妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

検査は受けません!高齢出産のリスクを聞いても前向きになれた夫からの一言

   

検査は受けません!高齢出産のリスクを聞いても前向きになれた夫からの一言


40歳/主婦

私は39歳で妊娠・出産しました。妊娠13週に医師から言われたのは、高齢出産におけるリスクについての話でした。それまでの妊娠出産では全くされていなかったのに、年齢の話が出たときには、不安な気持ちになりました。

医師は冷静に淡々と高齢出産におけるリスクについて話し始めました。特に高齢出産において注視すべき点は、遺伝子疾患の発生率が増加することであるということでした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

スポンサーリンク


ダウン症発生率は年齢とともに上がると聞き

医師は、手元にあるメモ用紙にある数値を書きました。1/2000、1/300、で1/100。

「25歳未満でダウン症発生率は1/2000、35歳では1/300、そして40歳では1/100。これはあくまでも確率論です。つまり25歳未満でも40歳未満でも発生する確率は0ではありません。どの年齢でも発生しています。ただし確率が年齢とともにあがるため、医師としてダウン症検査のお話をさせていただきます。」

「ダウン症検査は、血液検査と羊水検査があります。血液による検査は早期に行えますが、確実な判断は羊水検査で行われます。検査を希望される場合、違う病院を紹介することになります。」確か医師はそういいました。

突然のことに私は戸惑いました。私の子が遺伝子疾患になるかもなんて、考えてなかったとは言わないけど医師から言われると現実感が増しました。

私が何も答えられないでいると、医師は「今、急いで答えを出さなくても大丈夫です。ゆっくりと考えてみてください。ただ、一つ、確率論で言えば高齢で妊娠したというのは奇跡的なことで、これから先無事出産とまでなる赤ちゃんはものすごく幸運な赤ちゃんだと思います。」

高齢出産は遺伝子疾患の確率が高い事に困惑

私は、病院から家に戻るとすぐに高齢出産について調べました。医師の言うとおり、妊娠確率が加齢に伴い減少し、遺伝子疾患発症率は上昇するようです。

すぐに夫に相談すると、「生まれてくるまで不安に思うぐらいならけんさしてもらったら?」という返事でした。「もしダウン症の診断が出たら赤ちゃんどうするの?」夫は「・・・・」

妊活に前向きになることができた夫の一言

それから3日後、夫は「障害はダウン症だけでない。たとえダウン症でなくても他の障害を持つ子かもしれない。出産するってことはそのことも理解したうえで産まなくちゃいけないな。

俺は生まれてくる子がどんな子でもその子の父親になる覚悟ができた。だから、検査する意味がなくなった。今いる赤ちゃんの生命力にかけて、出産まで頑張ろう。」といいました。

私は、この言葉を聞いて「そうだ、もう後ろ向きの考え方はよそう。今はただただ赤ちゃんの生まれてきたいという気持ちを大切に自分自身の体調管理をきちんとしなくちゃ」と思えました。

そして次の検診時、私は医師に「夫とも話し合い、検査は受けません」と伝えました。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82