで、時間を有効活用することができます。

育児の大変さは経験した人にしか分かりませんが、できるだけ健康的な生活を意識することを忘れないようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ