ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

忙しい日々!無事に出産を終えてから妊娠生活を振り返って思うこと

2016.8.10


27歳/主婦

私のマタニティーライフは、とにかく活動的に過ごした9ヶ月でした。

私は今は専業主婦ですが、臨月まで、フルタイムの正社員として、フィットネスクラブのインストラクターとして働いていました。

妊婦でも通常通り働かされる職場

まず、それだけでも周りの人たちには驚かれました。朝8時に家を出て、夜家に着くのは10時。

妊娠初期も安定期も後期も、全く私の職場には関係ありませんでした(笑)

もちろん、辛かったです。つわりはもちろんあり、私は食べづわりでした。

とにかくお腹をすかせないように常にグミを持っていました。お昼休憩は、お弁当2つ食べていました!

すごく食べてたなーと自分でも思います(笑)でも、妊娠前はあれだけ好きだったニンニクたっぷりの唐揚げは家に置いておくのも無理なぐらい吐き気の元でした。

朝起きてすぐの吐き気も辛く、トイレ直行でした。車に乗るのも、酔ってしまうのでダメでした…

そんな毎日が、安定期に入るまでは続きました。つわりは酷いし、仕事はがっつりだし、赤ちゃん大丈夫かな、って本当に不安になりました。

職場の人たちから受けたマタハラ

でも、そんな時に私の職場の人たちは、流産したとしても、そういう運命の子だったんだよ、生まれてきたとしても弱々しい子でも嫌でしょ?と言われました。

完全にマタハラですよね(笑)結果的には無事に生まれてきてくれたから良かったものの、本当に流産してたら一生恨んでいたでしょうね。

そんなこんなで、やっと、安定期もすぎ、臨月で会社を辞めました。そしてやっとゆったりしたマタニティーライフスタート!

っと喜んだのもつかの間…2週間後に引っ越しが迫っていました(笑)

そのため、退社してからの毎日は引っ越しの為の荷造りをする毎日でした。お腹がだいぶ重くなっていましたので、動くのもゆっくりでした。

そのため、1日一箱ずつ作りました。それを20箱作りました!

そして、シルバーウィークの初日に引っ越し、シルバーウィークの最終日に出産しました(笑)初産だったのに、2週間早く出てきました。

今妊娠生活を振り返って思うこと

今振り返ると思うことは、とっても頑張ったマタニティーライフだったなと思います。ゆったり過ごした日なんてありませんでした(笑)

毎日毎日ストレスを感じていた私から産まれたから、この子はとっても空気の読める良い子に産まれてきました(笑)

夜は産後1カ月から朝まで寝てくれるし、あまりぐずらない子です。

ちょっと心配なぐらい良い子なので、これからもたくさん愛情をかけて育てていきたいと思っています。

妊娠期間は、唯一常にお腹の中で我が子を感じられる愛おしい期間なので、大事にしたいな、と2人目が出来たら…と想像しながら思っています!

 - 妊娠中の体験談