ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

新生児のミルクの間隔短い時の考え方と対処法

2017.9.25

新生児にとってミルクを飲むことがまず大切な仕事でもあるので、たくさんミルクを飲ませることが大切です。

平均的な授乳時間の感覚は3時間程度と言われているので、もしもそれより短いようなら授乳時間の間隔が短いと言えるでしょう。

そこで申請時のミルクを与える間隔短い時の考え方と対処法について紹介したいと思います。

 

新生児はまだ安定していないのでミルクの間隔短いこともある

新生児はすべてにおいてまだ未成熟なので、ミルクを飲むことも下手ですし、自分がお腹が空いていることを伝えるのも下手です。

ミルクの時間にたくさん飲んでいるつもりでも、実はミルクを飲むのが下手でしっかり飲めていないこともあります。

ミルクを飲むのに慣れていないので、ミルクの間隔短いこともあれば飲むことに時間が掛かることもありますし、ある程度で飽きてしまうこともあるかもしれません。

毎回お腹いっぱいにミルクを飲むことができない時もあるので、1時間もすればまたお腹が空いてミルクを欲しがることもあります。

ミルクを吸うことも赤ちゃんにとっては良い運動になりますが、ずっと続けるのも大変です。

ずっとミルクばかり飲み続けられることはできないので、お腹が空いていない状態ではミルクを欲しがらないこともあります。

まだ未成熟なので満腹なのか、腹5分目なのかも判断が難しいのかもしれません。

新生児のミルクの間隔短いのは飲むのが下手な可能性がある

新生児の理想的な授乳時間の間隔は3時間から4時間程度なので、それよりも授乳時間の間隔短い時は不安に思ってしまいます。

ミルクの量が足りていないのか、お腹が空いていないかなど、たくさんミルクを与えているつもりでも不安になってきます。

新生児にとっての最初の仕事と言えば、泣くことと自分でミルクを飲むことです。

本能として生きるためにミルクを飲みますが、まだ上手くミルクが飲めない新生児も多いです。

そのためミルクの時間になってもたっぷりとミルクを飲むことができないので、お腹が空いてしまうためすぐにミルクを欲しがってしまうこともあります。

授乳ではしっかりとミルクを飲んでいるのか分かりにくいので、足りているのか不安に思ってしまいます。

その時は体重を計って少しずつ増えていれば問題ないので、ミルクを欲しがるだけとにかく与えるようにしましょう。

ミルクの間隔短い時は新生児の時は欲しがるだけたくさんあげる

新生児にとってミルクは唯一の栄養補給の手段なので、ミルクの間隔短いとしてもどんどんミルクを与えましょう。

ミルクをたくさん飲むほど元気に成長するので、欲しがるだけtたくさん与えることが大切です。

本来ならば授乳間隔は3時間程度空くのが理想ですが、毎回満腹になるまでミルクを飲むとは限りません。

始めの頃はミルクを飲むことすら慣れていないので、ミルクをしっかりと飲むことも難しいでしょう。

ミルクをたくさん飲んでいるつもりでも、実際は少しずつしか飲めていない可能性もあります。

だんだんとミルクを飲むことが上手くなってくると、一気にたくさん飲めるようにもなってくるので、それまでは欲しいがった時にあげるしかありません。

新生児の時はミルクの間隔が短くてもあまり心配せずに、それだけたくさん飲みたがっているので、健康的だと思って見守りましょう。

体重が増えているようならば心配することはない

新生児はまだミルクを飲むことに慣れていない時は、ミルクをたくさん飲み続けることができません。

そのためミルクを飲む量が少なかったり、自分がお腹いっぱいになっているという感覚が、毎回違っていることもあります。

たくさん飲んだつもりでも1時間後にお腹が空いてしまう時は、満腹まで飲んでいなかった可能性もあります。

大人も毎回食事を満腹まで食べることはないですし、気分によっても食事量は変わってくるので、赤ちゃんにとっても同じことが言えます。

新生児のミルクの間隔短い時は、ミルクを自分が思っているよりも上手く飲めていない可能性もあります。

もし心配ならば体重を計ってみると安心できるので、1日30gていどの体重が増加していれば問題ないと言えるでしょう。

時にはミルクを飲みたくない時もありますが、お腹が空けばたくさん飲むので、少しずつ体重が増加していればミルクの間隔はあまり問題にしなくてもいいでしょう。

少しずつミルクを飲むのも上手くなれば安定してくる

赤ちゃんは日に日に成長していきますが、新生児の赤ちゃんが毎回しっかりとミルクを飲むとは限りません。

そのためミルクの間隔短い時もあれば、しっかりと満腹になるまで飲むこともあります。

飲みムラがあるのは仕方がないことなので、体重が増加をしているかチェックするなど少し様子を見守ってあげましょう。

基本的には新生児がミルクを欲しがれば、どんどん飲ませることが大切です。

赤ちゃんにとって栄養をたくさん摂取することが一番大切なことなので、ミルクを欲しがるだけたくさん飲ませてあげましょう。

ある程度ミルクを飲むことに慣れてくれば、授乳時間も安定してきますが、生後3ヶ月から5ヶ月程度になるまでは安定しないこともあります。

赤ちゃんは個人差があるので、授乳時間が短くてもそれほど気にすることなく温かく見守ってあげましょう。

 - 子供の健康・病気のお話し