ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

赤ちゃんへのミルクの間隔が短い時にできる対策と考え方

2017.9.8

赤ちゃんへのミルクのあげ方として、きっちりと間隔を空けてあげた方がいいと教わります。

生活リズムもつきやすいので、ミルクをあげる間隔や寝るタイミングなどきっちりさせてあげたいと思うでしょう。

そのためミルクの間隔が普段よりも短いとあげてもいいのか不安になりますが、赤ちゃんがぐずってしまうので大変です。

そこでミルクの間隔が短い時にできる対策と考え方を紹介します。


ミルクの間隔が短い時は仕方なくあげても気にしない

赤ちゃんがミルクを欲しがったことで、間隔がいつもより短いとしても気にしないようにしましょう。

生活リズムをつけるためにもミルクの間隔を一定にしたい気持ちは分かりますが、成長するにつれてミルクの回数も減っていくものです。

離乳食を食べる用意なればさらに減っていきますし、赤ちゃんはお腹が空いたらミルクを欲しがるだけです。

毎日きっちりとミルクの時間を決めて間隔を空けていても、お腹が空く時もあればあまりお腹が減っていない時もあるでしょう。

大人でも毎日同じ時間に食事をしますが、気分や体調によって食事量も変わってくるはずです。

赤ちゃんもお腹が空いた時にミルクを欲しがるので、お腹が空いているのにミルクをあげないのはかわいそうです。

成長期にある赤ちゃんにはたくさんミルクを飲んで栄養を摂ってもらいたいので、お腹が空いた時はどんどんミルクを飲ませましょう。

ミルクをあげる間隔が短い時は他の物で気を紛らわせる

赤ちゃんがミルクを欲しがる素振りとして、手を出したり吸い付くような仕草をすることがあります。

お腹が空けば本能的にミルクを欲しがりますが、お腹が空いていなくても口元が寂しい時にはミルクを欲しがる仕草をすることもあります。

赤ちゃんの微妙な仕草の違いに気づくことは難しいですが、お腹が空いていなくてもミルクをあげれば飲もうとします。

ミルクの間隔が短いから心配に思うかもしれませんが、実際はミルクを欲しがっているのではなく、口元が寂しいだけかもしれません。

例えば普段は3時間おきにミルクをあげていれば、2時間くらいで欲しがるのはおかしいと思います。

そんな時は口元が寂しい可能性もあるので、おしゃぶりを与えたりして様子をみましょう。

30分程度の誤差ならばよくあることですが、あまりにも間隔が短い時には他の物で紛らわせるようにしましょう。

元気に動いた後はミルクをあげる間隔が短い時もある

ミルクを欲しがるのはお腹が空いた証拠なので、ミルクをあげる間隔が短い時はたっぷりと運動した後かもしれません。

赤ちゃんもだんだんと体を動かすことができるようになれば、それだけ消費エネルギーも大きくなっていきます。

普段の生活の時に比べてたくさん運動した後は、消費エネルギーも多くなるのでお腹も早く好きます。

外出した時や新しいおもちゃに夢中になって遊ぶときなど、普段とは違った行動をすると体力を消耗しやすくなります。

新しいことや経験は頭のエネルギーも消費するので、体力と共に頭も使うことで消費エネルギーも多くなるのです。

いつもとは違った環境になった後に早めにミルクを欲しがるようならば、それだけエネルギー消費が大きいから疲れたのかもしれません。

早めにミルクをあげた後はぐっすり眠ってしまうことも多いので、ミルクの間隔が短くても気にすることはありません。

無理にミルクをあげる間隔を守ろうとしなくても大丈夫

赤ちゃんにミルクをあげる間隔を一定にすることで、生活リズムがつきやすいメリットがあります。

生活リズムが安定すると成長にもいいですし、子育てしやすくなるので良いことばかりです。

逆に生活リズムが安定しないと成長に欠かせない睡眠や食事をしっかりとることができないので、赤ちゃんの成長に不安が多くなります。

ミルクをあげる間隔が短いと、その後の生活リズムも乱れてしまうと感じるので、頑なにミルクをあげる間隔を保とうとする人もいます。

しかし人は生活リズムがきちんとしていれば健康的に生活できますが、毎日多少の生活リズムの乱れはあるものです。

そのためきっちりとミルクの時間を3時間おきにしなくても、2時間半でミルクをあげても気にする必要はありません。

生活リズムはミルクだけでなく睡眠時間なども影響するので、特にミルクの時間だけきっちり守ろうとしなくても大丈夫です。

基本的にはミルクを欲しがるだけたくさんあげた方が成長しやすい

赤ちゃんがミルクを欲しがっている時には、基本的には欲しがるだけあげた方が成長しやすいです。

お腹が空いているからミルクを欲しがるので、ミルクの時間ではないから我慢しろというのはかわいそうですし、赤ちゃんの成長にも悪いと言えるでしょう。

確かに生活リズムを考えるとミルクの間隔が短い時には乱れやすいかもしれませんが、赤ちゃんの時はミルクは欲しがるだけあげた方が成長を考えてもいいでしょう。

食事の時間を守らせるのはもっと大きくなってからでも大丈夫なので、成長期の赤ちゃんや子供には、たくさんミルクをあげて栄養をたっぷり摂ってもらいましょう。

赤ちゃんの成長を考えるなら、お腹が空いている時にたくさんミルクをあげることも必要なことです。

毎日時間やミルクの量をきっちり計るのも大切ですが、赤ちゃんにとって大切な栄養はどんどんと摂取してもらいましょう。

ミルクをたくさん飲んで赤ちゃんがすくすく成長することを願っています。

 - 子育てのお悩み