妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

忘れてた!妊活がうまくいかずに不安でイライラが募る私達をハッ!とさせた母の一言

   

忘れてた!妊活がうまくいかずに不安でイライラが募る私達をハッ!とさせた母の一言


33歳/主婦

23歳で結婚した私。しばらくは夫婦2人で楽しんでから子供を。と考えてました。25歳目前で、ボチボチ妊活始めたのですが、あらら?意外に授からない。

妊活前から夫婦の営みは普通にありました。避妊しなくなっただけ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


避妊をやめれば妊娠するものと思っていたが

何の根拠もなく、ほんの3か月くらいで授かると思い込んでました。しかし、半年経っても授からない。

念のために産婦人科で検査してみることに。「卵管も詰まってないし、年齢的にも特に問題出てくる年齢じゃないから、もう少し様子見てみましょう。」という先生の言葉に一安心。

「妊娠は諦めて」と言われるかと思ってヒヤヒヤしてたので、安心して泣けてきた。

主人にも、ひとまず卵管などの異常は無かった事を伝えると、「もうしばらく頑張っても授からない時は俺が検査だね。」と自ら言ってくれたので、本当に気持ちが軽くなった。

彼なりに、授からない事に対して調べて、私への接し方やかける言葉について思案していたみたい。

今思い返すと、それって凄く有り難い事で、幸せ者だと思いますョ。

その当時は自分の事ばかり考えて、その気配りの有り難さに気が付いていませんでした。

妊活の為に2人の生活を見直す事に

夫婦2人だけの生活で、私も働いていたのでかなり自由奔放。乱れた食生活だったけど、夫婦で見直すことにしました。2人そろってお酒も大好き。

主人は深夜まで同僚と飲み歩く事もしばしばありましたが、食事と睡眠が乱れるのと「子供を望むなら、無駄遣いしていられない。」という事から、できる限り一次会で帰ってくるようになりました。

私自身は、妊活開始から少しずつお酒を減らしており、受診したときには全くお酒を口にしなくなっていました。

妊活を初めて1年経つころ、イライラと不安が募り、二人の雰囲気が険悪ぎみに・・・。見かねた私の母が一言。「気にしすぎず、今の2人の生活を楽しんだら?」と。

二人とも「ハッ!」としました。授かる事ばかりに気を取られて、「作業・お仕事」みたいな営みになっていた。

話し合うまでもなく、普通に散歩したり、映画見に行ったり、排卵日気にせずに愛し合ったり。そんな普通の生活をする事に決定。

そうですよね。夫婦の仲がギクシャクしていると心と体にいい事あるわけない。

妊活は忘れて2人の生活を楽しむ事にしたら

努めて妊活の事を考えないようにして過ごす事3か月。キタ〜ッ。本当に妊娠できる体だった。良かったぁ。

20代前半なのに、なかなか授からないので、精密検査と不妊治療に突入していくのかと、本当に不安でした。

母の一言が、かなり気分を和らげ、救ってくれました。主人も、こっそり不妊について調べたり、看護師の友人に妻への接し方を相談したりと気を配ってくれていたらしい。

本当に授かって良かった。妊娠中は、食生活や適度な運動などを心がけて、体重増加も6㎏・若干の貧血があった程度で、問題なく普通分娩で生まれました。

沢山の人に助言してもらい、やっと授かった命は、すくすく成長して今は小学生。

母になれた事に心から感謝してます。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ