妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

プラノバールを飲むと吐き気!?朝につらい副作用の対策方法

   

プラノバールを飲むと吐き気!?朝につらい副作用の対策方法

女性のホルモンバランスを整えてくれるお薬、プラノバール。

服用する理由は人それぞれですが、いろいろな副作用を伴います。特に吐き気を感じる人が多く、朝がつらいと感じる方がいらっしゃいます。

良い効果だけが出ればいいのですが、それに伴いつらい症状がでると仕事はもちろん、家のことをするにしても億劫に感じしまいますよね。

今回は、そんなお悩みの方のために、プラノバールとはなんたるか、副作用対策も含めてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


プラノバールってなに?朝の吐き気はつらい!

プラノバールとは、女性体内で作られる卵胞ホルモン(プロゲステロン)と黄体ホルモン(エストロゲン)の2つが含まれており、女性ホルモンのバランスを人工的に調整改善してくれるお薬です。

不妊治療、月経困難症、子宮内膜症、卵巣機能不全などといった婦人系の病状に対して処方され、人工的にホルモンが補充することにより、病状を改善してくれるものです。

一般的な分かりやすい用語で言えば、「ピル」と呼ばれるもので、このプラノバールは、「中用量ピル 」に分類されます。

服用方法は、一定期間1日1回。効果は24時間なので決められた時間に服用します。

服用後の翌朝吐き気がつらいといった症状が出るようです。朝から昼頃にかけて、ずっとむかむかとして気持ち悪い状態に…。吐き気があるだけでかなり神経が削られ、仕事や家のことなど手が付けられないという方が多く見られます。

吐き気を始めとした朝につらいプラノバールの副作用

プラノバールの副作用は、飲んだ翌朝に出ることが多いようです。
主にみられるのは、やはり吐き気や食欲不振など消化器系の症状ではありますが、他には、頭痛、腹痛、不正出血やイライラ、肌荒れなど。ホルモンの含有量が多いため、むくみなどにより体重増加につながりやすくもなります。

分かりやすく言えば生理前、妊娠中と同じ状態になります。副作用と聞けば恐いですが、ホルモンバランスを調整するお薬ですから、このような症状が出るのも当然といえば当然かもしれませんね。

発症頻度はごく稀ではありますが、副作用の中で特に注意したいのが血栓症。飲み始めの人より長期的に服用している人に起こりやすいです。

血栓症の兆候として、手足の痺れ、胸やふくらはぎの痛み、息苦しさなどといった症状が見られます。

このような症状が出てしまったら、必ずかかりつけのお医者さんに相談しましょう。
酸素供給の低下により、脳梗塞、心筋梗塞といった状態を引き起こす可能性がありますので、要注意です。

プラノバールの朝の吐き気対策

強い副作用は2~3日で治まるという方から1ヶ月かかるという人も。どちらにせよつらい副作用からは逃れたいですよね。

飲み始めは吐き気に見舞われることが多いようで、対策としては、プラノバールと一緒に胃腸薬か吐き気止めを処方してもらうことです。ただ胃腸薬だけでは吐き気が治まらない人も…やはり効果があるのは吐き気止めのようです。

お医者さんの中には無駄なお薬を処方しない先生もいるかもしれませんが、つらい時に飲めないことほどきついものはないですよね。どうしても心配という方は、無理を言ってでも最初から吐き気止めをもらうことをお勧めします。たとえ飲まなくてもあるというだけで安心できお守り代わりになります。

また、仕事などに影響がないように飲み始めを休日中にするという方もいました。翌朝がお休みの日であれば、安心して飲めますし例え副作用が出ても1日ゆっくりと体を休めることもできます。

吐き気が我慢できずに途中で嘔吐してまった場合、きちんとお薬が効いているのか心配ですよね?
服用から2時間経過していれば、体内に吸収されていますので、追加でお薬を飲む必要はありません。自分では判断しづらい場合はかかりつけの病院へ問い合わせてみましょう。

プラノバールはアフターピルとしても使える!

さてここまで、朝につらい吐き気対策などを紹介してきましたが、プラノバールはアフターピル=緊急避妊薬としての効果もあります。
自分自身が気を付けていても、男性の心ない性交渉により、自分の望まない妊娠で不安を抱えてしまう女性もいるでしょう。

そんな時にも活用できるお薬の一つですが、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

妊娠の可能性がある場合、できるだけ早く服用をしましょう。最初の服用が、性交渉から72時間以内の場合の避妊効果が約75%。時間がたてば避妊効果の可能性も低くなってきます。

しかし、アフターピルはあくまでの緊急時の対応方法です。ホルモンバランスを崩し体に負担がかかってしまいますので、繰り返し行うことは避けてください。

お薬をもらうには婦人科の病院に行かなければなりませんが、いきなり婦人科に行くのは怖い…不安だという方は、保健所や保健センターが各都道府県にありますので、そこへ電話するのも一つです。保健師や医師もいますので、的確なアドバイスがもらえますよ。

また、時間外でつながらない場合はよりそいホットライン24時間365日可能。ここは、相談員がいるだけですが、1人で抱え込み悩むこともなく、よい方向へと導いてくれるので、頼れる手段の一つとして頭の片隅にいれておくといいでしょう。

プラノバールは正しく服用しよう!

プラノバールの副作用である吐き気対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
必要だから飲まないとはいえ、副作用があるのはつらいものです。特に朝から吐き気に見舞われてしまったら1日ブルーな気分ですよね。

私も女性ではありますが、女性はつくづくデリケートで複雑な体だなぁと感じています。そしてデリケートだからこそ注意しておきましょう!どんなお薬にも言えることですが、必ずお医者さんの指示に従って服用しましょう!

プラノバールの副作用は、生理前、妊娠中の症状と似ていると言われていますので、自分の経験している症状であれば副作用の度合いも目安が付きやすいのではないでしょうか?

最後になりますが、参考になりましたでしょうか?つらい副作用や悩みが少しでも解消することへとつなげられたらうれしいです。また、日本産科婦人科学会でも情報が掲載されていますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか?

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ