妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃんが離乳食後のミルクを吐く理由と改善策について

   

赤ちゃんが離乳食後のミルクを吐く理由と改善策について

離乳食を食べる頃になると、ミルクの量をどれくらい飲ませればいいか初めは悩んでしまいます。

そのため赤ちゃんが離乳食後にミルクを吐くこともありますが、赤ちゃんが食べ過ぎるだけではなく、他にも理由があるのでしっかりと注意をしてあげることが大切です。

そこで離乳食後にミルクを吐いてしまう時の原因と改善策について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



離乳食後にミルクを吐くのはよくあること

赤ちゃんが離乳食を食べ始めたころになっても、ミルクは定期的にあげなければなりません。

ミルクには栄養価が高いので、離乳食だけでは補えない栄養をミルクから摂取するためです。

基本的には赤ちゃんにはたくさんの栄養を与えたいので、欲しいだけたっぷりと与えることが大切です。

ミルクをあげすぎるのは良くないと思って量を勝手に調整してしまうと、お腹が空いてぐずったり、栄養不足になってしまう可能性もあります。

そのため離乳食をあげるようになっても、初めは離乳食を食べさせるのでミルクの量も少なくていいと思いがちです。

しかし離乳食を食べても赤ちゃんにとってはまだミルクの方がメインなので、たっぷりと与えてあげましょう。

もちろん離乳食を食べるようになればミルクの量も少しずつ減らして構いませんが、いきなり減らすことは避けた方がいいでしょう。

そのためミルクを離乳食後に吐いてしまうこともありますが、徐々にミルクの量を調整したりして様子を見るようにしましょう。

赤ちゃんが離乳食後にミルクを吐くのは消化しきれていないから

赤ちゃんが離乳食後にミルクを吐く原因としては、ミルクの量が多いので消化しきれないのかもしれません。

赤ちゃんはまだ離乳食を食べ始めた時には、胃がしっかりと出来上がっていません。

そのため離乳食など軟らかい食べ物でも、なかなか消化しきれずに頑張っている可能性もあります。

今までミルクを飲んで消化しきれていた所に離乳食が入ってきたため、胃がなかなか消化できずに調整をしようとする時に吐いてしまうことがあります。

大人でも食べ過ぎてゲップをしようとした時に、思わず吐きそうになることもありますが、赤ちゃんにも同じことが言えます。

赤ちゃんの胃はまだ小さく消化もしっかりとできない状態なので、ちょっとの刺激でも物を吐いてしまうことがあります。

吐くことはよくありますが、徐々に様子を見ながら量を調整していくことが大切です。

離乳食後にミルクを吐く時は量を調整しながら様子を見る

離乳食をあげたばかりの頃は、ミルクの量をどれくらいあげればいいか悩んでしまいます。

離乳食は柔らかい物を食べさせますが、赤ちゃんはしっかりと噛むことができないので丸呑みしてしまいます。

そのため消化にも時間が掛かりますし、胃も小さいので上手くミルクと離乳食を消化することができないのです。

徐々に慣れてきますが胃は少しの刺激でも反応してしまうので、量が多いと吐いてしまうことがあります。

離乳食を食べ始めた頃はまだミルクがメインですが、徐々に離乳食が増えてくるようになったらミルクの量を減らさなければなりません。

離乳食後にミルクを吐くのは飲み過ぎている可能性が高いので、量を減らして様子を見ましょう。

赤ちゃんがもしもミルクを欲しがるようならば、おしゃぶりをあげたりして様子を見た方がいいかもしれません。

必ずしもお腹が空いているからミルクを欲しがっているとは限らず、反射的にミルクを欲しがる素振りをしている可能性もあるからです。

ミルクを吐く時はアレルギー反応がある可能性もある

赤ちゃんが離乳食後にミルクを吐く原因としては、アレルギー反応がある可能性もあります。

ミルクは今まで通りに与えていたのに、離乳食を食べ始めた頃から吐くようになると、特定の食品に対するアレルギーかもしれません。

離乳食は初めは少量ずつ様子を見ながら与えますし、多くの赤ちゃんにアレルギーがない食品を使って離乳食を作っています。

しかし時には自分で離乳食を作ることもあるので、知らぬうちにアレルギーのある食品を食べさえている可能性もあります。

赤ちゃんが離乳食後に吐くのはよくあることですが、ミルクを調整しても吐くことがあれば、食べさえている離乳食の中にアレルギー物質があるかもしれません。

毎日何を食べたか記録したり、できるだけ早く病院に行って検査をしてもらいましょう。

症状が酷くなるとぐったりしたり下痢などの症状も出る可能性もあるので、自分で判断せずに診察を受けることをおすすめします。

ゆっくりとミルクの量を調整して様子を見ることが大事

赤ちゃんが離乳食を食べられるようになると、ミルクの量も徐々に減っていきます。

それでもミルクを欲しがる時はたくさん飲ませた方が栄養もしっかり吸収できますが、与え過ぎると吐いてしまうこともあります。

離乳食後にミルクを吐くのは、ミルクの量を調整できていない可能性があるので、徐々に様子を見ながら調整していきましょう。

赤ちゃんの胃はまだしっかりと形成されていないので、上手く消化できません。

そのため量が多かったり離乳食を丸呑みしてしまうと、上手く消化できずに吐くこともあります。

吐くこと自体は赤ちゃんならばよくありますが、様子を見ながら調整することが大切なので、量をしっかりと計ってからミルクや離乳食を与えます。

赤ちゃんが吐くことが怖いから量を減らしてしまうと、栄養不足になる可能性もあるので、赤ちゃんの様子をしっかりと見ながら調整しましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82