妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠すると疲れやすいので、疲れたら休むべしを鉄則に生活を

   

妊娠すると疲れやすいので、疲れたら休むべしを鉄則に生活を

妊娠すると、とにかく疲れやすくなります。

起きているだけでも、寝ていてもとにかく疲れるのです。それは仕方のないことです。

疲れたら休む、頑張りすぎないを鉄則にして、楽しいマタニティライフを過ごしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊娠すると疲れやすくなるのは?

妊娠は病気ではないとよく言われます。

大概このセリフは、「だから動けるよ(寝てばかりいるな)」に続くわけですが、妊婦はとにかく疲れるものです。

何故こんなに疲れるかというと、まずはホルモンバランスが崩れているからです。

妊娠初期に多いのですが、体は赤ちゃんを育てるために変化を始めます。その変化をするために本来はないホルモンが過剰に分泌されるようになります。

そうすると今まで釣り合っていたホルモンバランスが崩れますので、自律神経が上手く働かなくなります。自律神経は内臓系の活動を調整する機能があります。そして活動時には交感神経が、安静時に副交感神経を働かせて、体を調整しているわけですが、これが上手く働かなくなると、疲労を感じやすくなったり、人によっては動機やめまいなど感じる人もいます。

つまり実際に活動していてもしていなくても疲労感を感じるわけですね。

もちろん症状には個人差がありますので、寝ていてもつらいという人もいれば、結構元気という人もいます。

夫に何を言われても疲れたら休もう

夫の中には妻の妊娠について無理解な人がいます。
「寝てばかりで楽だな〜」「疲れて帰ってきてもごはんないの?」「妊娠は病気ではないんだろ(出ました!)」

男性というのは意外に弱いものです。男性は出産の痛みには耐えられない、もし男性が出産すれば発狂するともいわれています。

女性が今耐えている辛さは想像もできないのです。

夫に理解してもらう努力は大切ですが、理解してくれない夫の言動に心を痛める必要はありません。体が休みたいと言っているので入れが休みましょう。

しかし、決してしていけないのは、「どちらか大変か」合戦です。

私だって妊娠はこんなに大変なのよ!俺に仕事だってこんなに大変なんだ!とお互いに言い合ったところで、何の易もありません。逆にお互いに溝を作るだけです。

夫が大変だったと言ったら、「大変だったね」と同意してあげましょう。そして、自分も大変なのだと説明するのです。別に家庭で大変チャンピオンを競いあう必要はないのです。お互いに労わりあいましょう。

妊娠中は自分に優しくしよう

妊娠中に頑張りすぎてしまう人がいます。

妊娠は病気でないのだから(いつも通りの生活をしなきゃ)と頑張ってしまうのです。

しかし赤ちゃんがおなかにいる状態は決して普通でもいつも通りでもないのです。とても特別な時期で特別な事です。

だからいつも通りの生活をしなきゃと頑張りすぎないことが大切です。

出来ることを出来る分だけ頑張りましょう。

また気分転換も大事です。

外に出ると転んだら大変、気分悪くなったら大変、何か起こったら大変と考えて、妊婦検診以外は外にも出ないで、安静にする必要はないのです。

もちろん医者から安静にする指示を受けていれば別ですが、そうでないなら、外に出てお散歩したり、買い物したり、映画を見たり、友達とおしゃべりしたり。

マタニティフォトに挑戦するものいいですし、夫婦二人で過ごせる最後のチャンスかもしれません。雰囲気のいいレストランにおしゃれして出かけるのもいいでしょう。

気分が変われば、疲労感も薄らぐこともあります。

妊娠中に夫を教育しておこう

最近の男性は育児に意識が高い系なので、積極的に育児にかかわろうとしてくれる人もいます。

しかし、育児だけではありません。家事にだって夫の協力が必要です。

子供が生まれたら、家事も手伝うよという夫は信用してはいけません。

やるのはいつ?今でしょ!

子育てが始まれば、中々家事やモノの場所を教えている時間はありません。もう子供、子供、子供の日々です。だから時間の余裕のある今のうちに、家事を協力できるように引き継ぎをしておくべきです。

おなかが大きくて大変だから、手伝って〜と言いながら少しずつ家事を夫に任せていきましょう。オススメは家事の補助でなく、分割です。つまりいくつかの担当を任せてしまいます。

ゴミ捨て、お風呂掃除、皿洗いなどは分担を任せるのにオススメの家事です。また仕事が休みの日の土日のどちらかは、夫が手料理を振る舞う日にしては如何でしょうか?

料理の大変さを理解すれば、食事の数が少ない、ワンパターンだと夫に文句言われることも減るでしょう。

妊娠中に疲れすぎると大問題に‥

体が疲れるというのは、体から「休養して」というサインです。

それを無視していると、おなかの子供にも影響が出る場合があります。

疲労やストレスは放置しておくと、切迫流産の可能性があるのです。もちろん処置が早ければ、最悪の事態は免れますが、それでもしばらく安静にする必要があると診断されるでしょう。

またママの疲労感やストレスは、おなかの子供にも伝わると言われています。その結果、子供はアレルギーや小児喘息を患うリスクが高くなるそうです。また継続的にママが疲労感を感じていると、子供は情緒不安定やうつになりやすくなるともいわれています。

どちらにしろ、疲労感とストレスは妊婦には両方とも厳禁なのです。

中にはキチンと家事をしない事がストレスになる人もいます。そういう時は自分のハードルを下げましょう。優先順位をつけるのです。

優先順位の一番はおなかの子供です。それから優先順位の高い順にすべきことをすればいいのです。出来なければ、残りを別の日に回してましょう。

明日できる事は明日にすればいいのです。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ