ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

2017.8.11

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には不安が付き物です。

他の子供たちと上手くやっていけるか不安なのはもちろんですが、学校側がしっかりとサポートしてくれるも考えてしまいます。

学校に行かせてしまえば子供は一人きりなので、助けてあげることはできません。

自閉症の子供はできるだけ私立の小学校に入れた方がいい理由について紹介します。


私立の小学校の方が自閉症に対しての理解が進んでいる

自閉症の子供を私立の小学校に入れた方がいい理由のひとつに、公立よりも私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるからです。

すべての私立の小学校が理解が進んでいるのではありませんが、自閉症の子供を受け入れるクラスもあります。

私立の方が多様化が進んでいるので、自閉症の子供などの受け入れ態勢だけでなく、教育方法までしっかりとカリキュラムが組まれていることが多いです。

自閉症の子供に接する時には、簡単な言葉できちんと伝えることが大切ですし、その場でしっかりと注意することも大切です。

教師が自閉症の子供への理解が進んでいれば、その場でしっかりと適切な対応をとってくれるので安心して任せられます。

また小学生では自閉症の子供へのいじめも考えられるので、教師が他の子供に対して教育することも大切です。

私立の方が自閉症の子供に対する理解が進んでいるので、公立と迷っているなら私立の自閉症の子供を受け入れてくれる学校を選びましょう。

自閉症のクラスがある市立の小学校へ入学させれられる

私立の小学校であれば自閉症の子供を受け入れてくれるクラスがあるので、心配事も少なくて済みます。

公立の学校へ入学させてしまうと、どうしても他の子供と同じように教育させることしかできません。

自閉症でも普通の教育を受けさせたいという親もいますが、だんだんと知的障害などが出てしまうと、普通の子供とは一緒に教育させることが難しくなります。

そのため親の希望で公立の学校に入学させても子供が孤立してしまうことによって、結局は私立の自閉症を受け入れてくれるクラスへの編入をすることになりかねません。

自閉症の子供への教育は理解のある教師が行わないと、子供の方が可哀そうになってしまいます。

公立の学校では自閉症への子供の接し方や教育方法などは教育されていないので、どう対処すればいいか分かりません。

私立ならば自閉症の子供に理解ある先生とクラスに入学させられる可能性が高いので、私立の小学校の方がおすすめです。

私立の小学校には自閉症の子供に理解のある先生がいる

自閉症の子供への教育は理解のある先生が行うことが大切なので、私立の小学校で受け入れてくれるクラスを探した方がいいでしょう。

自閉症への子供の教育としては、知的障害があるので普通に接しても理解することはできません。

ゆっくりきちんとした言葉で具体的に話しかけることが大切ですが、理解があるからこそ対応することができます。

また注意する時にはその場でしっかりと注意することが大切で、後から注意をしてもまったく理解することができません。

少しずつ成長しているので根気よく教育していくことが大切ですが、教育するには知識や理解がある先生でなければ難しいでしょう。

例えば自閉症の子供は人のマネをしながら覚えていくことが多いので、その特性を理解して教えることができます。

自閉症の子供への接し方や特性を理解している先生がいるクラスの方が、子供にとっては良い選択しだと言えるでしょう。

自閉症の子供を通わせるには小学校との信頼関係が必要

自閉症の子供を受け入れてくれる私立の小学校があれば、自分がいない時でもしっかりと対応してくれるので安心です。

安心して子供を預けるには小学校との信頼関係が大切で、子供への教育や育成方法を明確にしていることが大切です。

普通の子供は学校で友達を作ったりできますが、自閉症の子供はなかなか難しいでしょう。

同じ境遇の子供がいれば一緒にいる時間は多くなって仲良くなれますが、もしも一人だけの場合には常に先生と二人きりになってしまいます。

そのためなるべく自閉症の子供を受け入れてくれるクラスの子供には、受け入れてもらうことが大切です。

そのためには子供たちへの理解をさせる教育も必要ですし、教師の理解度や協力が必要不可欠です。

また学校が自閉症の子供を全面的に受け入れていることを、他の子供たちの親にも周知していることも必要でしょう。

小学校との信頼関係があるからこそ安心して子供を預けられるので、信頼できる私立の小学校を探すことは子供にとっても幸せなことです。

子供の将来を考えた選択肢を選ぶことが大切

自閉症の子供を持つ親にとって心配なことは、子供の将来が気になります。

私立の小学校に入学させることによって、理解ある学校や先生に巡り合えることができれば、これほど安心して子供を預けられる環境はないでしょう。

小さい時には自閉症の子供を自分が面倒見ていましたが、小学校になれば上手く環境に適応できるか不安になるのは当然です。

まして自閉症の子供を受け入れてくれるか心配なので、親の不安は尽きることはないでしょう。

子供のために普通の教育を受けさせたいという気持ちも分かりますが、数年後には他の子供たちとの差が出てしまった時に、困るのは自分の子供です。

子供の将来を考えれば私立の小学校で受け入れ態勢が整っている環境が、自閉症の子供にはいいと言えるのかもしれません。

自閉症の子供にとって一番良い環境を探してあげることが大切です。

 - 子育てのお悩み