妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

貴重な体験!大変だったけど不思議で面白いと感じた妊娠期間

   

貴重な体験!大変だったけど不思議で面白いと感じた妊娠期間


40歳/主婦

私は二人の子供を出産しましたが、二人ともつわりが産むまで続くという本当に大変な妊娠期間でした。

出産自体も大変なことでしたが、私の場合はやはり一番の思い出はつわりです。しかし、このつわりも今思うととても不思議なことだったと思えるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


妊娠期間中に憑りつかれた食べ物は

上の子供は息子で、下の子供は娘ですが、それぞれ妊娠期間中に憑りつかれた食べ物が異なります。

妊娠中は多くの人がいろいろな食べ物に憑りつかれるものですが、私は上の子供の時は吐きづわりで食べては吐くを繰り返していましたが、なぜか塩カルビ丼やピザ、鶏の唐揚げなどばかりが食べたくなり、飲み物はオレンジジュースばかりで、それまで好きだったチョコレートやケーキは一切受け付けなくなりました。

2番目の時は、食べつわりで何か食べていないと気持ちが悪くなるというパターンで、食事は和食メニューしか受け付けず、いつでもかつお梅を食べていた記憶があります。

そして、一人目のときに嫌になってしまった甘いものが食べたくて仕方がなくなり、飲み物も炭酸ジュースばかり飲みたくて仕方がなかったです。

そして、妊娠4ヶ月の時にはすでに体重が増えすぎと病院で怒られる状態でした。

妊娠中に人生初めてのダイエットを経験

妊婦なのに人生初めてのダイエットを経験しました。つわりがそのような状態でしたが、後々生まれた子供が大きくなってくるにつれて、子供の食べ物の好みが私が妊娠中にひたすら食べていたものとほとんど同じだったのです。

つわりの原因はまだ医学でもよくわかっていないことですが、これは偶然のことなのか産んだ母親としてもとても不思議なことです。

胎動と出産後の個性には共通点があった

そして、胎内にいたときの胎動の感じ方も生まれた後の子供の個性と同じであることに驚きました。

上の子供は胎内でも四六時中動き回っていて、私もたくさん蹴られて痛みで睡眠不足になるような状態でしたが、いざ生まれてきたらやはりわんぱくな息子でした。

下の子供は、かすかにモゾモゾ動く程度の子供できちんと生きているのか心配になるほどでしたが、生まれてきたらやはり活発に動き回るタイプの子供ではなく、私にべったりで、いつでもおんぶされているのが大好きな娘でした。

子供の個性って本当に胎内にいるときから同じなのかなとしみじみ感じたものです。

上の子供は特に切迫早産で25週から34週まで入院生活をしていましたが、わんぱくな子供なので子供自身が早く外に出たくて仕方がなかったのではないかと、今になると思ってしまいます。

とても大変な妊娠期間でもありますが、とても不思議で面白い期間でもあったように感じています。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ