妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

貴重な体験!大変だったけど不思議で面白いと感じた妊娠期間

   

貴重な体験!大変だったけど不思議で面白いと感じた妊娠期間


40歳/主婦

私は二人の子供を出産しましたが、二人ともつわりが産むまで続くという本当に大変な妊娠期間でした。

出産自体も大変なことでしたが、私の場合はやはり一番の思い出はつわりです。しかし、このつわりも今思うととても不思議なことだったと思えるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


妊娠期間中に憑りつかれた食べ物は

上の子供は息子で、下の子供は娘ですが、それぞれ妊娠期間中に憑りつかれた食べ物が異なります。

妊娠中は多くの人がいろいろな食べ物に憑りつかれるものですが、私は上の子供の時は吐きづわりで食べては吐くを繰り返していましたが、なぜか塩カルビ丼やピザ、鶏の唐揚げなどばかりが食べたくなり、飲み物はオレンジジュースばかりで、それまで好きだったチョコレートやケーキは一切受け付けなくなりました。

2番目の時は、食べつわりで何か食べていないと気持ちが悪くなるというパターンで、食事は和食メニューしか受け付けず、いつでもかつお梅を食べていた記憶があります。

そして、一人目のときに嫌になってしまった甘いものが食べたくて仕方がなくなり、飲み物も炭酸ジュースばかり飲みたくて仕方がなかったです。

そして、妊娠4ヶ月の時にはすでに体重が増えすぎと病院で怒られる状態でした。

妊娠中に人生初めてのダイエットを経験

妊婦なのに人生初めてのダイエットを経験しました。つわりがそのような状態でしたが、後々生まれた子供が大きくなってくるにつれて、子供の食べ物の好みが私が妊娠中にひたすら食べていたものとほとんど同じだったのです。

つわりの原因はまだ医学でもよくわかっていないことですが、これは偶然のことなのか産んだ母親としてもとても不思議なことです。

胎動と出産後の個性には共通点があった

そして、胎内にいたときの胎動の感じ方も生まれた後の子供の個性と同じであることに驚きました。

上の子供は胎内でも四六時中動き回っていて、私もたくさん蹴られて痛みで睡眠不足になるような状態でしたが、いざ生まれてきたらやはりわんぱくな息子でした。

下の子供は、かすかにモゾモゾ動く程度の子供できちんと生きているのか心配になるほどでしたが、生まれてきたらやはり活発に動き回るタイプの子供ではなく、私にべったりで、いつでもおんぶされているのが大好きな娘でした。

子供の個性って本当に胎内にいるときから同じなのかなとしみじみ感じたものです。

上の子供は特に切迫早産で25週から34週まで入院生活をしていましたが、わんぱくな子供なので子供自身が早く外に出たくて仕方がなかったのではないかと、今になると思ってしまいます。

とても大変な妊娠期間でもありますが、とても不思議で面白い期間でもあったように感じています。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82