妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

      2017/08/11

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には不安が付き物です。

他の子供たちと上手くやっていけるか不安なのはもちろんですが、学校側がしっかりとサポートしてくれるも考えてしまいます。

学校に行かせてしまえば子供は一人きりなので、助けてあげることはできません。

自閉症の子供はできるだけ私立の小学校に入れた方がいい理由について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



私立の小学校の方が自閉症に対しての理解が進んでいる

自閉症の子供を私立の小学校に入れた方がいい理由のひとつに、公立よりも私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるからです。

すべての私立の小学校が理解が進んでいるのではありませんが、自閉症の子供を受け入れるクラスもあります。

私立の方が多様化が進んでいるので、自閉症の子供などの受け入れ態勢だけでなく、教育方法までしっかりとカリキュラムが組まれていることが多いです。

自閉症の子供に接する時には、簡単な言葉できちんと伝えることが大切ですし、その場でしっかりと注意することも大切です。

教師が自閉症の子供への理解が進んでいれば、その場でしっかりと適切な対応をとってくれるので安心して任せられます。

また小学生では自閉症の子供へのいじめも考えられるので、教師が他の子供に対して教育することも大切です。

私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるので、公立と迷っているなら私立の自閉症の子供を受け入れてくれる学校を選びましょう。

自閉症のクラスがある市立の小学校へ入学させれられる

私立の小学校であれば自閉症の子供を受け入れてくれるクラスがあるので、心配事も少なくて済みます。

公立の学校へ入学させてしまうと、どうしても他の子供と同じように教育させることしかできません。

自閉症でも普通の教育を受けさせたいという親もいますが、だんだんと知的障害などが出てしまうと、普通の子供とは一緒に教育させることが難しくなります。

そのため親の希望で公立の学校に入学させても子供が孤立してしまうことによって、結局は私立の自閉症を受け入れてくれるクラスへの編入をすることになりかねません。

自閉症の子供への教育は理解のある教師が行わないと、子供の方が可哀そうになってしまいます。

公立の学校では自閉症への子供の接し方や教育方法などは教育されていないので、どう対処すればいいか分かりません。

私立ならば自閉症の子供に理解ある先生とクラスに入学させられる可能性が高いので、私立の小学校の方がおすすめです。

私立の小学校には自閉症の子供に理解のある先生がいる

自閉症の子供への教育は理解のある先生が行うことが大切なので、私立の小学校で受け入れてくれるクラスを探した方がいいでしょう。

自閉症への子供の教育としては、知的障害があるので普通に接しても理解することはできません。

ゆっくりきちんとした言葉で具体的に話しかけることが大切ですが、理解があるからこそ対応することができます。

また注意する時にはその場でしっかりと注意することが大切で、後から注意をしてもまったく理解することができません。

少しずつ成長しているので根気よく教育していくことが大切ですが、教育するには知識や理解がある先生でなければ難しいでしょう。

例えば自閉症の子供は人のマネをしながら覚えていくことが多いので、その特性を理解して教えることができます。

自閉症の子供への接し方や特性を理解している先生がいるクラスの方が、子供にとっては良い選択しだと言えるでしょう。

自閉症の子供を通わせるには小学校との信頼関係が必要

自閉症の子供を受け入れてくれる私立の小学校があれば、自分がいない時でもしっかりと対応してくれるので安心です。

安心して子供を預けるには小学校との信頼関係が大切で、子供への教育や育成方法を明確にしていることが大切です。

普通の子供は学校で友達を作ったりできますが、自閉症の子供はなかなか難しいでしょう。

同じ境遇の子供がいれば一緒にいる時間は多くなって仲良くなれますが、もしも一人だけの場合には常に先生と二人きりになってしまいます。

そのためなるべく自閉症の子供を受け入れてくれるクラスの子供には、受け入れてもらうことが大切です。

そのためには子供たちへの理解をさせる教育も必要ですし、教師の理解度や協力が必要不可欠です。

また学校が自閉症の子供を全面的に受け入れていることを、他の子供たちの親にも周知していることも必要でしょう。

小学校との信頼関係があるからこそ安心して子供を預けられるので、信頼できる私立の小学校を探すことは子供にとっても幸せなことです。

子供の将来を考えた選択肢を選ぶことが大切

自閉症の子供を持つ親にとって心配なことは、子供の将来が気になります。

私立の小学校に入学させることによって、理解ある学校や先生に巡り合えることができれば、これほど安心して子供を預けられる環境はないでしょう。

小さい時には自閉症の子供を自分が面倒見ていましたが、小学校になれば上手く環境に適応できるか不安になるのは当然です。

まして自閉症の子供を受け入れてくれるか心配なので、親の不安は尽きることはないでしょう。

子供のために普通の教育を受けさせたいという気持ちも分かりますが、数年後には他の子供たちとの差が出てしまった時に、困るのは自分の子供です。

子供の将来を考えれば私立の小学校で受け入れ態勢が整っている環境が、自閉症の子供にはいいと言えるのかもしれません。

自閉症の子供にとって一番良い環境を探してあげることが大切です。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ