ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

25万円の手取りでも貯金はできる!家計を見直すポイントとは

2017.10.2

給料はいくらでも欲しいと思いますが、なかなか上がらないので貯金ができなくて悩んでいる人も多いでしょう。

実際の給料の手取りが25万円の家計だと、ほぼ平均的な給料の過程となりますが、生活は楽ではないが上手くすれば貯金もしっかりすることができます。

そこで手取り25万の給料でも貯金ができる家計の見直しポイントについて紹介します。


手取り25万円ならば家計のバランスをチェックしやすい

手取り25万円の家計は年収300万円から400万円弱の家庭なので、平均的な家庭の収入となります。

そのためしっかりと家計のバランスを考えて生計を立てることによって、しっかりと貯金をすることもできます。

家族構成によっても変わりますが、一人暮らしの場合には比較的保険料や医療にもお金を掛けなくて済むので、貯金に回せるお金も多くなります。

ただ年齢が上がるほど将来のことを考えると、貯金をするだけでなく投資にもお金を回す必要があります。

一人暮らしは自分で節約することはできても、万が一のことがあると一気に転落していく可能性もあるので、備えておくことも大切です。

家族がいるのであれば保険料が多くなりますし、全体的に1.5倍の支出が多くなっていきます。

ただし2人分までは支出は多くならないので、その分きっちりと節約することで貯金をすることもできるはずです。

25万円の手取りでも家計簿チェックで無駄な出費を抑えられる

手取り25万円の家計ではできるだけ無駄な出費を少なくすることで、貯金まで確実にお金を回すことが出います。

重要なのは固定費ですが、家賃、水道光熱費、通信代をいかに安く抑えるかがポイントです。

節約するとなれば多くの人は食費を減らすことを考えますが、固定費を減らすことによってかなりの節約効果が期待できます。

また雑費が多くなると無駄な出費の温床となるので、できるだけ雑費を減らすことが大切です。

無駄な出費を抑えるには毎月の雑費をいかに抑えるかが大切で、月にいくらまでにするという目標を立てておきましょう。

目的のないお金を使うことによって、無駄な出費が積もっていくので、できるだけ雑費などの無駄な出費を減らすことが大切です。

家計簿はまとめて書いてもいいですが、定期的にチェックすることによって、無駄な出費を抑えることができるので大切です。

25万円の手取りであれば家計の負担を軽くすることが大事

手取り25万円の家計で安定的に貯金をするには、家計の負担をいかに軽くするかが大切です。

負担を軽くするにはいくつかの項目をそれぞれチェックすることが大切なので、定期的に家計簿を見直す必要があります。

固定費は毎月確実に出ていく出費ですが、定期的に見直しをすることも必要です。

毎月チェックするのは食費や雑費など、頑張れば減らせる項目をしっかりチェックします。

交遊費まで削ってしまうと節約することがストレスとなるので、自分が自由に使えるお金は確保しておいた方がいいでしょう。

そのため食費や雑費をしっかりとチェックして、毎月の目標金額を下回るように節約することが大切です。

貯金をするなら初めに貯金額を引いてから生活費を計算するので、できれば雑費を0円に近づけるように努力しましょう。

無理に節約すれば25万円手取りでもかなり貯金できますが、ストレスによる反動もあるかもしれないので、無理なく毎月の生活スタイルをキープすることが大切です。

固定費を抑えることによって家計バランスを良くすることができる

節約をして貯金をすることを考えると、手取り25万円の家計ではかなりの節約生活が必要となります。

節約すると言っても食費や雑費では月に数千円を節約できるレベルなので、1年間でも数万円しか貯金に回すことができません。

そのため家計バランスを見直す時に大切なことは、固定費をいかに抑えるかが重要になってきます。

昔は手取りの3割までが適正な家賃だと言われてたので、7万5千円の家賃までが適正の金額となります。

そこに水道光熱費や携帯電話などの費用をプラスすると、12万円程度にまで固定費がアップすることになります。

毎月確実に出ていくお金なので、この固定費をできるだけ抑えることが、貯金額を増やすポイントとなります。

家賃6万円の部屋に住むだけで、何もしないのに1万5千円の節約と同じ効果となります。

それほど固定費は節約や貯金には大きく関わってくるので、定期的に見直しすることを考えましょう。

メリハリを付けた家計バランスで楽しく貯金をする

節約する時にはすべてに対してお金を使わないようになると、いずれ節約からのストレスで嫌になってしまいます。

手取り25万円の家計では普通に暮らす分には問題ないですが、将来のことを考えると貯金額が少ないのが不安になる収入です。

そのため貯金をするならすべてを節約するのではなく、メリハリをつけて節約生活を楽しむようにすると、長続きをして貯金をすることもできるでしょう。

自分が自由に使えるお小遣いを3万円と多めに設定してもいいので、その他はしっかりと節約します。

毎月のお小遣いは3万円ですが、余ったお金は貯金に回して、次の月に回さないようにします。

すると貯金額プラスお小遣いの分だけ貯めることができるので、節約生活をしながらも楽しく貯金をすることができるでしょう。

メリハリをつけた家計バランスによって、楽しく貯金をすることができれば、貯金体質となってより節約することが楽しくなっていくはずです。

手取り25万円の家計でも貯金体質になれば、楽しく節約をして貯金をすることができます。

 - お金のお悩み