妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠中の海外旅行はOK? NG? 海外旅行への準備と注意点及び危険性

   

妊娠中の海外旅行はOK? NG? 海外旅行への準備と注意点及び危険性

妊娠中に海外旅行へ行こうと考える妊婦が増えています。

産婦人科医のお墨付きがあったためか、旅行会社もマタニティ旅行プランなどを展開しています。

でも、本当に危険はない?

マタニティ旅行の準備と注意点について解説いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊娠中の海外旅行はOK?NG?

数年前までは、妊婦の旅行すらあまりおススメされていませんでした。

しかし、最近は妊婦に気分転換にも最適ということで、国内でだけでなく、海外への旅行のプランもたくさん出てくるようになりました。

妊婦向けということで、行程はゆるやかで、リラックス効果や癒し効果を目的としているようなツアーもたくさんあります。

しかし、妊婦の旅行についてはいまだ賛否両論があるのも事実。ある産婦人科医は、「問題ない」言うし、別の産婦人科医は「問題がある」という言うしで、残念ながら明確な結論は出ていません。

妊婦としても、子供が生まれてしまえば、しばらく旅行などお預けで、まして海外旅行なんて遥か先の話しとなりますので、できれば今のうちに旅行に行きたいけれど、おなかの赤ちゃんに影響があるのは嫌だという人がほとんどでしょう。

海外旅行に行くかどうかの最終的な結論は自分で出すしかありません。これからのご説明を参考にしていただければと思います。

妊娠中の旅行の問題点

何故少し前まで、妊婦は旅行に行くのは、推奨されていなかったのか?

それは、いくつか理由があります。
一つ目は、長時間の移動に関する妊婦への体の負担です。同じ姿勢で長時間いることはおなかの子供にも妊婦の体にもよくないと言われています。

二つ目は、旅行先での具合が悪くなった時です。いわゆる飛び込み出産になってしまうからです。

この「飛び込み出産」の本来的な意味は、色々な理由から妊婦検診を受けない妊婦が、出産間近になっていきなり病院に来院することを指します。これはとてもリスクの高い出産方法で、妊娠時の体調や問題、また胎児の問題も把握できていない状態のため、何かトラブルが発生した時に、対処が遅れてしまうという問題があります。

かかりつけ医以外で出産をする場合はどうしても、この飛び込み出産と同じ状況になりえます。

また、旅行先の病院にもキャパがあるため、人気観光スポットや逆に人が少ない場所の場合、病院でも対応できないケースもあるのです。

妊娠中の海外旅行の問題点

海外旅行となると、移動にかかる時間は国内の比ではありません。人気のハワイでも行きには7時間かかります。グアムとサイパンは3時間半ぐらい。オーストラリアのケインズはハワイと同じくらいで7時間半です。

そして、飛行機の移動になりますが、飛行機が妊婦に与える影響というのは今の所、ほとんど判っていません。あまり研究もされていませんし、サンプル数もあまりないからです。

旅行中に何か妊婦に何かトラブルがあった時は病院に行くことなりますが、そのリスクは国内の病院以上です。まずは言葉の問題、そして、費用の問題です。

国外は当たり前ですが日本の健康保険は使えません。かかった費用は全額負担です。

またトラブルが発生したときに飛行機に乗っていた場合、飛行機は人命優先ですから、急病人がでれば、近くの空港へと降ります。つまり乗客全てに予定も航空会社の予定も狂いますから、何らかの損害賠償を請求される事も考えられます。

乗客によっては、飛行機が遅れた所為で自分の商談がフイにされたという事で、個人的に裁判を起こすこともあり得るそうです。

つまり、場合によっては金銭的な問題に発生することがあり得ます。

妊娠中にどうしても旅行に行きたい人へ

とはいえ、旅行好きの人にとっては、出産すればしばらく旅行に行けなくなる、せめて今のうちにどうしても行きたいという人はいるでしょう。

国内にしろ海外にしろ、本当にまずいのはトラブルが発生した場合です。しかし、トラブルが必ず発生するとも限らないのも事実。これを思い出づくりにしたいと考えている人もいるでしょう。

旅行というのは気分転換には最適ですし、妊婦の心の健康につながりますし、決してマイナス要素ばかりではないのです。

どうしても行きたいと考えているのであれば、まずはかかりつけの医者に相談です。妊婦の中にも妊娠中の状態からどうしてもトラブルは起こりやすい人と起こりにくい人がいます。

しかし、医者がいいと言ったから「行って大丈夫」という事はありません。体調に問題がなくても、思わぬ事故、思わぬケガだってありえますので、最終的な判断は自分とご主人と話し合って決めましょう。

どちらを選択するにしても、悔いのないように考えたうえで決断しましょう。

妊婦が海外旅行へ行くときの注意点

まずは準備です。海外旅行でも一応保険証と母子手帳は持参します。もしかしたら、離陸前や帰国後に具合が悪くなることもあり得ます。

また航空会社もしくは旅行会社が医師の診断書や同意書を求める場合もありますので、必要な場合は医師に依頼をします。

旅行の時期は、妊娠初期と後期は避けます。飛行機内も温度差がありますから、ブランケットなど一枚あると羽織ってもよいし、足にもかけられます。あと、着圧ソックスがあると便利。妊婦は足がむくみやすいのでいつもよりも気を付けましょう。

旅行先は出来るだけ寒暖差の少ない場所で、フライト時間が少なく、病院の設備はしっかりしているような国を選びましょう。

海外保険はマストです。海外で入院した時の入院費用や、先に帰国する時に帰国費用をカバーしてくれることもあります。保険内容によって色々違いますので、妊婦もカバーしてくれる保険会社を選びましょう。

おなかの子を守るのは自分だけという事を忘れずに、楽しい旅行にしましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ