妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

      2017/08/11

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には不安が付き物です。

他の子供たちと上手くやっていけるか不安なのはもちろんですが、学校側がしっかりとサポートしてくれるも考えてしまいます。

学校に行かせてしまえば子供は一人きりなので、助けてあげることはできません。

自閉症の子供はできるだけ私立の小学校に入れた方がいい理由について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

流産の手術後”絶対安静”のワケ。心と体を整えるために

授かった命を、望んだ妊娠を、流産と言う結果で終わっ...

赤ちゃんが風邪!?3ヶ月頃に起きる咳には要注意!

生後3ヶ月頃になると、生まれたての頃と比べるとしっ...

旦那が不倫?大好きだけど浮気を許せなくて困ってる人必見!

旦那が浮気をするなんて…と、浮気をしていた事を知っ...

赤ちゃんと動画を見る人必見!見せるなら車物がお勧めです!

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱く、明暗のみしか...

生理前のお腹の張りと腰痛はPMS?妊娠超初期症状の可能性も

生理前になると、お腹の張りや腰痛などの不快症状が出やすくなり...

赤ちゃんって音楽で本当に喜ぶ?胎教から実践してほしいポイント

愚図った赤ちゃんに効くイルミネーションや音楽など、...

旦那が転職したいと言い出した!離婚したい理由と対処法とは

旦那がいきなり今の仕事を辞めて転職したいと言い出し...

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

スポンサーリンク



私立の小学校の方が自閉症に対しての理解が進んでいる

自閉症の子供を私立の小学校に入れた方がいい理由のひとつに、公立よりも私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるからです。

すべての私立の小学校が理解が進んでいるのではありませんが、自閉症の子供を受け入れるクラスもあります。

私立の方が多様化が進んでいるので、自閉症の子供などの受け入れ態勢だけでなく、教育方法までしっかりとカリキュラムが組まれていることが多いです。

自閉症の子供に接する時には、簡単な言葉できちんと伝えることが大切ですし、その場でしっかりと注意することも大切です。

教師が自閉症の子供への理解が進んでいれば、その場でしっかりと適切な対応をとってくれるので安心して任せられます。

また小学生では自閉症の子供へのいじめも考えられるので、教師が他の子供に対して教育することも大切です。

私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるので、公立と迷っているなら私立の自閉症の子供を受け入れてくれる学校を選びましょう。

自閉症のクラスがある市立の小学校へ入学させれられる

私立の小学校であれば自閉症の子供を受け入れてくれるクラスがあるので、心配事も少なくて済みます。

公立の学校へ入学させてしまうと、どうしても他の子供と同じように教育させることしかできません。

自閉症でも普通の教育を受けさせたいという親もいますが、だんだんと知的障害などが出てしまうと、普通の子供とは一緒に教育させることが難しくなります。

そのため親の希望で公立の学校に入学させても子供が孤立してしまうことによって、結局は私立の自閉症を受け入れてくれるクラスへの編入をすることになりかねません。

自閉症の子供への教育は理解のある教師が行わないと、子供の方が可哀そうになってしまいます。

公立の学校では自閉症への子供の接し方や教育方法などは教育されていないので、どう対処すればいいか分かりません。

私立ならば自閉症の子供に理解ある先生とクラスに入学させられる可能性が高いので、私立の小学校の方がおすすめです。

私立の小学校には自閉症の子供に理解のある先生がいる

自閉症の子供への教育は理解のある先生が行うことが大切なので、私立の小学校で受け入れてくれるクラスを探した方がいいでしょう。

自閉症への子供の教育としては、知的障害があるので普通に接しても理解することはできません。

ゆっくりきちんとした言葉で具体的に話しかけることが大切ですが、理解があるからこそ対応することができます。

また注意する時にはその場でしっかりと注意することが大切で、後から注意をしてもまったく理解することができません。

少しずつ成長しているので根気よく教育していくことが大切ですが、教育するには知識や理解がある先生でなければ難しいでしょう。

例えば自閉症の子供は人のマネをしながら覚えていくことが多いので、その特性を理解して教えることができます。

自閉症の子供への接し方や特性を理解している先生がいるクラスの方が、子供にとっては良い選択しだと言えるでしょう。

自閉症の子供を通わせるには小学校との信頼関係が必要

自閉症の子供を受け入れてくれる私立の小学校があれば、自分がいない時でもしっかりと対応してくれるので安心です。

安心して子供を預けるには小学校との信頼関係が大切で、子供への教育や育成方法を明確にしていることが大切です。

普通の子供は学校で友達を作ったりできますが、自閉症の子供はなかなか難しいでしょう。

同じ境遇の子供がいれば一緒にいる時間は多くなって仲良くなれますが、もしも一人だけの場合には常に先生と二人きりになってしまいます。

そのためなるべく自閉症の子供を受け入れてくれるクラスの子供には、受け入れてもらうことが大切です。

そのためには子供たちへの理解をさせる教育も必要ですし、教師の理解度や協力が必要不可欠です。

また学校が自閉症の子供を全面的に受け入れていることを、他の子供たちの親にも周知していることも必要でしょう。

小学校との信頼関係があるからこそ安心して子供を預けられるので、信頼できる私立の小学校を探すことは子供にとっても幸せなことです。

子供の将来を考えた選択肢を選ぶことが大切

自閉症の子供を持つ親にとって心配なことは、子供の将来が気になります。

私立の小学校に入学させることによって、理解ある学校や先生に巡り合えることができれば、これほど安心して子供を預けられる環境はないでしょう。

小さい時には自閉症の子供を自分が面倒見ていましたが、小学校になれば上手く環境に適応できるか不安になるのは当然です。

まして自閉症の子供を受け入れてくれるか心配なので、親の不安は尽きることはないでしょう。

子供のために普通の教育を受けさせたいという気持ちも分かりますが、数年後には他の子供たちとの差が出てしまった時に、困るのは自分の子供です。

子供の将来を考えれば私立の小学校で受け入れ態勢が整っている環境が、自閉症の子供にはいいと言えるのかもしれません。

自閉症の子供にとって一番良い環境を探してあげることが大切です。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ