妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

トホホ・・・ひどいつわりが終わって食欲に逆らわずに食べ続けた結果

   

トホホ・・・ひどいつわりが終わって食欲に逆らわずに食べ続けた結果


31歳/会社員

私は50%の確率で妊娠しました。今思えば、あの頃の自分は何も深く考えず、そんなに簡単に出来るわけないだろうと簡単に思っていました。

単純に旦那に騙されただけかもしれません。妊娠する前、旦那に家族を作りたいと言われました。これが彼のプロポーズだったのでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那が超自分勝手で一緒の生活に疲れた妻たちへ!一度キレてみよう

現在では「イクメン」だったり、「家事折半が当たり前」なんて旦...

出産の痛みがどんなものか心配…痛みを例えるならこんな感じ!

初めて妊娠をした方にとって最も心配で気になる事と言えば、お母...

8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしない?夜泣きをしない子の特徴

8ヶ月ぐらいの赤ちゃんがいるママは、色んな人から「夜泣きは大...

出産してから退院後に出血する理由と対処法

無事に出産が終わったことで精神的にも一段落しますが、退院後に...

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時の理由と対処法

生後5ヶ月になるとだんだんと体を動かせるようになるので、目が...

2人目の妊娠初期に腹痛を感じる理由と対処法

2人目を妊娠した時は1度経験をしているから大丈夫だと思ってい...

1歳4ヶ月で平均体重より増えすぎな時に考えておきたいこと

1歳4ヶ月の頃になるとだんだんと食事も離乳食から普通食に変わ...

妊娠中にイライラする!性別による意見の違いを解消する方法とは

夫婦にとっての願いは子供が元気に生まれてくれることですが、欲...

内診出血の後に陣痛が来ることがある理由と、おしるしとの関係

出産予定日が近づいてくると内診をするようになりますが、内診の...

内診出血が続く理由とは?気になる”おしるし”との見分け方

出産予定日が近づくにつれて内診に行く頻度も多くなりますし、不...

基礎体温と排卵日のズレとは?妊活する時に知っておきたいこと

妊活をする人は基礎体温を毎日計ることによって排卵日がいつくる...

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

高齢出産をする女性が多くなっていますが、そもそも高齢になるほ...

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

スポンサーリンク


簡単に子供ができるわけないと思っていたが

私はそこまで考えていませんでしたが、出来たら責任を取れとだけ言って了承しました。彼は以前お付き合いをした女性とも出来なかったから自分は子供に恵まれないと思っていたようです。

そんな話もしていましたので、簡単に出来るわけないと勝手に思っていましたが、私の場合は違っていたようで、その会話から2か月後には妊娠していました。

私にとって初めての妊娠はつわりとの戦いから始まりました。一般的ですね。妊娠2か月頃から胸焼けのような二日酔いのような状態が続き、つわりでも食べれる物を探しました。

私の場合、テレビでよく見かける炊飯器を開けて気持ちが悪くなるということはあまりなく、薬味や匂いの強いものが全部だめでした。

味噌汁のネギや焼き魚、ニンニクの香りがするものは見たくもないという感じでした。匂いに敏感になってしまったのでずっと仲良しだったタバコともおかげでお別れできました。

ただ夫は喫煙しており、私の前で吸ううことはありませんでしたが、服についたタバコの匂いに怒りを覚えた記憶があります。

そんなつわりがひどいときはずっと炭酸が強く、カフェインなどが含まれていない柑橘系のジュースを愛飲していました。

強めの炭酸が気持ち悪さを和らげ、何かの匂いで吐きそうになっても楽に吐くことができるからです。

そんなつらく苦しいつわりは5ヶ月ころには薄れ、今度は食欲との戦いが始まりました。

自分の食欲に逆らわず食べ続けた結果

私の母は、妊娠したらお腹の子供の分も食べなさいという親で、これは間違いだったのですが、それに従い、自分の食欲にも逆らわず、たべて、食べて、食べ続けました。

その結果、体重がみるみる増え、臨月には妊娠前より18キロ増加していました。先生に怒られ、体は重く、浮腫とこむら返りもひどかったです。自分の体が風船に見えました。

それでも私は簡単に食欲を抑えることもできず、臨月にバーベキューを楽しんでいました。

するとその夜、いよいよその時がやってきたのです。夜中、違和感を感じトイレに駆け込むと微量の出血がありました。

これが世に言うお知らせというやつですね。家族を起こし、病院に電話をかけ、病院へ向かいました。

出産後も予想以上に減らなかった体重…

それからはあっという間で、もちろん陣痛の痛みは半端なかったですが、ポロっと産まれてくれました。

出産した夜、体重がどれだけ減ったのかワクワクしながら計ってみると、6キロしか減っていませんでした。

そして、その子がもうすぐ3歳になりますが、未だに妊娠前より体重が8キロ多いです。地道にダイエット頑張ります。トホホ。。。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82