妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃんの泣き声が気になる!アパート暮らしで注意するべきこと

      2017/08/31

赤ちゃんの泣き声が気になる!アパート暮らしで注意するべきこと

アパートに住んでいる時に赤ちゃんが生まれて気になるのが、赤ちゃんの泣き声による他の住民への迷惑です。

赤ちゃんは泣くことが仕事なので仕方がありませんが、他の住人からするとうるさいと思われてしまうことも多いでしょう。

しかし赤ちゃんの泣き声をとめることはできないので、アパートに住んでいる時の赤ちゃんの泣き声はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



アパートで赤ちゃんの泣き声に気を遣うなら住民に挨拶をしに行く

アパート暮らしで赤ちゃんが生まれると、壁が薄いので泣き声で迷惑をかけてしまわないかと不安になります。

赤ちゃんにとっては泣くことが仕事ですが、自分の子供ならば何とも思わなくても、他人の赤ちゃんの泣き声は騒音に思ってしまうこともいます。

特にアパートは壁が薄いので隣の部屋だけでなく、周辺の部屋全体に泣き声が聞こえてしまいます。

もしかしたら泣き声がうるさいと苦情を言われてしまわないか不安になりますが、それほど音に関して厳しい世の中になっていると言えます。

赤ちゃんの泣き声をやめさせることはできませんが、気を遣うことはできるので、近隣の部屋の人には一言挨拶をしておきましょう。

事前に赤ちゃんが生まれたことで泣き声で迷惑をかけてしまうかもしれないと、挨拶に行って気を遣うことで、トラブルを防止することができるかもしれません。

気を遣うことによって周辺の住民とも上手くやっていけるので、他の部屋の人への挨拶はしておきましょう。

アパートでは赤ちゃんの泣き声がうるさいので防音グッズを使う

アパートでは壁が薄いので赤ちゃんの泣き声でなくても響くことから、防音グッズなどを駆使してなるべくうるさくないように気遣いましょう。

アパートでは壁が薄いのはもちろんですが、上下階の歩く音や咳まで聞こえてくるくらい薄い壁になっていることが多いです。

そのため赤ちゃんの泣き声はよく通ってしまいますが、心配なのは赤ちゃんの夜泣きです。

静かな夜に赤ちゃんが一度泣き出すと、寝ている住民に迷惑をかけてしまうことも多くなります。

毎日のように夜泣きをされれば不快に感じてしまうので、できるだけ防音グッズを利用して音や声に気を配りましょう。

窓のサッシに張り付けると効果があるものや、高い家具を窓際に配置するなど、ちょっとした工夫でも防音効果は上がります。

アパートという音が漏れやすい場所なので、防音効果も程度がしれていますが、やらないよりは確実に効果が期待できるのでおすすめです。

赤ちゃんの泣き声はアパートだとうるさいので窓を閉める

アパートでは音が漏れやすい構造になっているので、赤ちゃんの泣き声も近くに住んでいる人によく聞こえてしまいます。

最低限の配慮として赤ちゃんが泣いた時は音が漏れないように窓を閉めるなど、できるだけ音漏れをしないように気をつけましょう。

音が漏れやすいのは窓や窓の隙間から音が漏れやすいので、窓を閉めていても泣き声は聞こえてしまいます。

窓には防音効果のあるカーテンや隙間を埋めるテープなど、いろいろな防音効果のある商品があるので、利用することをおすすめします。

大きくなってからは歩く音でさえうるさくなるので、床にマットを敷くなど、音に関してはこれから先もずっと気にしなければなりません。

徐々に生活音もうるさくなっていきますが、まずは赤ちゃんの泣き声があまり漏れないように、窓を閉めて防音カーテンを利用してみましょう。

赤ちゃんの泣き声が気になるなら大家に一言伝えておく

アパートに住んていて赤ちゃんの泣き声がうるさくないか気になるなら、大家に一言伝えておくと良いでしょう。

初めにアパートに住む時に人数を聞かれますが、一人か二人かによっても条件が違ってきます。

入居後に家族が増えたことで問題になることはありませんが、他の住民から大家に苦情がいくかもしれません。

赤ちゃんの泣き声は仕方がないことですが、理解のない人がいるとアパートに住みにくくなります。

実際に赤ちゃんの泣き声がうるさくて他の住民の多くから苦情があると、出て行かなければいけないかもしれません。

大家に赤ちゃんが生まれたことを伝えておくことで、大家が上手く対応してくれるはずです。

もちろん自分達でも静かにするように気をつけていますが、赤ちゃんが泣くのは仕事で元気な証拠でもあります。

大家に挨拶をしておけば泣き声の苦情も対応してもらえると思えば、不安なく安心して過ごすことができるでしょう。

アパートでは泣き声が響きやすいので防音を意識する

本来ならばマンションで防音効果の高い場所で済みたいですが、アパートに住んでいる以上は、自分たちで泣き声に対処しなければなりません。

赤ちゃんの泣き声を騒音だと思っている人がいると苦情が来るので、赤ちゃんが泣くたびに不安に思ってしまいます。

防音効果の高い商品やグッズもあるので、気休め程度でも防音意識を高めることで安心することができます。

本来ならば近隣住民との関係性が良ければ、赤ちゃんの泣き声も気にすることはありませんが、隣に住んでいる人も会ったことがない人も多いでしょう。

そのため赤ちゃんの泣き声がうるさいと言われる前に、自分から迷惑をかけるかもしれないと挨拶に行くのもおすすめです。

知らない人の赤ちゃんの泣き声よりも、知っている感じの良い人の赤ちゃんの泣き声は、うるさいとは感じないで元気だと感じるようになります。

ちょっとしたコミュニケーションひとつでトラブルも防げるので、防音とコミュニケーションを意識して、元気な赤ちゃんに育ってくれることを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ