妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

   

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化しないものであると思ってしまうのはあなただけではないと思います。

健常者だからできる、障害者だからできないというのは思い込みです。

結婚出産をするということは、健常者に比べればかなり大変な事かもしれませんが、できないと諦めることはないのではないでしょうか。

どんな障害を持っているかは人により違いますが、最初から諦めないでください。

してはいけないと決めるのはまだ早いです。

一緒に結婚や出産について考えていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


障害者の結婚や出産は周りからの偏見があることが多い

障害者だから結婚も出産も出来るわけないなどとあなたが思ってしまうのには、周りからの偏見があるからではないでしょうか。

周りからしてみたら結婚なんて、ましてや出産なんて絶対に大変だから出来るわけないなどと勝手な偏見を持っているのだと思います。

あなたにしても、そんな偏見があるから諦めようとしているのではないですか。

でも、無理だと言っているのは当事者ではありません。

大変だから周りに迷惑をかけてしまうからと、思い込みだけで言っているのだと思います。

実際に障害者同士や健常者と結婚している人はいますし、出産している人もいます。

大変かどうか無理かどうかは、人により違いますし、他人に決められることではありません。

周りからの、障害者の結婚出産に対する偏見をそのまま受け止めるのではなく、あなたがどうしたいかが大切ではないかと思います。

障害者でも結婚や出産をしたいと家族に話しておきましょう

障害者であるから結婚出産は大変だと思っているのは、あなたの家族も同じだと思います。

しかし、一番の理解者であり協力者はあなたの家族ではないでしょうか。

あなたが結婚したい、出産して赤ちゃんが欲しいと思っていることは家族は知っているのでしょうか。

家族の承諾、協力なくしては結婚にしても出産にしても、実現するためには必要なものだ思います。

あなたが自分の気持ちを家族に話した時に、もしかしたら反対するかもしれません。

でもそれは、あなたの事を思っての事だと思います。

大変な思いをさせたくない、きっと苦労すると思うからと、実際どうなるかわかりませんが、あなたを育ててきた家族だからこそではないでしょうか。

もし、相手が健常者であれば相手の家族に反対されるかもなどと考えたら尚更です。

でも、自分の人生を後悔しないためにも、あなたの気持ちをきちんと伝えましょう。

あなたの真剣な気持ちを伝えることできっと分かってくれるはずです。

あなたの事を誰よりもわかっているのは、一番身近にいる家族ですから。

実際に障害者で結婚して出産した人の話しなどを聞いてみよう!

障害者で結婚出産している人は、世の中には沢山います。

あなたの周りにはいないかもしれませんが、ネットで検索するとブログなどが出てくると思います。

障害者と言っても、発達障害などの精神的障害者の方だったり、身体的障害のある方だったり、人によって障害の状況は異なってくると思います。

そんな状況の方達のなかには、実際に結婚出産し子育てして頑張っている方がいますので、結婚に至るまで、出産について、してからなどを聞いてみるとよいでしょう。

直接話しを出来なくても、メールなどで相談をすることも出来ますので、ぜひ活用することをおすすめします。

やはり、当事者でなければわからないこともありますし、本人だからわかる苦労などもあると思います。

今大丈夫でも、これから壁にぶつかることもあるかもしれませんので、その時には相談にのってもらうなどできるようにネットワークを作っておいた方がよいでしょう。

一人で抱え込まない為にも、そうすることがよいと思います。

家族の協力だけでなく自治体の支援も利用しましょう!

障害者の方の結婚出産となるとやはり周りの方の協力は必要不可欠です。

悪いから迷惑かかるからなどと遠慮しているときではありませんよ。

障害者だからといって、結婚出産してはいけないという決まりはないです。

一番身近な家族の協力は、確かに必要です。

でも、家族にも限界があったり、都合が悪いときだってあると思います。

家族だからこそ遠慮してしまうこともあるのではないでしょうか。

各自治体へ問い合わせてみるとよいでしょう。

自治体により、費用などの援助から通院や出産してからの赤ちゃんのお世話に関する援助もあるようですので、一度調べてみてください。

全てを自分達だけでやろうと思わないで、甘えてるなどと思わないで協力をしてもらいましょう。

決して恥ずかしいことなどではありませんし、折角そういう制度があるのですから活用するべきです。

そうすることが、あなたにとっても周りの家族にとっても気持ちに余裕が生まれ、ストレスを軽減させてくれるのではないでしょうか。

自分の人生です!実りのある悔いのない人生を歩みましょう!

障害があるからといって、全てを諦めることなどありません。

障害の有無に関わらず、幸せになる権利はあります。

確かに、結婚出産となると健常者の方よりは苦労もあるし大変かと思いますが、周りの支えがあってこそではないでしょうか。

何よりもあなたと相手の方の気持ちがしっかりとしていることが、一番大切です。

不安で、時にはどうしたらよいかわからなくなることがあるかもしれませんが、そんな時は同じ境遇の人がいることを忘れないでください。

みんな障害はそれぞれ違うと思いますが、周りの人に支えられて頑張っているのです。

周りからの心ない言葉や偏見がまだある世の中ですが、支えて支援してくれる人は沢山います。

きっと産まれてきた子供は、すくすくと元気に育つことでしょう。

そして、あなたも結婚してよかった出産してよかったと思える時がきっとくるはずです。

自分の人生ですから、悔いのないように歩んでいってください。

決して焦らず、時間はかけてもよいのでゆっくりとあなたなりの人生を過ごしてください。

  関連記事はこちら

 - 結婚のお話し

ページ
上部へ