妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

   

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがある人もいるでしょうが、4歳の子供の育児にも、まさにこの言葉が付きまといます。

自我が確立し、知恵も付き、社会性に目覚め、更に言葉も達者になってきた4歳だからこそ、お父さん・お母さんは育児に疲れてしまうものなのです。

4歳の子供を前に、育児に疲れた、そう思った時には、どう子供と接していけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



魔の2歳児よりも恐ろしい!?4歳の子育てに疲れた人続出!

言いたいこと・伝えたいことが伝わらず、結果として泣きながら「イヤイヤ」をする”魔の2歳児”の時期とは違い、4歳の子供には、自分の気持ちを表現するだけの言葉が備わっています。

それだけに、4歳の子供の子育てに疲れた、という先達のお父さん・お母さんの声が、インターネット上だけを見ても枚挙に暇がないほど存在しています。
 

この時期の子供は、保育園や幼稚園と言った集団生活で、家庭以外の世界に接することで、自己主張の大切さを学びます。

ですがやはりまだ学び初めの頃であるため、他人にも同じように感情があり、譲り合って関係を築くという加減が分からないのです。
 

そのため、一番近しい存在である家族に対して、「もっと自分を見て欲しい」「自分の考えを聞いて欲しい」という欲求が生まれ、それを強烈に主張してくるのです。

加えて口も達者になり、新しい言葉を外で覚えてくるために、両親などの家族のほうが、その変化についていけずに疲れてしまうものなのです。

自己主張が激しくなる4歳の育児 疲れたと感じるのも当然!

それまで、親の考えが全面に出ていた家庭内が、4歳の子供の主張が加わることで劇的に変化します。

勿論、親の都合だけでなく、子供の成長に正しいこと(早寝早起き、毎食後の歯磨きといった正しい生活習慣を含む)をしていたのに、それすら嫌だと口を出し、思い通りにならないと泣き叫んで、時に暴力が加わると、疲れたと思うのも無理はありません。
 

疲れた、付き合いきれない、子供の主張が正しくないからと、ついつい親も感情が先走って、大声で怒鳴ったり怒ったりしてしまいがちですが、やはりこれは子供にいい影響は与えません。

この時期の子供は、とにかく「自分の気持ちを聞いて欲しい」という欲求が先走っている状態なのです。

この気持ちを持つこと自体がいけないことだ、と感じさせることは、その後の性格・人格形成に大きな影を落とすことになります。
 

勿論、全て子供が望むことを優先する必要はありませんが、適当なその場限りの嘘をついても、もうこの時期の子供には通用しません。
 

確かに体はまだ小さく、考え方も幼児です。

しかし、その体の中には、もう一つの人格が宿っていることを、第一に考えなければならないのです。

4歳の育児に疲れたと思う前に 一人の人間として見てみよう

4歳の子供を育児する上で重要なのは、「子供の意見も一人の人間の意見として耳を傾ける姿勢」です。
 

まだ4歳児だから、まだ守るべき存在だから――それ自体は間違いではありません。

ただ、子供には、その親の意図は伝わりません。

「何故、自分には自分の気持ちがあるのに、それを真剣に聞いてはくれないのか」

「どうして疑問に思うことを、親は答えてくれないのか」

そうした気持ちを抱くことになります。
 

間違っていることであったとしても、まず、子供の意見を聞き出してあげる、それが4歳の育児に、親が一番しなければならないことなのです。

その上で取り入れてあげられるものは取り入れ、そうでない時にはよく噛み砕いて、子供の心が納得できるよう、ゆっくり諭してあげる必要があるのです。
 

このような会話には時間がかかりますが、お互いに感情的に向き合っていても、疲れるばかりで前進しません。

向き合う育児に疲れた、そう思う時こそ、自分も子供も落ち着いている時、抱きしめてゆっくり、色々な話をしてみてください。

そうやって、自分の子供がどんな考え方をする性格なのか、よく見極めてあげて下さい。

親の思う理想の枠に子供を当てはめようとしていませんか?

子供には○○な人になって欲しい。

小さいうちから○○をすれば、将来困らない。
 

そうした親の理想・エゴを押し付けようとはしていませんか?

しかし、子供の意見を取り合わず、無理矢理自分達の思う枠にはめようとすることは、とても危険です。

子供の主張は幼くて、将来を見通したものでないために、ついつい「今イヤだと思っても、将来役に立つから!」の一言で、子供の意見を無視しがちですが、嫌がる子供に無理に何かをさせても、身につくことはありません。
 

嫌がるのであれば、どうしてイヤだと思うのか、その理由を聞いてあげて下さい。

気持ちを表現するのが難しそうな素振りを見せるなら、問い詰めるのではなく、「○○が嫌なのかな?それとも××なのが嫌なの?」と、子供の気持ちをゆっくり探ってあげましょう。
 

その上で、親と子供でどうすれば今ある問題を解決することが出来るのか、話し合ってあげましょう。

親は自分の真剣に話を聞いてくれる、そう思うことが、子供にとってまず何よりの救いになるのです。

肩の力を抜いて、子供と接する時間を持つことが解決の鍵

育児に疲れたと思うこと自体、恥じることでも情けないことでもありません。

何故なら、あなたが一生懸命接している子供は、もう自我を持つれっきとした”一人の人”であり、更に彼・彼女は自分自身は大人と変わらない扱いを望んでいるのです。

何も知らなかった頃に比べて、接しにくくなるのも当然です。
 

子供にとって、やはり一番好きなのは親や家族で、難しい言葉よりも、単純な好意の言葉やスキンシップのほうが、まだずっと影響力を持っています。

子供がこの先失敗しないように、ああしてあげなければ、こうしてあげなければと考えるのも親心ですが、そればかりでは親も子供も疲れてしまいます。

お互いが疲れてしまう前に、ちょっと立ち止まって親子のスキンシップや会話を楽しむ時間を作りましょう。
 

そしてそれでも疲れてしまった時には、自分の頭を冷やす、リフレッシュすることで、子供に酷い言葉を投げつけずに済むこともあります。

家族間で声を掛け合い、将来「あの時は苦労したね」と笑い合えるよう、少し肩の力を抜いて育児をしてみませんか?

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ