ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

障害者を見た時の子供の反応は?親としての説明の仕方

2017.9.12

子供と一緒にいる時に障害者を見た時の子供の反応は気になりますが、決して見ないように言ったり、偏見を持った態度をしないことが大切です。

子供に障害者のことをしっかりと説明することが親の責任でもありますし、将来差別しないように教育することも大切なことです。

そこで障害者のことを子供に説明する時に気をつけることを紹介します。


障害者を見た子供に対して説明する時は事実をしっかりと説明する

障害者を見て子供から質問をされた時に、はっきりと説明することは大切なことです。

子供にとってなぜ障害があるのか分からないので、自分と違う障害者のことを親に聞きます。

障害で片腕がない人に対して、子供にあまり見ないように言うのは偏見や差別を生むことになります。

障害者がいても普通の人と同じように接することが当たり前ですし、親が普通に接することで子供も偏見を持たなくなります。

片腕がない人のことを説明する時には、見えはいけないと言うだけでなく、推測ですが事故によって片腕を切断しなければいけなくなったのかもしれないと伝えましょう。

子供なりに障害者は特別な存在ではなく、事故によって片腕を失ってしまった人と理解することができます。

そのため自分も事故に遭わないように気をつけようと思いますし、障害者に対して自分たちと同じ何だという分かってもらうことができます。

子供に説明する時は障害者は特別な人ではないことを伝える

障害者は決して特別な存在ではありませんが、子供にとっては自分と違う障害者に対して理解することができないでしょう。

そのため物珍しく見てしまいまが、それだけ子供は障害者に対して興味を持つようになります。

その時にしっかりと特別な存在ではなく、自分たちと同じ何だということを説明することが大切です。

障害者は事故や病気によって障害を負ってしまった人たちなので、子供にもその事実をしっかり説明します。

また子供が障害者と同じように片腕がなかったり車椅子生活になっらどうかと考えさせれば、障害者に対して優しくなることができます。

自分に置き換えて考えることによって、障害者がいかに大変かを考えることができますし、子供の時の優しい気持ちは大人になってからも持ち続けます。

障害者への偏見や特別な存在だという意識を持たないように説明できれば、きっと大人になってからも障害者への理解もしてくれるはずです。

障害者のことを説明する時は子供に少しだけ違うだけだと伝える

子供に対して障害者のことを説明する時に大切なことは、根本は自分たちと同じだということをはっきり伝えましょう。

特に子供の時は自分と少しでも違うことに対して、いじめや仲間外れをすることも多いです。

人と違うことに対して敏感なので、障害者に対しても自分と違うことに戸惑いがあるはずです。

障害者のことを子供に説明する時には、自分たちとちょっと違う部分があるだけで、特別扱いをすることはないと伝えましょう。

障害者だから特別扱いをするのと、優しく手伝ってあげることは全く別です。

障害者の人は特別扱いではなく普通の人として接してもらいたいと思っていますし、そのためにリハビリを頑張って普段の生活に支障が出ないように努力しています。

子供に対して人と違うことはその人の個性なので、大切にすることを教えましょう。

障害者も自分とはちょっと違うだけなので、個性として普通に接することを教育することが大切です。

子供が障害者に対して偏見を持たないように育てることが大切

子供は障害者に対して偏見を持つようになるのは、障害者についてしっかりと説明をされたことがないことが要因かもしれません。

子供はみんなと違うことに対して敏感なので、仲間外れやいじめに発展することもあります。

しかし違うことは個性だとしっかりと説明することで、自分の個性を伸ばそうとするので、人と違っても気にすることはなくなります。

障害者に対しても自分たちと違う部分を見つければ、偏見を持ってしまうこともあるでしょう。

子供だと片腕がない障害者に対して、気持ち悪いと心無い言葉を浴びせるかもしれません。

親がしっかりと子供に障害者に対して、病気や怪我で苦しんでいることを伝えたり、自分たちとはちょっと見た目が違うだけで同じ人間だと教えることが大切です。

子供にもしも自分が障害を持ってしまった時のことを考えさせることで、障害者の身になって考えさせれば偏見を持たなくなるはずです。

障害者と共に明るい生活が送れることが幸せだと伝える

障害者は何らかの原因や事故によって障害を負ってしまったのですが、子供にとっては五体満足なのが当たり前だと思っています。

そのため障害者のことを説明する時には、自分たちと同じだというおことをしっかりと伝えて、優しくすることを教えましょう。

一番良いのは障害者の身になって考えさせることで、子供なりに障害者の大変さを知ることができます。

指が1本なかったとすれば、子供にも1本指を使わせないで生活させてみます。

すると子供は障害者の苦労を自分の身で体験できるので、小会社に対して優しく接することができます。

誰もがなりたくて障害者になったのではないので、障害を持ってしまった時にはとにかく前向きに考えることが大切です。

障害者と共に明るい生活が送れることが理想的なので、障害に対して偏見を持たないように説明することが大切です。

障害者に対して当たり前のように手を差し伸べることができる人になれるように、子供が育ってくれることを願っています。

 - 子育てのお悩み