妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

トホホ・・・ひどいつわりが終わって食欲に逆らわずに食べ続けた結果

   

トホホ・・・ひどいつわりが終わって食欲に逆らわずに食べ続けた結果


31歳/会社員

私は50%の確率で妊娠しました。今思えば、あの頃の自分は何も深く考えず、そんなに簡単に出来るわけないだろうと簡単に思っていました。

単純に旦那に騙されただけかもしれません。妊娠する前、旦那に家族を作りたいと言われました。これが彼のプロポーズだったのでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


簡単に子供ができるわけないと思っていたが

私はそこまで考えていませんでしたが、出来たら責任を取れとだけ言って了承しました。彼は以前お付き合いをした女性とも出来なかったから自分は子供に恵まれないと思っていたようです。

そんな話もしていましたので、簡単に出来るわけないと勝手に思っていましたが、私の場合は違っていたようで、その会話から2か月後には妊娠していました。

私にとって初めての妊娠はつわりとの戦いから始まりました。一般的ですね。妊娠2か月頃から胸焼けのような二日酔いのような状態が続き、つわりでも食べれる物を探しました。

私の場合、テレビでよく見かける炊飯器を開けて気持ちが悪くなるということはあまりなく、薬味や匂いの強いものが全部だめでした。

味噌汁のネギや焼き魚、ニンニクの香りがするものは見たくもないという感じでした。匂いに敏感になってしまったのでずっと仲良しだったタバコともおかげでお別れできました。

ただ夫は喫煙しており、私の前で吸ううことはありませんでしたが、服についたタバコの匂いに怒りを覚えた記憶があります。

そんなつわりがひどいときはずっと炭酸が強く、カフェインなどが含まれていない柑橘系のジュースを愛飲していました。

強めの炭酸が気持ち悪さを和らげ、何かの匂いで吐きそうになっても楽に吐くことができるからです。

そんなつらく苦しいつわりは5ヶ月ころには薄れ、今度は食欲との戦いが始まりました。

自分の食欲に逆らわず食べ続けた結果

私の母は、妊娠したらお腹の子供の分も食べなさいという親で、これは間違いだったのですが、それに従い、自分の食欲にも逆らわず、たべて、食べて、食べ続けました。

その結果、体重がみるみる増え、臨月には妊娠前より18キロ増加していました。先生に怒られ、体は重く、浮腫とこむら返りもひどかったです。自分の体が風船に見えました。

それでも私は簡単に食欲を抑えることもできず、臨月にバーベキューを楽しんでいました。

するとその夜、いよいよその時がやってきたのです。夜中、違和感を感じトイレに駆け込むと微量の出血がありました。

これが世に言うお知らせというやつですね。家族を起こし、病院に電話をかけ、病院へ向かいました。

出産後も予想以上に減らなかった体重…

それからはあっという間で、もちろん陣痛の痛みは半端なかったですが、ポロっと産まれてくれました。

出産した夜、体重がどれだけ減ったのかワクワクしながら計ってみると、6キロしか減っていませんでした。

そして、その子がもうすぐ3歳になりますが、未だに妊娠前より体重が8キロ多いです。地道にダイエット頑張ります。トホホ。。。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ